>   >  トンコハウスと20世紀フォックスアニメーションが2015年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた話題作『ダム・キーパー』の長編映画の共同制作を発表
トンコハウスと20世紀フォックスアニメーションが2015年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた話題作『ダム・キーパー』の長編映画の共同制作を発表

トンコハウスと20世紀フォックスアニメーションが2015年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた話題作『ダム・キーパー』の長編映画の共同制作を発表

トンコハウスと20世紀フォックス・アニメーションは、トンコハウス創立者のロバート・コンドウ氏と堤 大介氏が脚本・監督を手がけた『ダム・キーパー』を元にした長編映画を制作することを本日発表した。本作品は、2015年米国アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた。

Copyright © 2015 Tonko House Inc. All Rights Reserved

■概要

ピクサーのアート・ディレクター(『トイ・ストーリー3』、『モンスターズ・ユニバーシティ』、『レミーのおいしいレストラン』)のコンドウ氏と堤氏が『ダム・キーパー』の長編映画を監督する。そして、ジェーン・スターツ・プロダクションやブルースカイ・スタジオに所属し、現在はフリーのプロデューサー、ケーン・リー氏が制作を指揮する。多くのファンを魅了した短編のキャラクターや世界観をトンコハウスのチームが深化させた。その構想を20世紀フォックスの担当役員、ダーリーン・カマニョ ロケ氏がここまでリードし、今後も引き続き取りまとめる。トンコハウスが招来した脚本家、ジョン ヘンリー・ヒンケル氏も本プロジェクトに加わった。

フォックス・アニメーションのヴァネッサ・モリソン社長は、「トンコハウスと共に事業を手がけることに期待を膨らませています。あの革新的な短編を長編映画に発展させるお手伝いができることを光栄に思います」という談話を発表した。また、コンドウ氏と堤氏は共同声明で、以下のコメントを発表した。「『ダム・キーパー』の世界で長編映画のストーリーを考え始めた時から、ピッグとフォックスの次の一歩の手伝いをしてくれ、激動の今日の視聴者に向けてどのように作品を届けるための良きパートナーは誰だろうと思っていました。 今、20世紀フォックスこそが私たちのキャラクターたちにとって理想的なホームだと感じています。そして、共にリスクを負って新しいストーリーテリングの可能性を探っていけることを楽しみにしています」。

長編映画『ダム・キーパー』の舞台は、短編で描かれた世界の数年後に設定され、短編を観た視聴者から関心の高かった疑問にこたえる内容になる。手描きのようなビジュアルの8000 枚を超えるデジタル・ペインティングから構成される無声の短編2Dアニメーションは、今回の最新作品は台詞の入ったCGアニメーションとして生まれ変わる。すでにトンコハウスの監督のもと、初期のアニメーションテストも制作されている。

「ピクサーやブルースカイなどのスタジオで10年以上もCGアニメーションに携わっていたので、僕らの最も得意とする手法で長編映画を制作できる事を楽 しみにしています」とコンドウ氏と堤氏は語る。「今、数え切れないほどのアニメーションが存在する市場で、どうやったら際立つことができるかと考えていますが、何か今までにないようなものを作れるのではないかと信じています。日本に文化的な根をもつトンコハウスだからこそ、東洋と西洋を橋渡しして、豊穣な二つのアニメーションの伝統の良いところを引き出せるのではないかと思います」。

今回の長編映画制作は、『ダム・キーパー』をめぐる他のプロジェクトのニュースと相まって発表された。コンドウ氏と堤氏は、『ダム・キーパー』のグラフィックノベル三部作を現在執筆中で、その第一部は2017 年にマクミラン社の奥付であるファーストセカンド・ブックスから出版される予定だ。また、先週にはピッグとフォックスの友情をテーマにした10話のシリーズを日本のHULU(HJ ホールディングス合同会社)と制作することを発表したばかりだ。本作品は、元ピクサーに所属し(『ファインディング・ドリー』、『インサイドヘッド』)、最近トンコハウスに加入したエリック・オーが監督を務める。オーはオリジナルの短編『ダム・キーパー』で作画監督も務めている。

新着のニュース一覧