>   >  新・海外で働く日本人アーティスト:第4回:古賀理恵(Nickelodeon Animation Studio / Director)
第4回:古賀理恵(Nickelodeon Animation Studio / Director)

第4回:古賀理恵(Nickelodeon Animation Studio / Director)

今回は、北米のTVアニメーション業界で活躍している日本人クリエイターをご紹介。アメリカで知らない人はいない「ニコロデオン」。ニコロデオンは、キッズ番組で有名なケーブルテレビチャンネル。そのアニメーション・スタジオでディレクターとして活躍中の古賀理恵氏に、これまでのキャリアを聞いた。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe

ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に「海外で働く日本人クリエイター」(ボーンデジタル刊)、「ハリウッドVFX業界就職の手引き」等がある。

公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」



Artist's Profile

古賀理恵/Rie Koga(Nickelodeon Animation Studio)
福岡県出身。1999年に東京芸術学園専門学校(※現在は閉校)を卒業後、フリーランスのデザイナーとしてキャリアをスタート。サンライズのTVシリーズに関わった後、2004年にカナダへ留学。2006年に帰国後、サイバーコネクトツーの映像部門で絵コンテと演出を担当。2011年に渡米しLAのNickelodeon Animation StudioでストーリーボードアーティストとしてTVシリーズ『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』に参加、現在は同作品のディレクター(演出)を務める。



<1>海外を目指したきっかけ

ーー日本での学生時代のお話をお聞かせください。

古賀理恵氏(以下、古賀):昔から日本アニメはもとより海外の短編アニメやストップモーション、パペット劇など様々な手法でつくられた映像作品にも非常に興味がありました。さらに90年代はCGが一気に台頭してきた時代で、私も専門学校でPhotoshopとAfter Effectsに触れ、映像制作にのめり込んでいきました。学校外では2年に1度開かれる「広島国際アニメーションフェスティバル」という世界中のアートアニメが集結するイベントに行くのが毎回楽しみでしたね。同時に、来日している数々のアーティストと交流したくても自分の英語がダメすぎてほとんど話せない悔しさも味わい、英語の重要性も改めて感じるようになりました。

ーー専門学校を卒業後はどうされたのでしょう?

古賀:まずはフリーランスとして、ストップモーション番組の人形制作アシスタントやCM向け絵コンテの補佐、トイコンセプトデザインなどの仕事に関わりました。2001年に自主制作の短編アニメを「文化庁メディア芸術祭」の企画展に応募したところ準グランプリを獲得、それが縁でサンライズのTVシリーズ『OVERMAN キングゲイナー』(2002〜2003)に関わることになりました。ここでの経験はそのまま今の自分に生きていますね。

ーー海外で働くことを考え始めたきっかけは?

古賀:日本のアニメーション業界で仕事をする中、海外のプロダクションでは一体どのようなワークフローで制作が行われているのか、実際に目の当たりにしたいと思うようになりました。それで、2004年にいったん仕事を辞め、カナダのトロントに留学したんです。最初の1年はESL(語学学校)に通いつつ、シェリダン大学の短期講習で手描きアニメーションコースを受講、残りの1年はトロント・フィルム・スクールで3DCGアニメーションを学びました。2年間はあっという間に過ぎ、貯金も底を尽いたので仕方なく帰国。今思うと何もかも中途半端なままでしたが「それじゃあ、次はこうしよう」という再挑戦への足がかりにはなりました。帰国後はサイバーコネクトツーでCGアニメーター、絵コンテ、演出としてゲーム内のシネマティックやオリジナルアニメーション映画に関わりました。

ーー海外の映像業界における就職活動についてお聞かせください。

古賀:この頃、書籍「ハリウッドVFX業界就職の手引き」を購入、非常に参考にさせてもらいました! 私は2011年に渡米したのですが、このときはすぐに就職活動をしようとは考えていなかったんです。今回は貯金も余裕があったので、当初の予定ではバケーションも兼ねてアメリカ、カナダ、フランスその他ヨーロッパ圏を回って各地のアニメーションスタジオを見学したり、映画祭などのイベントへ赴いたりしてゆっくり就活の準備を始めるつもりでした。英語力もだいぶ落ちてましたし、なにより日本での絵コンテと演出の経験がそのまますぐ海外の現場で通用するとは思えなかったので、まずは現地に行って直にリサーチしようと。加えてアメリカは労働ビザを取るのが極めて難しいことは承知していたので、就活はカナダで行う予定でした。最初の滞在国であるアメリカでは3ヶ月間を使って何か有意義なことをしようと思い、LA郊外にあるConcept Design Academyというアートスクールに通うことにしました。この学校は、パートタイム制で講師陣が全て現役のプロというのが大きな特色です。コース内容もバラエティに富んでいて、例えばEnvironment Design、Visual Development、Concept Design 、Storyboard、Character Design など様々な分野のアートを自由に選択して学ぶことができます。ただし学校法人ではないので、単位や学位を取得できる教育機関ではありません。

新・海外で働く日本人アーティスト 第4回:古賀理恵

ディレクションを行う古賀氏

ーーConcept Design Academyでは、どのようなことを学ばれたのですか?

古賀:私はここでストーリーボードのクラスを受講したのですが、その初日に自己紹介も兼ねて講師に自分の絵コンテを見せたところ「これだったらすぐに働けると思うよ。確か今二コロデオンがストーリーボードアーティストを募集中だから応募してみたら?」と言ってリクルーターの名刺を渡してくれたんです。まあそんなに上手くいくわけはないだろうと思いつつ、自分のレジュメと絵コンテをNickelodeon Animation Studio(以下、二コロデオン)にメールしてみたところ、その翌日に電話があり明日で良ければスタジオに来てください、と。突然の出来事に緊張しつつスタジオに行くと、当時制作が始まったばかりの『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(以下、TMNT)新シリーズ総監督のオフィスにそのまま通され、軽く会話した後に「じゃあ来週あたりから仕事を始められる?」と、その場でオファーをいただきました。

ーーすごい急展開ですね。

古賀:渡米してまだ2週間のことで、喜びよりも驚きの方が大きかったですね。そして、その後がひと苦労でした。その時は6月で、すぐに労働ビザ「H1-B」を申請して取得できたとしても、実際に働けるのは同年10月からという規定があります。後でメールで恐る恐るその話を伝えたところ、ラインプロデューサーからそこまで待てない、と一度断られかけたんです。実はその頃、Warner Bros.からもオファーがあり、そこではビザサポートの話までもらっていたのですが、自分は『TMNT』に魅力を感じていたので、ニコロデオンに「そこを何とか待ってください。お願いします!」と懇願しました(笑)。それが通じたのか、一転OKになり移民弁護士も手配してくれて、その後はトントン拍子に申請に漕ぎつけました。運が良かったことに2011年はリーマンショックの影響が残っていて、6月の時点でH-1Bビザの発給数がまだ上限に達していなかったのです。もし、あと数ヶ月自分の渡米が遅れていたら、スムーズにビザを取れなかったと思います。それだけラッキーでした。

▶次ページ:
<2>ニコロデオンのワークスタイル

その他の連載