>   >  CADや動画編集をはじめとする高負荷作業が必要な業界向けに開発されたミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表(日本HP)
CADや動画編集をはじめとする高負荷作業が必要な業界向けに開発されたミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表(日本HP)

CADや動画編集をはじめとする高負荷作業が必要な業界向けに開発されたミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表(日本HP)

日本HPは、CADや動画編集をはじめとする高負荷作業が必要な業界向けに開発されたミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。「HP Z2 Mini G3 Workstation」は、従来の省スペース型ワークステーション(HP Z 240 SFF Workstation)と比較して約80%の小型化を実現した、幅/奥行き約21.6センチ、高さ約5.8センチのミニワークステーション。コンパクトでスタイリッシュなデザインと高い性能を備え、さまざまな業務用途に対応する。新製品は、日本HPのオンラインストアHP Directplus、HP Directplusコールセンター、日本HP販売代理店、HP Directpartnerで、1月中旬より販売を開始する。
詳細はこちら

■「HP Z2 Mini G3 Workstation」について

製品名:「HP Z2 Mini G3 Workstation」
希望小売価格(税抜):135,000円~
販売開始日:1月中旬

「HP Z Workstation」は、高性能ワークステーションを求めるユーザーにおいて業界標準の製品となっている。コンパクト設計のエントリーワークステーション「HP Z240 SFF Workstation」をさらに発展させた「HP Z2 Mini G3 Workstation」は、現在市販されているミニPCの持つグラフィックスパワーの2倍の性能を備え(※1)、最大6台のディスプレイと接続が可能。「HP Z2 Mini G3 Workstation」は、静音性やパフォーマンス、信頼性を保ちつつ、より小型のハードウェアを求めるワークステーションユーザーに向けて設計されている。

「HP Z2 Mini G3 Workstation」は高さ5.8センチの小型設計でありながら、建築、製造、金融、メディア/エンターテインメント、ヘルスケアなど様々な業界での利用に高い性能を提供する。同製品には最新世代のIntel XeonプロセッサーとNVIDIAの次世代プロフェッショナル向けグラフィックスチップが搭載され、大容量ファイルを高速で処理できる「HP Z Turboドライブ」にも対応している。

職場のスペースが制約される中、ワークステーションの小型化へのニーズも高まっている。コンパクトでスタイリッシュな「HP Z2 Mini G3 Workstation」は、デスクの上下、「HP Zディスプレイ」の背面や、あるいは壁面への取り付けなど、幅広い設置の選択肢を提供する(※2)。

「HP Z2 Mini G3 Workstation」の八角形の形状は、HPの35年におよぶワークステーションの歴史において最もユニークなデザインで、限られた筐体スペースを効率よく冷却するためにエアフローを考慮した設計となっている。また、ISVによる幅広い認証から368,000時間に及ぶ品質試験までをクリアするなど、「HP Z Workstation」のDNAが組み込まれている。

※1:2016年10月3日現在で年間100万台以上が出荷され、第4または第6世代のIntelまたはAMD Proプロセッサー、VESAマウント、VGA、6つのUSBポート、Windows Pro OSならびにTPMを搭載した超小型デスクトップPCカテゴリーを対象とした、ワット数に基づいた比較。
※2:取付け金具は別売。

新着のニュース一覧