>   >  英ナチュラルモーション社が実践する、豊かなクリエイティブを育むゲーム開発とは 〜「NGDC 2016」講演レポート〜
英ナチュラルモーション社が実践する、豊かなクリエイティブを育むゲーム開発とは 〜「NGDC 2016」講演レポート〜

英ナチュラルモーション社が実践する、豊かなクリエイティブを育むゲーム開発とは 〜「NGDC 2016」講演レポート〜

ボリウッドに代表される、世界最大級の映画大国インド。CG・ゲーム分野でも2000年代移行、欧米大手の外注先として力を蓄えてきた。特にゲーム分野ではいち早くオリジナル作品が登場し、世界に配信され始めている。こうした動きを受けてゲーム開発者会議の開催がスタート。中でもハイデラバードで毎年11月に開催される「NASSCOM Game Developers Conference」(NGDC)は今年で8回目を迎える、国内随一のカンファレンスだ。その中から、ナチュラルモーション社の講演をふり返る。

TEXT & PHOTO_小野憲史
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)

<1>豊かなアニメーションが決め手の『CLUNSY NINJA』

「NGDC 2016」は、11月10日(木)から12日(土)まで、8トラック130名のスピーカーを迎えて、ハイデラバード国際コンベンションセンターで開催された。2日目の基調講演では英ナチュラルモーションでシニアアートデザナーをつとめるジョリオン・ウェッブ/Jolyon Webb氏が登壇、「Building creative team culture to deliver AAA WOW!」と題して講演。同社のスマホゲーム開発と、それを支える技術、そして社風について紹介した。

伝統的な2Dアーティストを経て1998年にゲーム業界に入り、PC・家庭用・モバイルと様々なゲーム開発に従事してきたジョリオン・ウェッブ/Jolyon Webb氏

会場は最新のモバイルゲーム開発環境についての知見を得ようと多くの現地開発者で埋まった

ナチュラルモーションはキャラクターアニメーションむけミドルウェア『morpheme』などで世界的に有名な企業だが、スマホゲームの開発・配信も行っている。本講演でもキャラクターアニメーション中心のアクションゲーム『CLUNSY NINJA』と、フォトリアルなグラフィックが特徴のドラッグカーレース『CSR Racing2』の開発事例が紹介された。その上で技術よりも重要なものが、スタジオの環境であり、社風であると強調された。

講演中に引用された『CLUNSY NINJA』と『CSR Racing2』。どちらもナチュラルモーション社が開発・配信するモバイルゲームだ

『CLUNSY NINJA』は母親を何者かに拉致された少年忍者が主人公のアクションゲームだ。最大の特徴はスマホゲームに最適化された操作方法で、忍者の体や手足をタッチしたり、フリックしたりしながら操作する。キャラクターアニメーションは『morpheme』でリアルタイムに生成され、ちょうど操り人形を操作する感覚でゲームが楽しめる。指でキャラクターをタッチすることで、自然とキャラクターに愛着が生まれることをねらっている。

『CLUNSY NINJA』はタッチ操作で主人公のニンジャとコミュニケーションをとるようにプレイするモバイルゲーム。アニメーションには同社のミドルウェア『morpheme』が使用されている

ゲームはプログラマー・ゲームデザイナー・アーティスト各1名ずつの、3名からなるコアチームを中心に開発された。はじめにWebb氏は「タッチ操作でプレイするニンジャアクション」というコンセプトが決まると、リードアニメーターが核となる遊びや、画面レイアウトに関するアイディアを紙にスケッチしていったと話した。Webb氏と同様、リードアニメーターも伝統的なアニメーション業界出身だっため、この手法が適していたという。

リードアニメーターのBob Jackson氏によるゲームプレイのラフスケッチと、それをもとにした画面デザイン。指の位置や動きを含めてデザインされている点に注意

これと並行して主人公のニンジャのキャラクターデザインが検討されていった。ここでも手描きのラフスケッチから始まり、次第に3DCGでキャラクターが整えられていく。日本のアニメやディズニーキャラクター、さらには既存のゲームキャラクターなどの要素も加えつつ、全世界で親しまれるようなデザインがめざされた。Webb氏は特に「パッと見て輪郭線がわかり、誰もがイラストを描けること」にこだわったという。

ゲームプレイと並行でキャラクターのデザイン画が描かれる。ディズニーや日本のアニメ、ゲームキャラクターなど、様々な引用が見られる

Webb氏は「エモーショナルなキャラクターを創り出すことは非常に重要で、それにはアートだけでなく、ゲームデザインやエンジニアの協力が不可欠だ」と述べた。前述したように本作はタッチ操作や豊かなアニメーションがキャラクターへの思い入れを強めているからだ。実際に本作は世界中からキャラクターの似顔絵がスタジオ宛に郵送される初めてのゲームとなっており、社内のモチベーションを大いに高めているという。

世界中のファンから郵送されたファンアートの数々。これらはスタジオの壁に掲示され、社内の士気やプライドを高めるために大いに役立っているという

次ページ(続き):
<2>舐めるような外見が決め手の『CSR Racing2』

特集