>   >  映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観
映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

ロックアーティストAcid Black Cherryのコンセプトアルバム『L-エル-』を原作とする映画『L-エル-』が11月25日(金)から全国で公開中だ。本作でVFX、コンセプトデザインを担当した特殊効果のスペシャリスト・木村俊幸氏が11月20日(日)、慶應義塾大学三田キャンパスで開催された第58回『三田祭』のトークイベント『音楽の物語化と邦画の未来』にて、映画『L-エル-』制作の裏側や邦画の未来について語った。その模様をお届けする。

TEXT & PHOTO_横小路祥仁(いちひ) / Yoshihito Yokokouji(ICHIHI
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)



映画『L−エル−』予告編90秒

<1>日本映画のVFX現場

VFXの歴史は意外と古い、と木村俊幸氏(LOOP HOLE)は語る。ジョルジュ・メリエスが『月世界旅行』において月世界表現した手法はVFXといってよく、映画の誕生とともにあった。『スター・ウォーズ』のラルフ・マッコーリーなどのように緻密でリアルな背景を絵として描き、映画の中に架空の世界を作り出すという手法は今も不可欠である。

映画でセットを組んだとしてもそのセットで覆いきれない、横や上の部分はどうするか、という課題は残り続け、仮に撮影シーンを覆い尽くすようなセットを組むことができたとしてもコストは膨大なものとなるだろう。

VFXによる映画撮影は、グリーンバックのほか何もないところで俳優に演技してもらい、後からイメージを合成して仕上げていく。

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観
  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

映画『Lーエルー』の主人公エルを演じた広瀬アリスは、カメラの前に立つと目をつぶってイメージをつくっていた。イメージの喚起につながるよう、カメラの回りにはデザイン画を並べておく。俳優にとって、ひときわ集中の必要な大変な作業だという

■段ボールの活用

木村氏にとって、段ボールはイメージを形にし、想像のきっかけともなる重要な素材である。映画『L-エル-』制作に際しても、主人公のエルが旅立つ故郷をイメージするために、その故郷にある家を段ボールで作り、VFX、ライティングのイメージなどを探り続けた。ひたすらPCに向かい続けるようなことはせず、このような手作業など、別のアプローチを持って制作していかないと、映画もつまらないものになる、というのが木村氏のモットーだ。

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

    段ボールの家

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

    テスト中の木村氏



  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

    屋根のなかったセット

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観

    段ボールで作り上げてしまった。



■映像合成の実際

一例として、エルが船で故郷・ラビアンローズから去るシーンが紹介された。グリーンバックに立つ役者に風を当て、衣装をなびかせる。そして波の映像素材があり、遠ざかっていく故郷の絵、村を囲う山々など、少しずつ加えていく。音楽で言えば上から音を重ねていくイメージだと言う。甲板の手すりをCGで作り、全てを合成して出来上がっていく。描きさえすればなんでもできる、と考える人もいるが、万能ではなく、ギリギリの手探りで映像を紡いでいっていると言う。

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観
  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観


■「宅合」という挑戦

VFXは『スター・ウォーズ』のメイキングなどで見られるように大人数の力技で処理していくものだが、木村氏は絵描きとして、自宅のアトリエでどこまでやれるか、ミュージシャンがやる宅録ならぬ、自宅で合成、「宅合」というような事ができないか、というテーマを持っている。

本作でも、全ての背景を描くつもりだったが、197カット中167カットで倒れたと笑う。木村氏は作業中は寝袋で寝て、睡眠時間2時間で作業に没頭すると言う。山登りのように、高みを目指す過酷な作業の一端をサラリと覗かせた。

  • 映画『Lーエルー』VFX制作の舞台裏。希代のVFXクリエイター木村俊幸が創り出すファンタジックな世界観
  • 木村氏がCG制作を行なっている部屋の様子


▶次ページ:
<2>映画『L-エル-』について

特集