>   >  映画『ルドルフとイッパイアッテナ』でとことん追及した、究極の「猫の表現」
映画『ルドルフとイッパイアッテナ』でとことん追及した、究極の「猫の表現」

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』でとことん追及した、究極の「猫の表現」

児童文学の名作が、30年の時を経てフルCGアニメ映画として映像化。人間とは異なる瞳孔や毛並みなど、「猫の表現」をとことんまで突き詰めたOLM Digitalの技術力の一端を紹介しよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 217(2016年9月号)からの転載となります

TEXT_遊佐怜子(FLAME)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

『ルドルフとイッパイアッテナ』
全国東宝系にて絶賛公開中!(3D/2D同時上映)
監督:湯山邦彦・榊原幹典
配給:東宝
制作プロダクション:Sprite Animation Studios/OLM/OLM Digital
rudolf-ippaiattena.com
©2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

OLMデジタルが挑んだ「野良猫の生活」の表現

8月6日(土)より絶賛公開中の映画『ルドルフとイッパイアッテナ』。原作は、斉藤 洋によって書かれた児童文学作品だ。1986年度の講談社児童文学新人賞受賞作で、青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれていたこともあり、このタイトルに懐かしさを感じる方も多いのではないかと思う。

  • 写真左から ライティング&コンポジットスーパーバイザー:堀井龍哉氏、シェーダ開発:大垣真二氏、キャラクターリード:谷口智慧氏 以上、株式会社オー・エル・エム・デジタル
    olm.co.jp

ネタバレにならないよう簡単に紹介すると、この物語では、岐阜から長距離トラックの荷物に紛れて東京に来てしまった飼い猫「ルドルフ」と東京で知り合ったボス猫「イッパイアッテナ」の交流が描かれていく。イッパイアッテナがルドルフに語る教訓は大人でも考えさせられてしまうような内容が多く、様々な世代の人に長く読まれ、愛されている、非常に人気の高い作品でもある。

その名作を、フル3DCGアニメとして豊かな質感たっぷりに映像化したものが、本作『ルドルフとイッパイアッテナ』である。ストーリーは2作目の内容も含んでいるため、1作目しか知らなかった読者も、最後まで楽しんで鑑賞することができるのではないだろうか。

本作は野良猫の生活を描いたものであるため、映像としては猫の毛並みを含めた自然物に近い表現を要求されるシーンが多い。また、それらをほどよくデフォルメした上で画をつくり込まなければならないため、技術力と共に非常に高いセンスが求められる。

本メイキングでは、OLM Digitalがどのようにしてこのような難易度の高いタイトルの映像化に挑み、かつ見事に描ききることに成功したのかを紹介したい。また、絵をじっくり楽しみたい方は7月13日に講談社より出版された講談社アニメ絵本「ルドルフとイッパイアッテナ」を合わせてご覧になられるのもいいだろう。時間帯によって色を変える空や雲、煌めく水しぶきや陽に透ける毛の1本1本まで緻密に描き込まれている、美しい映画のショットが贅沢に散りばめられている。

Topic 1 猫のキャラクターモデリング

シルエットをつくってから毛を生やす新しいモデリングフロー

本作の制作において非常に大きかったのは、制作フロー全体にわたって見直しを図ったことだろう。モデリングに関しても、スカルプトによらない画期的なモデリング手法を用いたことが制作スピードの底上げにつながっている。これは本作のためにゼロから作り上げたフローではなく、その前のプロジェクトから検討を重ねられ、積み上げられたものなのだそうだ。

今回は猫である主人公ルドルフを含め、3DCGで描くには難易度の高い質感を備えたキャラクターやオブジェクトが多く登場する。その中でも、特に長い毛足をもつキャラクターに関しては、データとしても重くなるため、調整やテストレンダリングにも時間がかかってしまう。クオリティを担保するためにも、その試行錯誤の時間をいかに短縮できるかが大きな課題であった。

まず毛の表情を様々に描き分ける必要があったため、その指針として、イメージイラストに寄せた、毛が生えた状態のおおまかな形状がわかるようなベースモデルを作成した。それを基に毛がない状態のスリムモデルを作成し、その上にFurのガイドを作成、毛の密度などや長さなどを調整し、本作で使用したキャラクターモデルが出来上がった。「ベースモデルがあることで、スタッフ間でのイメージの共有もスムーズにできました」と語るのは、キャラクターリードを務めた谷口智慧氏。 Furのガイドは、キャラクターごとに独自のパーツ分けを行い、それぞれ特徴的な毛並みを表現しやすいように考慮されている。また、このガイドはそのままシミュレーションにも使用されている。Furの作成にはオートデスクが提供するジオメトリインスタンサ、XGenが使用された。比較的新しいツールでもあるため情報も少なく、イメージ通りの表現がつくれそうだという確信が得られるようになるまで約2ヶ月もの期間を試作に費やしたという。仕様の策定は谷口氏が担当した。

モデル自体は、修正まで含めると制作に約1年かかっているそうで、非常に丁寧につくられている。従来の日本のCGアニメでは難しかった、ルドルフたちのリアルでありながらほどよくコミカルな動きと、その映像に説得力をもたせるリッチな質感は、ぜひ劇場の大画面で、その目で確かめてみてほしい。

モデリングの工程



  • イッパイアッテナのイメージイラスト



  • イメージイラストに合わせ、ベースモデルを作成



  • スリムモデルを作成、この上にFurを乗せていく



  • 面の法線に対して同じ長さの毛が生えている状態。ここからグルーミングを行い、毛のながれ、毛の長さを調整していく



  • Furのガイドを作成。イッパイアッテナの場合で大体2,500本ほど使用している。ガイドを1本動かすたびに全体とのバランスをとる必要があり、調整が大変シビアなものとなった。後にシミュレーションにも使用された



  • Furを適用しただけのモデル


毛並みを自然に調整したモデル


シェーダを適用し、色を乗せた完成モデル

Furガイドのパーツ分け



  • ルドルフの、Furを乗せた状態の全体図



  • 頭部パーツのガイド



  • ボディパーツのガイド



  • キャラクター個別のユニークパーツのガイド。ルドルフの場合は、頭に特徴的な白く長い毛を生やしているため、そこだけ別にパーツ分けがなされている

ペイントによる毛の調整

XGenは、デザイナーによる直感的な操作で、毛のボリュームや向きを任意で整えることができる


上段は調整前の状態、ペイントするようにカーソルを動かすことで、下段のように毛並みが整えられていく。新しいソフトのため不安定な部分も多く、ソフト提供元のボーンデジタルに技術協力を仰いだ。安定して使えるようになるまで半年かかったそうだが、その成果はぜひ劇場で確認してほしい

「野良猫感」の表現

監督のオーダーに応え、ボス猫イッパイアッテナの毛並みは野良猫風にラフに調整された



  • 調整前。どことなく毛艶の良さを感じる



  • 調整後。毛束のまばら感が出て、毛並みが豊かながらも野良猫らしくなり、ボス猫の風格がよく表れている

次ページ:
Topic 2 自社開発シェーダによる幅広い質感表現

特集