>   >  VFXアナトミー:TVCM 株式会社ミニミニ『MINIMINI MAN』篇
TVCM 株式会社ミニミニ『MINIMINI MAN』篇

TVCM 株式会社ミニミニ『MINIMINI MAN』篇

株式会社ミニミニの30周年記念CMとして制作された本作は ミニミニマンが、ハリウッド映画風ヒーローとして登場する。 異色のCMがどのように制作されたのか紹介しよう

綿密な準備とイメージ共有

今回のVFXアナトミーはTVCMミニミニ『MINIMINI MAN』篇のメイキングを紹介する。賃貸不動産業のTVCMとしては異例のハードSFタッチの映像に、注目した人も多いのではないだろうか。

本作は映画『GOEMON』や『Last Knights』を制作したKIRIYAPICTURESが監督し、VFX制作はエヌ・デザインが担当している。

▲(左)左から福田林太郞コンポジター、岩崎朋之CGIディレクター、川瀬基之エディター/プロダクションマネージャー。
▲(右)上段左より阪上和也CGIディレクター、安井智太郎CGクリエイター、早坂 渉コンポジター、福田亘太郎CGクリエイター、下段左より中村明博コンポジター、山本智彬CGクリエイター、井達麻未エフェクトアーティスト、森 智章CGクリエイター(以上、エヌ・デザイン)

「映画やMVなど、KIRIYA PICTURESが手がけてきた多くの作品に当社が携わらせていただいていた関係で、本作もVFXを担当させていただくことになりました。当時社内のライン状況はかなり詰まっていましたが、内容が魅力的だったのでスタッフのモチベーションは高かったです」とCGディレクターの岩崎朋之氏は語る。

企画が始まったのが昨年8月。9月上旬のCG打ち合わせを経て、10月下旬に撮影が行われた。3タイプあるCMのうち、Aタイプが12月中旬、1月中旬に残りが納品された。制作に携わったメインスタッフは6名、社内外のサポートメンバーを合わせると約15名ほどのスタッフが関わっている。

「全部で30カットほどですが、カットごとにシーンが変わるので使い回しが利かず、物量的には20シーン作っているのと同じくらいでした。CM映像の制作期間としては長い方だと思いますが、これくらいの時間をもらわないと難しかったと思います」と岩崎氏。

また撮影日が少し延びたことでプリビズをつめる時間ができ、制作前に細かい演出チェックを監督と行えたという。

プリビズでは、モーションキャプチャを使いミニミニマンの演技も演出されており、カメラワークから撮影現場でのグリーンバックの配置位置、レンズ構成までシミュレーションが行われている。

岩崎氏が以前CMをメインに制作を行なっていた経験から考えると、「こんなのあり?」という内容だったというが、監督とクライアントの信頼関係が非常に強く、制作側の心配は取り越し苦労に終わったという。

「力強さのある企画書で、『あなたを守る』、『NEED HELP?』というコピーが全て。今までのかわいいミニミニのイメージを変えてほしいというオーダーだったので、思う存分やりました。KIRIYAPICTURESのテイストがすごく出ている作品だと思います」と岩崎氏は語る。

それでは、TVCM三部作の代表的なショットのメイキングを紹介する。

01:綿密なプロプロダクション
制作を支えるコンセプトアートとプリビズ

本作の撮影では、地面以外の背景はほぼグリーンバックになるとCG打ち合わせの段階でわかっていたそうだが、制作期間を考えると、フル3DCGで背景を制作することは難しく、マット画を中心に効率良く背景を制作していく必要があった。

そこでどのように映像を構成していけばよいのかを検討するために、詳細なプリビズが作成された。

また同時に、画づくりの指針となるコンセプトアートも作成されている。このコンセプトアートを担当したのは、INEIの富安健一郎氏だ。

▲INEI富安氏が制作したコンセプトアート。映像を作るための情報が詰まっている

コンセプトアートを制作するにあたっては綿密なミーティングが行われ、舞台となる通りの道幅や賑やかさ、どういう格好の人がどれくらいいるのか、気温や湿度など、監督が求めるスモーキーな未来都市のイメージを実現させるための具体的で細かい内容が決められていった。

▲コンセプトアートを制作するために開かれたミーティングでは、コンセプトアートに描かれる要素の細かい設定が話し合われた。実際に実現可能な根拠のあるコンセプトアートであることが大事なのだという

