>   >  VR版リズム・ダンスゲーム『INPEX Energy Rhythm』を披露。〜オーストラリアで開催の国際会議「LNG18」にINPEXが出展〜(P.I.C.S.)
VR版リズム・ダンスゲーム『INPEX Energy Rhythm』を披露。〜オーストラリアで開催の国際会議「LNG18」にINPEXが出展〜(P.I.C.S.)

VR版リズム・ダンスゲーム『INPEX Energy Rhythm』を披露。〜オーストラリアで開催の国際会議「LNG18」にINPEXが出展〜(P.I.C.S.)

P.I.C.S.(東京都渋谷区 代表:中祖眞一郎、以下ピクス)は、日本最大の石油・天然ガス開発企業である国際石油開発帝石株式会社(以下:INPEX)の国際会議併催展示会における出展ブースの集客プロモーションとして、VRコンテンツの企画・制作を行った。

INPEXは、同社が制作した上記VRコンテンツを4月11日(月)〜15日(金)にオーストラリアのパースで開催されたLNG(液化天然ガス)業界最大の国際会議併催展示会である「LNG18」における同社出展ブースにて、エンターテインメントを通した集客プロモーション「VR版リズム・ダンスゲーム『INPEX Energy Rhythm』」を披露。世界各国の来場者が体験した。体験者は、VRヘッドセットとヘッドフォンに加え、両手にアームバンド型のセンサーを装着。VR空間で音楽(リズム)に合わせて体を動かすことで、スコアが加算される仕組みになっている。

リアルタイムレンダリングエンジンを使った視差のある3Dアニメーションと、センサーを使ったインタラクションにより、ユーザーがVR空間で"動く"楽しさを実現。また、"身に付ける"ストレスを極力減らす為にコードレスのヘッドセットを採用し、VRコンテンツの目下の課題となっている"3D酔い"の削減、多国籍なユーザーをターゲットとしてノンバーバルなコミュニケーションや日本文化の要素を取り入れるなど、多くの人が楽しめるコンテンツとなった。

VR版リズム・ダンスゲーム『INPEX Energy Rhythm』は3つのステージに分かれている。

STAGE 1:"Catch the Energy" リズムに合わせてボールをキャッチ!
砂漠を舞台に、前方から次々に飛んでくるボールを左右の手でキャッチ。反射神経を試されるステージ。

STAGE 2:"Battle Energy Thieves" リズムに合わせて、飛んでくる敵を斬る!
日本をモチーフにした空間を移動しながら、次々に飛んでくる敵を刀で斬っていき点数を獲得。アクション満載のステージ。

STAGE 3:"Letʼs Exercise Together" とにかく楽しいVRエアロビクス!
アフロでマッチョなエアロビの先生と同じ動きをしながら点数を獲得。楽しいエクササイズのステージ。

<クレジット>
Producer:寺井弘典(P.I.C.S.) 弓削淑隆(P.I.C.S.)
Director:坂本立羽(P.I.C.S.)
Engineer:上野 陸(P.I.C.S.)
Interaction Designer:渡邊大聖(Anoplace)
CG direction, Programming:吉田真也(MontBlanc Pictures)
CG direction, Programming:澤井邦男(MontBlanc Pictures)
CG animation:Guy Bowden-Kerby(MontBlanc Pictures)
MUSIC:中村 優(一invisible designs lab.)
© INPEX CORPORATION

新着のニュース一覧