>   >  「Mari 3.2」リリース(The Foundry)
「Mari 3.2」リリース(The Foundry)

「Mari 3.2」リリース(The Foundry)

The Foundryは、MARI 3.2のリリースを発表した。
詳細はこちら

■「MARI 3.2」について

MARI 3.2には、手間のかかる作業を簡略化して作品制作に集中できるようにするための新機能および改善が搭載されている。

・ユーザーからのフィードバックを元に、今回のリリースでは数多くの強化、ワークフローを高速化させる手助けとなる新機能の追加、重要なバグ修正が行われた。
・Mari 3.2は、退屈なタスクの簡素化を目指して開発されたため、アート作品を素早く作成することに集中できる。
・Mari 3.2は、個人のアーティストであれ大規模スタジオのアーティストであれ、アーティストのニーズに焦点が当てられた。

■新機能と利点

ノードグラフ(機能強化)
ノードグラフの使いやすさを向上するため、Mariは今回のバージョンからShow Port Listと呼ばれる左から右への操作に対応し、その他、ズームレベルに合わせたLOD(詳細レベル)や、ノードグラフ専用の変更可能なショートカットなどを追加した。

Bake Point ノード(新機能)
ノードグラフに上流の結果をテクスチャにベイクするための特別なノードとしてBake Pointノードを追加した。Bake Pointノードは上流の更新状態を追跡して、ベイクした結果が古くなっていないかを表示する。また、Bake Pointノードではベイクした結果に対するオプションを設定することができ、ユーザーが指定した場所にテクスチャをエクスポートすることも可能だ。

Open EXR 2.2 へのアップデート
MariはOpenEXR 2.2に対応した。

セッションスクリプト(機能強化)
Mariのセッションスクリプトを拡張し、ノードグラフ、グラフレイヤー、そしてその他のMariプロジェクト機能を保存または読み込めるようになった。

Connectedness Mesh Selection(新機能)
Smart Selectionに新しいSmart Typeモードを追加した。Connectedness Mesh Smart Typeを使用することで、3Dビュー上で接続された面を選択できるようになった。

色空間の無効化(機能強化)
MARI_FORCE_COLOR_MANAGEMENTの環境変数またはProject Settingsダイアログでプロジェクトの色管理を無効化できるようになった。

均一なスケーリング(新機能)
Mariのロケーターは均一なスケーリングに対応した。

※新機能の詳細はこちら

新着のニュース一覧