>   >  日本映画は輸出する環境が整っていない。ワンダースタンディングジャパンが実践する、ハリウッドとの仕事の進め方|CGWORLD 2016 クリエイティブカンファレンス」個別レポート<4>
日本映画は輸出する環境が整っていない。ワンダースタンディングジャパンが実践する、ハリウッドとの仕事の進め方|CGWORLD 2016 クリエイティブカンファレンス」個別レポート<4>

日本映画は輸出する環境が整っていない。ワンダースタンディングジャパンが実践する、ハリウッドとの仕事の進め方|CGWORLD 2016 クリエイティブカンファレンス」個別レポート<4>

2016年11月6日(日)、文京学院大学 本郷キャンパスにて催された「CGWORLD 2016 クリエイティブカンファレンス」のセッションレポート。前回につづき第4回目となる本稿では「今、私達がハリウッドと手を組む理由」を紹介する。同セッションではワンダースタンディングジャパン取締役の長渕陽介氏が、プロデューサーとして現在まさにハリウッドを相手にビジネスを展開するようすや市場分析、そして日本のコンテンツを海外に売り出すための課題点などについて示唆に富んだ考えを講演で述べた。

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
PHOTO_日詰明嘉 & 弘田 充 / Akiyoshi Hizume & Mitsuru Hirota
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>ハリウッドビジネスの歴史とその難しさ

  • 講演を行う、長渕陽介氏
    (取締役 プロデューサー/ワンダースタンディングジャパン)

講演では、まず長渕氏がこれまでの自身のキャリアを説明した。これが多彩でユニークなものだったので少々長くなるが紹介をしたい。長渕氏は英語を学びながら獣医を目指せる環境を求め、16歳で渡英する。現地の学校でCGとファインアートの授業に触れたところ、こちらの授業に熱中するようになり、卒業後はポール・スミスらを輩出したLondon Institute Central Saint Martins College of Art & Designに入学し、CGを学ぶ。卒業制作を持って飛び込みで入社した現地のデザインエージェンシーで2年間働いたあと、PlayStation 3のワールドワイドキャンペーンにアシスタントプロデューサーとして参画した。そこでミュージックビデオやプロジェクションマッピング、映画などを担当し、プロデュースした『Love Like Aliens』がAsian Film FestivalにてSpecial Jury Prizeを受賞したことがきっかけとなりハリウッドへ進出。2015年にはプロデュースを務めた『MUGA SHOZOKU』(ラシャード・ホットン監督)がヒューストン国際映画祭で、"Shorts Award Science Fiction部門"最高賞の"Special Jury Award"を受賞したという、海外で活躍する注目の若手日本人映画プロデューサーが長渕氏だ。

ショートフィルム『Love Like Aliens』

ハリウッドの最前線で活躍する長渕氏が語るハリウッド世界の裏側はなかなか語られることがない内容で、非常に刺激的だ。ハリウッドは綺羅びやかなスターが闊歩する一方で、ビジネスに非常にシビアな側面がある。それを「究極の商業主義の街」と長渕氏は表現する。

ハリウッドに流入する資本の変遷を見ると、1980年代から1990年代前半までが、ソニーによるコロンビア映画の買収、松下電器によるユニバーサル映画の親会社の買収といったバブル期のジャパンマネー。当時は4本に1本がジャパンマネーで製作されていたという。ドリームワークスSKGのデヴィッド・ゲフィンは「どこの国の出資でもウェルカム」と述べていたが、その裏にはヒットするかどうかリスクのある作品はハリウッドのアウトサイダーの資本で作り、確実に見込める作品は自己資本でつくるというしたたかさを持っている。そのリスクある作品の多くは商業的な成功を収めることができず、「結果的にはスタジオごと買収したソニーが最も先を見据えた動きだったのでは」と長渕氏は語る。

そしてバブル崩壊後、ジャパンマネーが撤退してからの1998年~2002年頃はドイツマネーが流入する。これはドイツ政府によるコンテンツ産業への促進(税金控除)があったためだ。この中で『ミッション:インポッシブル2』の成功は投資家に夢を与えたが、それ以外はビジネス的にはほとんど失敗だったという。

その後はアメリカ国内の投資家の金が集まってくる。マイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンやイーベイの共同創業者のジェフリー・スコールらが投資を進めた。ビジネスの成功者でハリウッドをよく知る人物である彼らにしても、ハリウッド的な成功を収めるのは容易ではない。「ハリウッドはこうしたドリーマーと、インサイダーと呼ばれる業界人がせめぎ合っている街」だという。

次ページ:
<2>今、私達がハリウッドと手を組む理由

特集