>   >  VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』(VFX制作:Zaxx)
ドラマ24『初森ベマーズ』(VFX制作:Zaxx)

ドラマ24『初森ベマーズ』(VFX制作:Zaxx)

4K解像度によるTVドラマのVFX制作は時間との闘いだ。柔軟なアイデアで効率化を図る、ドラマ24『初森ベマーズ』(テレビ東京系)のVFX制作現場における妙技を紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 205(2015年9月号)からの転載記事になります

いかにポスプロの時間を確保するか

今回のVFXアナトミーは、テレビ東京系列で現在放映されている乃木坂46主演のドラマ24(TVドラマ)『初森ベマーズ』のVFXワークを紹介する。

ドラマ24『初森ベマーズ』予告 #11

本作は下町の女子高生たちが取り壊しが決まった初森公園の工事を阻止すべく、地上げ屋の娘とソフトボールで対決するというスポ根コメディだ。ソフトボールの特訓や魔球など、VFXショットも満載で見どころのある作品となっている。本作のVFXワークを手がけているのが、VFXスーパーバイザー小林真吾氏と、名古屋を拠点とするZaxx。以前本連載で紹介した映画『忍たま乱太郎夏休み宿題大作戦!の段』(本誌180号)のVFX制作を担当したチームだ。

連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

前列左から、池田高士コンポジター、末松啓輔CGディレクター、大口実希CGクリエイター。後列左から、小林真吾VFXスーパーバイザー、道木一馬コンポジター、藤田憲史コンポジター、熊谷深理デザイナー、千口剛史営業

撮影は関東を中心に行われているため、撮影現場の立ち会いは小林氏が担当し、Zaxxとは主にオンラインでやりとりをしながら制作が進められている。本作の第1話の放送は7月10日(金)だったが、クランクインしたのは5月下旬であったためプリプロの期間もあまり確保できないなかでの制作となっているという。また、地上波ではHD解像度での放送になっているが、ひかりTVによるオンデマンド放送では4K解像度での放送となるため、多くのショットが4K解像度ベースでの制作となっている。

このようにスケジュールもタイトで、制作データも膨大になることが予想されたため、Zaxxではストレージなどを増強しデータ管理を徹底するほか、制作ワークフローも見直し窓口を一本化することで、伝達ミスなどがないように工夫しているという。「ワークフローを整理したことで、煩雑な指示なども洩れなく各スタッフに伝達することができており、非常にスムーズな制作が実現できています」とCGディレクターの末松啓輔氏は言う。

「今回の制作の中で一番厄介なのが時間。とにかく仕上げ時間を稼ぐためにはどうしたらよいのかということを考えないといけないので、オフライン前にデータをVFXチームに渡して作業に入ってもらっています。制作手法のアイデアを出し合うなど、いかに作業を効率化するかが大切です」と小林氏も語る。制作ボリュームは1話あたり平均20~25ショット、CGスタッフ3名、コンポジットスタッフ3名に加えて数名のアシストスタッフで制作が進められている。

それでは全12話のショットの中からいくつかのメイキングを紹介したい。

<1>高解像度を利用したデジタルカメラワーク

4Kベースの制作体制

前述した通り、本作は4K解像度を基本として制作が行われている。4K解像度の制作で問題になるのが、日々行われるショットのプレビューをどうするかという点だ。毎日監督に4Kデータを送って見てもらうことは難しいため、制作されたショットはサイボウズLiveにアップして随時フルHD解像度によるデイリーチェックを行い、修正内容などの情報を全体で共有。その後FTPサーバーにファイナルデータをアップして、ZaxxのサテライトオフィスGZ-TOKYOの4Kモニタを使って4Kでプレビューされている。

「4Kデータをネットワークでやりとりするのは効率的に疑問でしたが、ハードディスクにコピーして輸送する時間を考えると、夜中にアップし始めて朝チェックするというワークフローに落ち着きました」と小林氏は言う。4K解像度での作業は、膨大になるデータ容量やプレビュー環境などこれまでの制作環境に比べるとハードルが高い。特に今回のように東京と名古屋でポスプロとプレビューの環境が離れているような場合はなおさらだ。「4K解像度での映像編集程度であればこれまでのワークフローでこなせると思いますが、VFXショットに伴うマスク抜きや3DCGレンダリングなど様々な作業が絡んでくると大変です。ここのところ4Kでの作業が多いので慣れてきてしまっている部分もありますけどね」と小林氏は語る。

だが、4K解像度で撮影できるが故の利点もあるという。右に掲載した事例は、4K解像度で撮影された素材をAfter Effectsで動かし、カメラがPANする動きをポスプロで加えている。合成作業が多いためカメラワークを付けて撮影されてしまうと、トラッキングなど煩雑な工程が発生してしまうショットだが、4K素材であればカメラがFIXした状態で合成などの加工を行い、デジタルでカメラワークを付けることができるのでとても効率良くカメラワークのついたVFXショットを作成することができるという。

例えば、体育館での訓練シーンではボールの動きに合わせてカメラワークが付けられている。

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

▲(左)4K解像度のフィックスで撮影された実写プレート/(右)実写プレートに3DCGによるピッチングマシーンのアニメーションを合成

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

▲加工されたプレートをAfter Effects(以下、AE)で動かしカメラワークを作成した完成連番

打球がホームランの看板にヒットするというバッティングセンターのシーン。ワイドレンズで撮影した4K 素材に看板を足したり不要なものを除去した後、ポスプロでカメラワークを付けている。カメラが90度近く振られているように見えるがFIXの映像をスライドさせているだけだ。

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

▲(左)実写プレート/(右)実写プレートを加工したもの

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』
  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

  • 連載VFXアナトミー:ドラマ24『初森ベマーズ』

▲AEでカメラワークを付 けた完成連番

▶︎次ページ:<2>膨大なマスク作成によるシーン構築

その他の連載