>   >  アニメ業界就職フェア「ワクワーク2020」レポート〜ポートフォリオ指導や先輩就活生からのアドバイスも
アニメ業界就職フェア「ワクワーク2020」レポート〜ポートフォリオ指導や先輩就活生からのアドバイスも

アニメ業界就職フェア「ワクワーク2020」レポート〜ポートフォリオ指導や先輩就活生からのアドバイスも

3月12日(火)、アニメ業界就職フェア「ワクワーク2020」が大田区産業プラザ PiO 大展示ホールにて行われた。アニメ業界に特化した合同就職イベントには多くの就活生が来場し、企業のブース出展やポートフォリオ採用コーナー、内定者による座談会など、様々な企画が行われた。

TEXT&PHOTO_高橋克則 / Katsunori Takahashi
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

アニメ関連企業30社が出展、ポートフォリオ講評ブースも

株式会社ワクワークは2016年5月の事業開始以来、アニメ業界を志望する若者に向けた講演会を多数行なってきた。2017年4月にはアニメ業界就職フェア「ワクワーク2018」を開催。就活生の「アニメ業界に興味はあるが、どうやって就職すれば良いのかわからない」、「現場で働いている人たちの声を聞きたい」といった疑問に応えるイベントとして好評を博した。

2020年卒業予定者に向けた「ワクワーク2020」では全30社が出展。1972年設立の老舗スタジオであるサンライズから、中国のアニメスタジオ・彩色鉛筆動画が2018年に起ち上げたColored Pencil Animation Japanまで、幅広い企業が揃った。実際に映像を手がけるアニメ制作会社はもちろん、キャラクターグッズを製造・販売するコンテンツシード、ニュースサイトを運営するアニメ!アニメKAI-YOU、バーチャルタレントのプロデュースを行うActiv8なども出展。絵を描くだけにとどまらないアニメ業界の多様な仕事を知ることができる場にもなっていた。

メインのブースコーナーでは、それぞれの企業が説明会や面談を行なった。いずれも活況を呈していたが、アニメの制作元請を手がけるスタジオは学生にも馴染みがあるため人気が高く、立ち見の出るブースが数多く見られた。代表取締役が自ら登壇しているブースもあり、就活生に向けて、ときには熱く、ときには朗らかに語りかける姿が印象的だった。それゆえに就活生たちも自然と真剣な表情になり、熱心に質問をしたり、メモを取ったりする姿が目立っていた。

各ブースでの説明会の様子

アニメ業界就職フェアならではの催しとして、ポートフォリオ採用コーナーも用意された。こちらはクリエイティブ職の就活生が希望する企業にポートフォリオを提出し、担当者から一対一でアドバイスを受けるという企画である。手描きや3DCGなど10社以上のスタジオが出展し、それぞれの担当者が学生の作品を丁寧な眼差しで見つめていた。

ポートフォリオコーナーでは、各社のブースに長蛇の列ができた

アドバイスは「ポートフォリオはラブレターみたいなもの。自分を採用するとこんな良いことがあると伝えることが大事」という制作時の心構えから、「もっと対象を良く観察した方が良い」といった具体的なものまで様々。タブレットを持参して自作のアニメーションを講評してもらうなど、より実践的なアドバイスを求める就活生もおり、ひとりひとりに合った助言が送られた。

来場者が持参したポートフォリオは、ファイルだけでなく、スマートフォンやタブレットなど様々な形態があった

次ページ:
アニメ業界の就職戦線をどう勝ち抜いたのか? 内定者座談会

特集