>   >  編集、VFX、3Dコンポジットまでの全てを網羅した新世代のオールインワンパッケージ映像ツールがバージョンアップ「HitFilm Pro 2017」販売開始(FXHOME)
編集、VFX、3Dコンポジットまでの全てを網羅した新世代のオールインワンパッケージ映像ツールがバージョンアップ「HitFilm Pro 2017」販売開始(FXHOME)

編集、VFX、3Dコンポジットまでの全てを網羅した新世代のオールインワンパッケージ映像ツールがバージョンアップ「HitFilm Pro 2017」販売開始(FXHOME)

フラッシュバックジャパンは、編集、VFXから3Dコンポジットまでの全てを網羅した新世代のオールインワンパッケージ映像ツールの新バージョン「HitFilm Pro 2017」の販売を開始した。
詳細はこちら

■「HitFilm Pro 2017」とは

「HitFilm Pro」は、映像編集や2D&3Dコンポジットをはじめ、カラーグレーディィングやモーショングラフィックス、ビジュアルエフェクト制作のすべてを実現するソフトウェアだ。映像編集と合成をワン・ストップで実現すべく、200以上のプラグインを収録。レンズフレアやグロー、ライトレイ、パーティクルなど定番のエフェクトツールをはじめ、グリーンバック合成用のキーイング、スピル除去やライトラップ、ブラーやディストーション、グランジ、スタイライズ、トランジション、グレーディングツールなど、想定し得る用途のほぼ全てを網羅している。

さらに、EPSデータやテキストを3D化してアニメーションを実現するBorisFX開発のBoris FX 3D Objects、そしてアカデミー科学技術賞を受賞したプラナートラッキングツール、mocha HitFilm pluginも収録する。最新のバージョン「HitFilm Pro 2017」では、カラーグレーディング時に便利なスコープパネル(ベクトルスコープやヒストグラムなど)、レンダリングファイルを一括管理できるエクスポート キュー、オーディオミキサー、32-bit カラーへの対応、などの新機能が搭載された。

■「HitFilm Pro 2017」製品仕様

製品種類:映像ソフト(編集、VFX、コンポジット)
販売価格:44,490円(税込)
※「HitFilm Pro 2017」には同社のプラグイン集HitFilm Ignite Pro 2017のライセンスが付属する

動作環境 :
【対応OS】
<Windows>
Windows 10(64-bit)、Windows 8(64-bit)、Windows 7(64-bit)
<Macintosh>
Mac OS X 10.12、Mac OS X 10.11Mac OS X 10.10
【対応ハードウェア】
Intel Core i3、Core i5、Core i7、Intel Xeon(Nehalem)プロセッサ、同等の性能を持つAMDプロセッサ
4GB 以上のメモリ
HDDに1.2GB以上の空き容量
ソフトウェア認証のためのインターネット接続環境
【対応グラフィックカード】
Open GL 2.0に対応したグラフィックカード 最低 512MBのVRAMを搭載したグラフィックカード (NVIDIA GeForce 9 series, Radeon HD 5000 series,Intel HD 4000など)
4Kのプロジェクトには最低1GBのVRAMが必須
使用するグラフィックカードは最新のドライバーを利用すること
インターフェイス:英語
販売形態:ダウンロード
開発元:FXHOME
販売元:フラッシュバックジャパン

新着のニュース一覧