>   >  さらに進化したNHKの恐竜VFX『NHKスペシャル』&『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説』
さらに進化したNHKの恐竜VFX<br />『NHKスペシャル』&『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説』

さらに進化したNHKの恐竜VFX
『NHKスペシャル』&『ダーウィンが来た! 生きもの新伝説』

昨年、フォトリアルなVFX表現でも大きな話題をあつめたNHKの『生命大躍進』。同シリーズのVFXをリードしたチームが早くも新たな恐竜表現を披露、しかも2つのプロジェクトにおいてである。一連のVFXワークをリードしたNHKとNHKメディアテクノロジーに制作の舞台裏を語ってもらった。

本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 221(2017年1月号)からの転載記事になります

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada



information
NHKスペシャル 『完全解剖 ティラノサウルス 〜最強恐竜 進化の謎〜』
【総合】2016年9月18日(日) 21:00〜21:49
www6.nhk.or.jp/special

『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』
【総合】2017年2月12日(日)0:50〜1:18(再放送)
よみがえれ!恐竜(1)『史上最強!ティラノサウルスの真実』
【総合】2017年2月12日(日)1:18〜1:46(再放送)
よみがえれ!恐竜(2)『初めて見た!日本の巨大恐竜』
www.nhk.or.jp/darwin
© NHK

最新の学説を反映させつつVFXとしても進化させる

昨年5月から全3回のシリーズで放映されたNHKスペシャル『生命大躍進』(以下、生命)は、4K時代の新しい科学ドキュメンタリーの制作手法と、古代生物たちのフォトリアルなVFXが高い評価を獲得した。そんな『生命』で得たノウハウとアセットを発展させ、NHKは新たに2本の恐竜をテーマとした番組を制作。NHKスペシャル『完全解剖 ティラノサウルス〜最強恐竜 進化の謎〜』(以下、Nスペ)と『ダーウィンが来た!生きもの新伝説 シリーズ よみがえれ恐竜1・2』(以下、ダーウィン!)の2番組である。前者は、今年9月に放送済みのため目にした読者も多いだろう。一方の後者は、来年1月に放送が予定されている(※2017年1月に放送済み)。両番組とも恐竜のアセットは『生命』のものをベースにしているが、『Nスペ』はNHKメディアテクノロジー(以下、MT)が、『ダーウィン!』はNHKがVFXワークをリードしているため、各社の特徴を活かしたかたちで新たな技法とワークフローによって制作したという。

その典型がメインレンダラ。NHKは新たにArnoldを、MTはV-Rayを採用しており、アセットは共通でありながらも、それぞれでシェーダの調整などの細かなカスタマイズが行われている。さらに科学考証の見地から恐竜のルックに対するアップデートも施された。「もともとNHKの方で進めていた『ダーウィン!』の制作はオンエアが来年1月になったのですが、『生命』からのベストメンバーで臨みたかったので今夏のうちに完成させようと年始から着手していました。その後、MTさんの方で『Nスペ』を担当されることになったので、両番組の制作が同時に進行していたことになります」とNHKの松永孝治VFXスーパーバイザー(以下、スープ)はふり返る。「当初は、両社で制作タイミングが重なってしまったので当然クオリティを比較されますし、アセットの共有など、単独プロジェクトにはない課題もありました。内心、松永さんのチームと同時期にはやりたくないなあなんて思ったことも(笑)」とは、MTの森 大樹VFXスープ。しかし、そんな森氏の危惧も制作が進むと解消され、『Nスペ』放送後の評判も上々だという。実際、アップデートされた恐竜の表現はどちらも素晴らしく、さらなる進化にも期待したい。

  • 前列・右から、竹本宏樹氏、加藤晴規氏、北川茂臣氏、加藤久典氏、安藤隼也氏。後列・右から、武隈善子氏、西田健一郎氏、前 和佳子氏、松永孝治VFXスープ、勝田雄貴氏、児玉礼子氏、稲垣充育氏。以上、NHK
  • 前列・右から、大塚悌二朗氏、朝木真優氏、森 大樹VFXスープ、木佐木なつ子氏、小柳健次郎氏、細野陽一氏。後列・右から、小杉奈雄氏、関井和成氏、菅原賢司氏、吉森元洋氏、朝木 翔氏、齋藤丈士氏、(矢野森明彦氏、坂元雄二氏 ※写真なし)。以上、NHKメディアテクノロジー

