>   >  新・海外で働く日本人アーティスト:第5回:松本憲明(Digic Pictures / Effects Artist)
第5回:松本憲明(Digic Pictures / Effects Artist)

第5回:松本憲明(Digic Pictures / Effects Artist)

今回は、ハンガリーのCGアニメーションスタジオDigic Picturesにて活躍中の日本人アーティストを紹介しよう。北米でハリウッド映画のVFXやアニメーション・スタジオでの経験を積んだ後、同社が拠点をかまえるブダペストに移住した松本憲明氏である。多種多様な国籍のアーティストたちと制作を進めていくにつれ、「異文化の交流はものすごく興味深い」と感じているのだとか。

TEXT_鍋 潤太郎 / Jyuntaro Nabe

ハリウッドを拠点とするVFX専門の映像ジャーナリスト。
著書に「海外で働く日本人クリエイター」(ボーンデジタル刊)、「ハリウッドVFX業界就職の手引き」等がある。

公式ブログ「鍋潤太郎☆映像トピックス」



Artist's Profile

松本憲明/Noriaki Matsumoto(Digic Pictures)
兵庫県出身。1999年に日本大学 生産工学部建築工学科を卒業後、DHIMA(デジタルハリウッド・サンタモニカ校 ※現在は閉校)に留学し、3DCGを学ぶ。その後、Entity FXでのインターンを経て、同社に就職。Entity FXではVES Awardに5回ノミネート。以降、Animal Logic、DreamWorks Animation、MPC Montreal、Gradient FXを経て、2015年6月にハンガリーの Digic Pictures に Effects Artistとして移籍、現職。



<1>海外を目指したきっかけ

ーー日本での学生時代についてお聞かせください。

松本憲明氏(以下、松本):大学では建築を勉強していました。「ダメだなぁ。才能ないなあ......」と、悩みはじめた頃に、Macと出会いました。CADではなく、設計課題のプレゼン用にPhotoshopを使っていたことがきっかけだったのですが、そこから「CGって面白いなぁ」と。建築を諦めていたこともあり、あっさりと興味が移っていきました。そして大学卒業後は就職せずにフリーターをしながらデジタルハリウッド(以降デジハリ)のMac総合Proコースに半年通ったのですが、一連のカリキュラムの中で3DCGの授業が一番楽しかったんです。もっと本格的に学びたいと思い、当時存在したDHIMA(デジタルハリウッド サンタモニカ校)へ、1年間の留学をしました。

ーーDHIMAではどのようなことを学ばれたのですか?

松本:ほぼ毎日、1日中、CG漬けでした。4人で共同生活していたのですが、リビングルームにみんなの机を並べて、ひたすらCGにハマってました。僕のように怠け者で、すぐダラダラする人間には最高の環境でしたね。周りから良い刺激、影響を受けまくって、ずっとPCに向かっていたのですが、今思いかえしても本当に充実した"熱い1年"だったと思います。

ーー英語や英会話のスキルはどのように習得されたのですか?

松本:高校時代の英語は常に「赤点超え」が目標(高3の3学期末試験でグラマーが2点でした!)だったりしたので、留学した当初は自己紹介もまともにできませんでした(苦笑)。働き始めてから、同僚や上司にたくさん話してもらって、たくさん聞いて、わからなかったら聞き直して、ということをくり返しているうちに、ちょっとずつ言い回しを覚えていったように思います。未だにボキャブラリはものすごく少ないし、文法もメチャクチャです。ボキャブラリをより多く知っておくこと、文法をちゃんと理解していることはもちろん重要ですが、少なくとも僕にとって一番重要なことは、「相手とコミュニケーションする」ということ。決して、多彩なボキャブラリを使いこなし、文法的に正しい英語を話すことが僕の目標ではないので、それほど気にしてないです。とは言え、世の中良い人ばかりではないので、文法ができていないせいで「何だコイツ。英語話せないのか?」と露骨に怪訝な顔をされたことは何度もあります(苦笑)。こればかりは運もありますが、素敵な友人を手に入れることが英語の習得には一番だと思います。その友人が話好きなら最高ですね。

ーーDHIMA卒業と同時に現地で就職活動をはじめたそうですね。

松本:DHIMA卒業後に行なった最初の就職活動は、8ヶ月ほど続きました。のべ100社以上は応募しましたね。当時は、現在のようにWebサイトからの応募ではなく、ビデオテープを郵送する必要があったので送料も含めると、相当なお金と手間がかかりました。送った後は、「先週、デモリールを送りました。見ていただけましたか?」と言う内容のメールを返事がくるまで毎週出し続けたりも。僕のメアドがスパムに設定されてしまったこともありましたが(苦笑)、唯一、Entity FXというサンタモニカにあるブティックススタジオが採用面接に呼んでくれたんですが、無事にJ-1ビザをサポートしてもらえました。その後はロサンゼルス、シドニー、モントリオールと、いくつかの国にわたる様々なスタジオで働いてきたのですが、現在は、ハンガリーの首都ブダペストにあるDigic Pictures というプロダクションで働いています。

▶次ページ:
<2>Digic Picturesのワークスタイル

その他の連載