>   >  中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜
中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

近年、韓国や台湾、インドをはじめ、アジア各国にCGやVFX、アニメーション制作会社が続々と設立されている。その中でも実績と規模の両面において最高ランクに位置するのが、中国のBase FXだろう。同社は『パシフィック・リム』(2013)、『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)といったハリウッド映画のなかでもVFX大作で力を発揮しており、ハリウッドの映画スタジオからの信頼も日増しに厚くなっているそうだ。拠点を中国に置きながらここまでの実績を上げているBase FXとは、どのようなスタジオなのだろうか。またいかにして現在の地位を確立したのか。今回、Base FXの中心的な人物であり、日本でも昨秋に公開された映画『スター・トレック BEYOND』にて、同社のVFXスーパーバイザーを務めたリー・ガン(李 赓)氏へインタビューを行う機会にめぐまれたのでここにお届けする。

※本記事は、2016年11月5日(土)に実施したインタビュー内容に基づきます。

INTERVIEW_奥居晃二 / Kouji Okui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
Special thanks to Base FX and The Foundry Japan



<1>ハリウッド案件をコンスタントに受注する秘訣とは?

ーー日本ではBase FXのことはよく知られていません。まずは、Base FXの成り立ちからお聞かせください。

Base FX・リー・ガンVFXスーパーバイザー(以下、リー): Base FXは、オーナーで創立者のクリストファー・ブレンブル/Christopher Brembleが2006年に北京で設立しました。彼はもともとハリウッドでシナリオライターとして活躍していた人物で、北米の映像産業に通じています。私たちはこれまでに多くの映画やTVドラマシリーズなどを手がけてきているのですが、参加プロジェクトの中にはエミー賞受賞作品が3つ、アカデミー賞ノミネート作品が2つあります。

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

リー・ガン(李 赓)/Li Geng
Base FX所属。『スター・トレック BEYOND』(2016)では、Base FXのVFXスーパーバイザーを務めた。近作では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)ではVFXリードとして、『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)ではリード・コンポジターとして参加。TVドラマでは、『Black Sails』(2014〜)や『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(シーズン1)などにリード・コンポジターとして参加。現在は、『パシフィック・リム:暴動(原題:Pacific Rim: Uprising)』(2018)に携わっているとのこと。
www.base-fx.com


ーー制作規模はどのくらいですか。

リー:現在、北京の本社をはじめ3か所に制作スタジオをもっています(北京、無錫、廈門)。そしてマレーシアにも新スタジオをオープン予定です。LAにもオフィスはありますが、制作機能は有していません。スタッフ総数は500人ほどで、そのうち400人以上がアーティスト、半数以上が北京の本社で活動しています。

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

Base FX北京スタジオの内観

ーー中国にいながらにして、どうやってハリウッドの大作のVFXを手がけるようになったのですか?

リー:実際のところオーナーであるクリスの存在が大きいですね。2010年からハリウッド映画のVFX制作にも携わりはじめたのですが、2012年5月にルーカス・フィルムならびにIndustrial Light & Magic(ILM)と戦略的提携契約(Strategic Alliance Agreement)を交わしたことが転機となりました。それ以降、ILMの案件を継続して請け負えているのですが、一度良い仕事をすると別のプロダクションにも興味をもってもらえるので、今では欧米の大手VFXスタジオから多くのオファーをいただけてます。

bfx_collection_2006-2015 from BASE FX on Vimeo.
2006年から2015年にかけてBase FXが手がけた代表作をまとめたデモリール


ーーどのようなVFX表現を得意とされていますか。

リー:どんな表現にも対応できる体制を構築しているつもりですが、ハリウッドではリアリスティックなクリーチャー表現が得意なスタジオだと認識してもらえているようです。そうした表現に不可欠なリアルなテクスチャ、自然に見えるアニメーションには大きな自信をもっています。実写合成も得意で、中国内の3スタジオ合計で約100人のNUKEコンポジターが在籍しています(※1)。

※1:The Foundryによると、Base FXは中国国内では最大規模のNUKEライセンス数を有しているという。

ーーNUKEが話に出てきましたが、その他にはどのようなDCCツールをお使いですか?

リー:アニメーション(ショットワーク)にはMayaを、エフェクトにはHoudiniを主に用いてます。ほかにも3DペインティングにはMARIを。また実写プレートのトラッキングにはSynthEyesを使っていたりするのですが、ILMからMARSという自社開発のトラッキングツールが提供されているので通常はこちらを使っています。パラメータが豊富にあって、正確なカメラのトラッキングを可能にしてくれるので重宝していますよ。あとは、プロジェクトの進捗管理にSHOTGUNを利用しています。

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

ーーハリウッド作品に携わるということは、当然ながらハリウッド基準のハイクオリティなVFXが求められると思うのですが、アーティストの人材育成はどのように行なっているのでしょうか?

