>   >  クリエイティブスタジオ「1→10(ワン・トゥー・テン)」東京オフィス移転、コンセプトは"CREATIVE FACTORY"(ワン・トゥー・テン・ホールディングス)
クリエイティブスタジオ「1→10(ワン・トゥー・テン)」東京オフィス移転、コンセプトは

クリエイティブスタジオ「1→10(ワン・トゥー・テン)」東京オフィス移転、コンセプトは"CREATIVE FACTORY"(ワン・トゥー・テン・ホールディングス)

ワン・トゥー・テン・ホールディングスは、事業拡大にともなう従業員の増加と業務効率化を目的として、1月10日(ワンテンの日※)に東京オフィスの移転を行なった。
※日本記念日協会認定、1→10HOLDINGSが制定した「1を10にするアイデアを楽しむ日」
詳細はこちら

■概要

新オフィスのデザインは、国内外で数多くの空間デザインを手掛けるDRAFTが担当した。コンセプトは、"CREATIVE FACTORY"。クリエイティブな発想を創り出すために欠かすことのできない0の状態を、オープンで飾らない「工場」という空間をイメージすることで実現した。

■1→10HOLDINGS新東京オフィスについて

住所:東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲7F
営業開始日:2017年1月10日(水)

■1→10(ワントゥーテン)について

1997年に創業された、クリエイティブスタジオ。京都・東京・シンガポール・上海を拠点とし、広告クリエイティブ事業、ロボット/AI事業、IoT/商品プロトタイプ事業、空間演出/エンターテイメント事業の4事業を展開している。タグラインは、"IGNITE EVERYONE,UPDATE EVERYTHING"。クリエイティブと革新的技術で人々の心に火をつけ、あらゆることをアップデートする体験を提供する。主な実績は、ソフトバンク社が誇る、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の人工知能・感情認識と連携した会話エンジンの開発や、バーチャル・リアリティー・ゲームの世界観を再現した『ソードアート・オンラインザ・ビギニングSponsored by IBM』など。これまでにグループ全体で、カンヌ国際広告祭を含む国内外の広告賞・デザイン賞を150以上受賞。

新着のニュース一覧