>   >  VR総合編集アプリケーション、ArtstageがSteamにて早期アクセスリリース開始(Soy Software)
VR総合編集アプリケーション、ArtstageがSteamにて早期アクセスリリース開始(Soy Software)

VR総合編集アプリケーション、ArtstageがSteamにて早期アクセスリリース開始(Soy Software)

モバイルゲーム、Webゲーム、VRアプリケーションなどの制作チーム、Soy Software(ソイソフトウェア)は、VR(バーチャルリアリティ)空間内でパノラマ画像や3Dモデルのペイント、モデリングが行えるVR総合編集ソフト、「Artstage」を2016年9月2日よりSteamにて早期アクセス販売を開始した。「Artstage」は早期アクセスバージョンとしてリリースされており、今後、正式リリースに向けて新機能の追加と改善が予定されている。

■「Artstage」について

「Artstage」はVR空間内でアート制作を行うための総合編集アプリケーション。PC向けのVRアプリケーションで、プレイには「HTC Vive」が必要となる。Steamで早期アクセスとして2016年9月2日にリリースされた。現バージョンでは、3Dペイント、パノラマペイント、ボクセルスカルプトの3つの主な機能を備えている。これまでの3D編集ソフトウェアは2Dの画面上での操作になるため、どうしても間接的な操作性になってしまいがちだった。「Artstage」ではVRヘッドマウントディスプレイとVR用コントローラが持つ特性を生かし、直接3D空間内で座標をポイントして編集する事で、直感的な操作を可能にしている。

■「Artstage」の詳細機能

1.3Dペイント機能
既存の3Dモデル(.obj形式)を読み込んでVR空間内で直接テクスチャペイントする事ができる。ブラシツール、消しゴムツール、スポイトツール、トリガー筆圧設定、レイヤー、メッシュグループ操作、アンドゥ・リドゥなどの3Dペイントの基本的な機能を実装している。編集したテクスチャはpng形式やpsd形式(レイヤーを保持)で保存できる。

2.パノラマペイント機能
VR空間内で360°全天球パノラマ画像(Equirectangular形式)をパノラマ表示した状態のまま直接編集できる。3Dペイントで使える機能はそのまま使用可能。ゼロからパノラマのイラストを描く事もできるし、RICOH THETAなどで撮影したパノラマ写真を読み込んで編集する事もできる。編集したパノラマ画像はFacebook投稿向けに保存したり、編集した画像を貼り込んだ球形の3DモデルをSketchfab投稿向けに書き出す事も可能だ。

3.ボクセルスカルプト機能
粘土を直接こねるような感覚で3Dモデルを作成できる。作成したモデルは保存、読み込み可能。3Dモデルファイル(.obj形式)として書き出したり、3Dペイントに送ってペイントする事もできる。

■アプリケーションの概要

商品・サービス名:Windowsアプリケーション「Artstage」
発売・運用開始日:Steam早期アクセス 2016年9月2日(好評発売中)、正式リリース日 未定
開発・販売:Soy Software
サポート機種:Windows7 SP1か、それ以上の新しいもの。プレイにはHTC Viveが必要
言語:英語のみ
販売料金:1,980円(税込)(正式リリース時に変更予定)
Steamストアページ:http://store.steampowered.com/app/523050/

新着のニュース一覧