「この作品を制作するまでコンセプトアートは作品の雰囲気を伝える程度のものだと思っていたのですが、コンセプトアートをつくる目的はそれだけではなく、現場の予算感やスケジュール感をなるべく明確にしていくためにも正確につくらないといけないと教えられました。正確なコンセプトアートをつくることで、現場でスモークを焚かないといけないとか、どのような衣装のエキストラを何人用意しないといけないとか、CGや美術部だけではなく様々な発注を行う演出部も助かったのではないでしょうか」と岩崎氏はコンセプトアートを制作する利点を語る。

プリビズ制作は、2ヶ月程度の時間を確保できたため、モーションキャプチャを使ってキャラクターの動きが作成されている。効率良く背景を制作するためのカメラワークや、キャラクターの演技内容まで細かく監督とつめることができたことで、現場での撮影だけでなく、本制作においてもキャラクターのアニメーションにプリビズのモーションデータを転用ができるなど、3DCG制作の効率化に非常に役に立っているという。

▲実写部分とCG部分に色分けされた絵コンテ


▲MOZOOで行われたモーションキャプチャの様子

▲モーションキャプチャを基に作成されたプリビズからの抜粋。キャラクターの動きなどは本番のCG制作に利用できるほどつくり込まれている

▲本作品のワークフロー。Maya、3ds Max、NUKE、Smoke、After Effectsがメインツールとして使用されている。撮影はRED EPIC 4KHDが用いられ、OCIOを使ってリニアワークフローで作業されている

▲OCIOを使うことで、After EffectsでもNUKEでも同じLUTを読み込んで作業できるため効率が良いという。図はAE用のOCIO設定

▲NUKE用のOCIO設定。設定が「Cineon」となっているのは、「REDlogFilm」と「Cineon」のガンマカーブが同一なため

02:キャラクターモデリング
岡崎能士氏デザインのキャラクターをCG化

プリビズやコンセプトアートの制作と並行して、登場するキャラクターのモデリングが行われた。

今回登場するキャラクターはMINIMINI MANと敵キャラクターだが、両キャラクターとも『アフロサムライ』などで知られる漫画家岡崎能士氏がデザインしている。

▲岡崎能士氏によるMINIMINI MANの設定画

▲(左)イラストを基に制作されたスーツはピクチャーエレメントの協力の下、PhotoScanを使ってデータ化された
▲(右)3DCGデータ化されたMINIMINI MAN。このデータを基にモデリングしていく

▲MayaでモデリングされたMINIMINI MANのモデル

▲レンダリング画像

MINIMINI MANのスーツは、ライブアクション用に制作されたため、PhotoScanを使ってスーツをデータ化し、そのデータを基にフリーランスの後藤美沙氏がモデリングを行なっている。飛んでいるカットや敵キャラと戦っているアクションカットでは、このCG化されたMINIMINI MANが使用されている。

ライブアクションで撮影されたカットでも、実写のアクターを消してCGに置き換えているカットもあるという。敵キャラのモデリングはPicapixelsの帆足タケヒコ氏が担当している。

▲岡崎能士氏による敵キャラの設定画

▲敵キャラのモデルデータ

▲敵キャラをレンダリングしたもの

▲敵キャラのバストショットのレンダリング画像

▲レンダリングはV-Rayを使ってOpenEXRでレンダリングされている。ライティングはIBLを使用して、グリーンバックで撮影されたスーツのMINIMINI MANのルックに合うように調整されている

「基となるデザインがイラストなので、このままつくってしまうと実写と合わせたときに説得力を出すのが難しい。そこで説得力のある造形が得意な帆足氏に頼みました。イラストにはないディテールや質感のつくり込みを自分でデザインしてモデリングしてもらえるので、話が早く、クライアントチェックでもほとんど問題なかったので助かりました」と岩崎氏。

プリビズで細かくキャラクターの動きやカメラワークを決めていたため、ディテールのつくり込み加減を上手くコントロールすることができ、デザインの割に工数をかけずに制作できている。MINIMINIMANも敵キャラもリグは自社開発したものを使用し、効率化が図られた。リグはプリビズで使用しているモデルと共通であるため、プリビズで作成したモーションをそのまま本番でも使用することができたのだという。

その他の連載