>   >  VFXアナトミー:MV『I wanna rock』(High Speed Boyz)
MV『I wanna rock』(High Speed Boyz)

MV『I wanna rock』(High Speed Boyz)

トランジスタ・スタジオがフルコミットして制作した、ロックバンドHigh Speed Boyzの未来感あふれるミュージックビデオのメイキングを紹介する。

[お知らせ]
3月21日 CGWORLD Live in 札幌にてトランジスタ・スタジオの秋元氏、森江氏によるMaiking of 「I wanna rock」のセッションが行われます!
札幌近郊お住まいの方ぜひご来場者ください(無料)
詳細はこちら→ http://cgworld.jp/news/event/321cgworld-live-in-exsa.html

演出からポスプロまでワンストップで手がける

今回のVFXアナトミーでは、ミュージックビデオ(MV)におけるVFXを紹介する。

取り上げるのは、High SpeedBoyzの『I wanna rock』だ。
MVでは、ボーカロイドが自分のオリジナルである死んでしまったアーティストの魂を追い求めていくという物語が、ストイックかつ無機質な未来感あふれる空間で展開する。

このMVを制作したのは、本誌連載でもお馴染みのトランジスタ・スタジオだ。
森江康太ディレクター、秋元純一VFXスーパーバイザー、柴野剛宏デザイナーにお話を伺った。

本作を手がけたきっかけは、あるイベントでVJとしてトランジスタ・スタジオが参加したときに、出演していたHighSpeed Boyzの目に留まり、自分たちのMVもつくってほしいと依頼されたことだという。

昨年の8月末に一度完成したのだが、全面リテイクとなったためイチからつくり直し11月末に完成品が納品された。

「とてもアーティスティックな人たちなので、ぶっ飛んだアイデアをその場で思いつく。われわれにとっては、彼らの言った言葉が全てなので、その中からキーワードを紡ぎながら、自分たちの色や映像として整理していきました」と森江氏。

単純に映像が動いているだけのMVではなく、きちんとしたストーリー性のある作品に仕上げたいということで、ストーリーづくりに時間を割き、悩みぬいた作品だというが、映像の方向性が見えたところからの制作はとても早かったという。

携わったスタッフは、今回お話を伺った3名とほか1名の4名という少人数制作。受注から納品までを考えると数ヶ月の制作期間がかかっているが、実作業としては1ヶ月かかっていないという。

「ここ数年、自社の指標として社内で監督から編集、ポスプロまで全部自分たちだけで、映像制作にフルコミットできるような体制を組んできました。そのような体制づくりが、今回の作品制作につながったのだと思います。特に今回の作品では、CG技術を見せるような映像作品ではなく、きちんとしたストーリーテリングによって物語を伝えることができたので、ひとつの成果だと実感しています。これからも自分たちの作品と言えるものをコンスタントにつくっていきたいですね」と森江氏は語る。

それでは、本作のメイキングを紹介していこう。

01:プリプロダクション
モーションキャプチャデータを利用したプリビズ制作

本作の制作は、まず楽曲に合わせてアーティストがギターを弾く動きをモーションキャプチャし、データ化するところから始まった。

通常の映像制作では、絵コンテなどで演出が固まった状態からモーションキャプチャを行うことが多いが、本作では映像演出がまだ決まっていなかったため、このキャプチャしたデータを使ってプリビズを作成しながら、全体の演出を考えていったのだという。

High Speed Boyzは、これまでにもモーションキャプチャを使った映像制作なども行なっているため、キャプチャスタジオの手配を含め、とても効率良く作業を進めていくことができたそうだ。

「今回は絵コンテを作成する代わりに、モーションキャプチャしたデータをMayaに読み込んでアニメーションさせて、キャラクターの動きを見ながらカメラの切り替えやカメラワークをつくり込みました。どちらかというとライブ映像の編集に近い感じで、カメラマン兼編集を監督自身で担うイメージです。完成したプリビズを見ながら、ステージをデザインしたりエフェクトをどうするかなどを検討していっています」と秋元氏。

「モーションキャプチャデータの映像編集は数日で終わったため時間がかからなかったのですが、難しかったのは、MVの後半にもうひとりのキャラクター"Sun Forever"(後述)が登場し、新たな展開をさせる必要があったこと。このキャラクターは手付けでアニメーションさせているため、ストーリーを考えつつ、カメラワークとアニメーションを同時並行で付けていくという作業になりました。非常に悩みましたが、CGなのでカメラワークを好きにできたのは良かったです。現実には撮影できないような撮り方もできますからね」と森江氏は言う。

▲MotionBuilderによるモーションキャプチャのデータ編集画面。キャプチャはMOZOO(www.mozoo.jp)で行われた

▲編集されたキャプチャデータをMayaに読み込み、カメラワークやカット割りを検討



▲制作されたMayaのPlayblastによるプリビズからの抜粋。
このビデオコンテのモデルデータを差し替えていったり、動きをブラッシュアップしながら制作が進められていった