リー:Base FXでは3つのレベルのトレーニング・システムを設けています。外部から入社したアーティストのスキルや経験値に合わせてプログラムが適用されます。1つ目は十分な専門的なスキルをもっている方向け、約1週間のトレーニングで、社内のパイプラインやインハウスツールの使用法などを学んでもらいます。2つ目は一般大学の卒業者(業界未経験者)、あるいはDCCツールの技能や業務の経験値が不足している方向けの「BASEキャンプ」という名前のコースです。こちらは、約3か月の期間でBase FXのプロダクション・チームに在籍するアーティストから、ツール操作からはじめてプロとして必要な知識全般について教わることになります。そして、3つ目が「BASEアカデミー」と名付けた外部にも開かれたテクニカル・スクールで、ちょうど開講に向けて準備を進めているところです。

ーーILMをはじめ、欧米の大手スタジオと協業していくにあたって、Base FXではどのような体制を敷いているのですか?

リー:まずデータの受け渡しに関しては、社内に「I/O部門」という専門部署が存在します。Base FX社内ではパイプラインを一本化し、統一された仕様に基づいて制作を行なっているのですが、クライアント(欧米の大手スタジオ)では、それぞれ独自のパイプラインを構築していますよね。そこでI/O部門がデータの形式、ネーミングルール、フォルダー構造などを外部に合わせてコンバートする役割を担っているんです。またクライアントとのコミュニケーションは基本的に英語で行われます。当然ながら中国のスタジオにとっては大きなチャレンジですが、実はアーティストが英語コミュニケーションを求められることはまずありません。各案件の予算や進捗管理、営業などは「プロダクション・チーム」が担当していて、このチームのメンバーは全員が英語を話せるのです。もちろんアーティストでも自分のようなスーパーバイザーの場合はクライアントと直接コミュニケートする必要があるので相応の英語力が求められますけど。

  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜
  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

Base FX北京スタジオの作業スペース。北京スタジオには200名以上のアーティストが在籍しているとのこと



<2>ハリウッドと中国の架け橋を務める

ーーリーさんご自身は流暢な英語を話されますが、どのようなキャリアを歩まれてきたのですか?

リー:大学ではデジタル・メディア・アートを専攻しました。卒業後はクリスタルVFXというプロダクションに入社し、モーショングラフィックス・アーティストとして「北京オリンピック」(2008)向けの映像制作に携わったりしていたのですが、2〜3ヶ月後には縁あってBase FXへ移籍しました。その後はコンポジターとしてキャリアを重ね、現在にいたります。英語については、ごく普通に中学、高校、そして大学の授業で学んだ程度ですよ。英会話に苦手意識をもたずに済んだことが幸いなのかもしれません。

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

ーーリーさんがハリウッド案件に携わる際に、ひとりのアーティストとして心がけていることを教えてください。

リー:VFX制作は実写素材がベースとなります。合成したものがいかに自然に見えるかが重要なわけですが、そのためにはどれだけディテールにこだわれるのかが決め手になるのではないでしょうか? リファレンスとなる資料や素材を集めることも大切ですね。以前に携わったハリウッド作品では、ある1ショットのコンポジット作業のリテイクが200回にも達したことがありました。コンポジットワークなので、CG工程に比べれば1回あたりの修正にはそれほど時間は要しませんが、それでも1ショットに3ヶ月も費やしました。裏を返せば、ハリウッド作品のVFXにはそれほどのハイクオリティが求められるわけです。

  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜
  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

Base FXはオーナーのクリス・ブレンブルがハリウッド出身である影響か、オフィス内の雰囲気はどこか欧米スタジオのそれと近いものが感じられる。広い施設、大きな試写室、またスタジオあげてのハロウィーンやメモリアルデーのパーティなども行われるなど、大規模なスタジオにも関わらずアットホームな空気に満ちているという

中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜

着実に制作実績をかさねていくのに伴い、欧米の有力スタジオからBase FXへ移籍してくる人材も増えているとのことで(スーパーバイザークラスの大物もいるのだとか)、世界的にもビッグタイトルを手がけるのにふさわしい体制が整いつつあるようだ

  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜
  • 中国のVFX業界が急成長中! 同国最大規模のBase FX流ハリウッド案件をコンスタントに手がける秘訣 〜映画『スター・トレック BEYOND』メイキング〜


▶︎次ページ:︎
<3>『スター・トレック BEYOND』では、良質なインビジブルエフェクトを短期間で実現

Profileプロフィール

リー・ガン(李 赓)/Li Geng(Base FX)

リー・ガン(李 赓)/Li Geng(Base FX)

Base FX所属。『スター・トレック BEYOND』(2016)では、Base FXのVFXスーパーバイザーを務めた。近作では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)ではVFXリードとして、『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)ではリード・コンポジターとして参加。TVドラマでは、『Black Sails』(2014〜)や『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(シーズン1)などにリード・コンポジターとして参加。現在は、『パシフィック・リム:暴動(原題:Pacific Rim: Uprising)』(2018)に携わっているとのこと。
www.base-fx.com

スペシャルインタビュー