>   >  日本のCG業界に新旋風、カッティングエッジ・ジャパンが発足
日本のCG業界に新旋風、カッティングエッジ・ジャパンが発足

日本のCG業界に新旋風、カッティングエッジ・ジャパンが発足

ブリスベンに本社をおくCG/VFX会社、CUTTING EDGEがグループとして初めて海外拠点を設立。11月16日、日本支社(CUTTING EDGE株式会社 東京都港区、代表取締役:松尾順治氏)で行われたオープニングパーティに、豪クイーンズランド州の首相(Premier)Ms. Annastacia Palaszczuk氏も訪問した。
詳細はこちら

■概要

シドニーやゴールドコーストに支社を持つCUTTING EDGEは映画やCM、Webムービーなどの映像制作で世界クラスの高いクオリティを誇るVFX会社であり、その実力はハリウッドからも注目されている。

CUTTING EDGEは10年以上前からいち早く日本マーケットに注力、CMを中心にすでに50作品以上のプロジェクトに携わってきた。

カッティングエッジ制作作品
スバル『XV Free Fiel、All Weather Field』篇など
トヨタ自動車『MIRAI 水のトンネル』篇
サントリー『BOSS トミーリージョーンズ 人類史』篇
Peach John『クーリッシュブラ 小嶋陽菜 私は冷たい女』篇
コカコーラ『Coke Zero 安室奈美恵 バイク』篇
ほか多数

CUTTING EDGEはビジネスでの海外貢献が評価されるクイーンズランド州エクスポートアワードのクリエイティブ部門で、今年を含めてすでに6度最高賞を受賞。パラシェ首相からも、受賞に対する賞賛とグローバルに発展を続けるカッティングエッジは州のお手本であるとのコメントを受けた(オーストラリア全体のアワードも受賞)。

オープニングパーティには、豪華なメンバーが参加。現昭和女子大学総長であり『女性の品格』著者、元ブリスベン総領事の坂東真理子氏をはじめ、映画やCM、ゲームなど映像制作業界から約40名に及ぶ錚々たる顔ぶれが揃った。

CUTTING EDGEはアジアのハブとして、バイリンガルやトリリンガルなスタッフを揃え、CG/VFXはもちろんのこと、撮影や編集も含めた幅広い分野で、満足度の高い映像制作サービスを提供することを目的に発足したという。

新着のニュース一覧