▲Playblastによって作成されたアニメーションは、PremiereProで編集を行いプリビズに仕上げられた

02:アセットモデリング
キャラデザから一括して担当

本作のアーティストとして登場するギターを持ったキャラクターは、森江氏によるデザイン画を基に、秋元氏がMODOを使ってモデリングしている。

「キャラクターのディテール部分は、デザイン画や形状のリファレンスとなるような格好良いデザインの資料からイメージを拾いながら、細かいデザインを考えていく必要がありました。しかし、時間が限られていることもあり、何となく手が勝手に動いていったという感じでしたね。キャラクターのモデリングはだいぶ御無沙汰だったのですが、久しぶりにモデリングするとつくり込むところがいっぱいあるなと思ったり。マテリアルの状態など、最終形態を想像しながら、監督とやりとりしつつモデリングしていきました。特に大変だったわけではなく、意外とすんなりつくれた感じです」と秋元氏は語る。

秋元氏がモデリングしたキャラクターがギターを奏でている、ステージやスピーカーなどのセットやプロップのモデリングは森江氏が担当、ギターは森江氏の後輩による作だという。

また後半に登場するSun Foreverは、もともとHigh Speed Boyzがステージでバンドのメンバーとして使っていたキャラクターでモデルデータが存在していたため、そのデータを手直しして利用しているとのこと。

▲ギターを持ったキャラクターのデザイン画。
左のモノトーンのデザインはHigh Speed BoyzのJIN氏よるもの。JIN氏のラフをベースに森江氏がデザインを起こしている

▲MODOによるモデリング作業画面

▲モデリングデータをシェーディング表示したもの

▲キャラクターモデルのワイヤーフレーム。デザイン画を基にして細かいディテールがつくり込まれている

▲マテリアルが施された完成モデル

▲ステージとスピーカーモデルのワイヤーフレーム

▲ステージとスピーカーをレンダリングしたもの。スピーカーは開閉アクションができるような構造になっているが、作品中ではアニメーションされなかったという

▲ギターのモデルのワイヤーフレーム

▲ギターのモデルのレンダリング画像。非常にSF風で近未来的なデザインだが、実際にアーティストが使用しているギターをそのままのデザインでモデリングされている

03:アニメーション制作
モーションキャプチャと手付けのハイブリッド

モデリングされたキャラクターモデルは、Mayaに読み込まれてアニメーション用のリグが施される。

アニメーションの作業は、主に森江氏が自ら担当。今回のキャラクターモデルは、モーションキャプチャデータと手付のハイブリッドになるので、モーションキャプチャ用のリグと、手付け用のリグを切り替えながらアニメーション付けを行なっているという。

モーションキャプチャ用のリグはMaya のHumanIKを使用し、手付け用のリグにはAdvancedSkeletonを使っている。

AdvancedSkeletonは森江氏が本誌で連載している「アニメーションスタイル」でも使用されているリグだが、様々な設定のリグを切り替えて使うことができるなど、非常に使いやすいリグセットなのだとか。今回は複数のリグを切り替えながらの作業となったため、非常に役立ったという。

キャラクターのアニメーション付けの作業で難しかったのは、ギターの動きと腕の動きとのインタラクションの部分とのこと。モーションキャプチャのデータはもともと音楽に合わせてギターを弾いている状態でキャプチャされているため、音と映像のリズムは合っているのだが、ギターに沿う指などの動きの修正は非常に手間がかかる作業となった。

「普通のオブジェクトの構造であれば、手に持っているものを手の下の階層としてリンクさせてアニメーション付けをしますが、ギターの場合は、ギターによって手が制御されたり、逆に手でギターを制御したりと動きによって親子関係を切り替えないと上手く動きが付けられない。ギターを演奏するためのリグを作成するなど、とても難しいアニメーションでした」と森江氏は語る。

▲HumanIKでリグを作成したSun Foreverのモデル

▲AdvancedSkeletonで作成した手付け用リグ

▲ギター自体にGuitarAllCntGripという名前でギターと手のインタラクション用のリグを作成

▲GuitarAllCntGrp にモーションキャプチャデータを流し込み、下の階層のコントローラで微調整を行なっている。また左手首のHIKのコントローラで、ギターと手の位置ズレを調整している

▲Mayaによるアニメーション付け作業画面。キャプチャデータをSun Foreverに流し込み、必要に応じてめり込み解消などの微調整などを行なっている



▲アニメーションをレンダリングした完成ショット

▲手付けのアニメーションでは、手の微妙な動きのニュアンスなど、フェイシャルの表情がないキャラクターでも感情が伝わるように調整されている



▲アニメーションをレンダリングした完成ショット

その他の連載