Topic 1 MT(1)プリプロダクション

詳細かつ明瞭な資料をつくりVFXへの理解と協力を求める

まずは、MTが制作した『Nスペ』から紹介したい。企画の初回打ち合わせは昨年の12月に行われ、今年1月からプリプロとして、様々なテストが行われたという。MTでのテストではまず、NHKでモデリングされたアセットの変換テストから始まった。『生命』ではレンダラに3Delightを使用していたが、今回レンダラをNHKではArnold、MTではV-Rayを使用するため、それぞれのレンダラで同等のクオリティで表現できるようにシェーダを変換した際のパラメータなどの最適値を検証する必要があったからだ。そこでまず代々木公園で撮影した4Kの実写映像に3Delightでレンダリングした恐竜のアセットを合成して、レンダリング時間やワークフローの検証が行われた。また、このとき今回の恐竜表現のポイントでもある恐竜の体表に生 えた羽毛の表現にどのプラグインを使うかも検討された。『生命』では羽毛の表現にShave and a Haircutが使用されていたので、まずはShaveand a Haircutでテストが行われたが、レンダリング時間やその他のコストから現実的ではないため、レンダラはV-Ray、羽毛表現はYetiが使われることになったという。「今回は時間も予算も限られており、4K解像度でのレンダリング時間がかなりの負担となるため、1フレーム20分を限度に様々なワークフローを検討しました。GPUを使用したリアルタイムレンダリングまで検討しましたが、アセット制作のハードルが高いため今回は断念しました」と森氏は話す。

本作はリアルな自然環境の中で恐竜たちがどのように生活していたのかという表現が主になるため、実写プレートや、IBLに使用するHDRIをどのように効率的に撮影するかというプランニングがプリプロ段階ではとても重要になったという。そのためにMTでは、プリビズを作成してカメラのデータを実写撮影に有効利用することでCGアニメーション制作やポスプロ時になるべく問題が起きないように心がけた。現場でのHDR素材の撮影も、従来のような1眼レフカメラを使った撮影方法ではカメラの設置に手間がかかったり、専門のスタッフが現地に同行することから、本作ではRICOH THETA Sを使って現場を撮影し、HDR Light Studioを用いてHDRIが作成されている。THETAを使うことで誰でも環境写真を撮影できるため、コストとスケジュールの両面で効率が図れたという。「本作に限らずCGが絡んでくる作品ではプランニングが全てで、最初の認識が演出サイドとちがってしまうと、結果もちがってきてしまいます。今回はCGスタッフが海外の撮影現場に行けないなどの事情もあったのですが、プリビズによるプランニングをきっちりすることでベターな結果が得られたと思います」と森氏はふり返る。

初期の合成テスト

今年の春先(本番アセット到着前)に作成された実写合成テストより



  • MTのVFXチーム自身で4Kカメラで撮影した背景を使用。NUKEによるトラッキングデータを基に地面メッシュを生成し、恐竜の歩行アニメーションを検証



  • レンダラのテスト。『生命』時のアセットによる4Kでの解像感を確認、地面への影テスト等が行われた

Hair表現の検証



  • Shave and a Haircutで生成した毛を3Delightでレンダリングしたもの



  • Yetiで生成した毛をV-Rayでレンダリングしたもの(どちらも質感や毛の形状等は開発中の状態)

VFXスープが立ち会えない撮影への対応


海外ロケなど森氏が立ち会えない背景撮影時に、各種リファレンスやレンズ等の撮影情報をできるだけ収集してもらうべく、ディレクターに極力負担がかからない方法をまとめた説明書も作成された

HDRIの作成



  • THETA Sで撮影したHDR元素材。空が白飛びしてしまっている(草木の緑ももう少し強くしたい)



  • 調整後のHDRI。背景に馴染むHDRというよりは強調したい部分を強くした方向だが、HDR Light Studioを用いることで、単に馴染ませるだけではなく、HDRを活かした画づくりの検討も行えたという





  • HDR Light Studioによる調整例。HDRI上の光を足したい部分に直接ライトを置くことができ、さらに結果がリアルタイムで表示されるのが利点だという



  • 調整済みHDRIを用いた完成ショット

次ページ:
Topic 2 MT(2)ショットワーク

特集