>   >  検証!慣性式モーションキャプチャ MVN:検証! 慣性式モーションキャプチャ「MVN」第1回:セットアップから撮影まで
検証! 慣性式モーションキャプチャ「MVN」<br />第1回:セットアップから撮影まで

検証! 慣性式モーションキャプチャ「MVN」
第1回:セットアップから撮影まで

[PR]

読者の中には「モーションキャプチャ(以下、MOCAP)で撮影」と聞くと、MOCAPスタジオを探し出し各種スケジューリングに走り回らねばならない、あるいは多額の投資を行い自社内に本格的なスタジオを設ける必要がある、などと思われている方も多いことだろう。オランダのXsens社が開発するモーションキャプチャシステム「MVN」は、慣性センサにより動きをキャプチャするという独自の概念を持ったシステムで、光学式MOCAPで必須となってきた特別な施設や撮影までにいたる複雑なセッティングを必要としないことを特長としている。今回から複数回に分けて、MVNの実力を検証していく。

非常にコンパクトなMVN

まずは、ページトップのプロモーションムービをご覧頂きたい。スカイダイビングに、フィギュアスケート、クライミングといったシチュエーションのように、アクターに激しい動きを要請したり、撮影のセッティングが困難な状況でも、モーションデータの取得が可能であることが分かってもらえるだろう。カメラレスかつスタジオレスのMVNは、モーションキャプチャの既成概念を覆す存在と言える。では、このMVNをCG映像制作現場のワークフローで運用した際、実際にどのようなメリットが得られるのか、セッティングからキャリブレーション、撮影、そして撮影後のデータ運用はどういった工程を踏む必要があるのか。まず第1回目として、MVNを"なんの変哲もない"会議室に持ち込み、セットアップから、キャリブレーション、撮影まで試してみた。

まず驚かされたのが、MVNのシステム一式が非常にコンパクトであること。届けられたコンパクトなスーツケース1つの中には、アクターが着るボディスーツとセンサ、送信/受信機、バッテリ等が綺麗に収められている。データ取り込み用のソフト「MVN Studio」の入ったノートPC1台を加えれば、MOCAPに必要な一式が全て揃ったことになる。ちなみにスーツ1着あたりのセンサ数は17個(スーツ内×12、両手各1、両足各1、頭部×1)。またシステムには予備のセンサも1つ同梱されているので、刀やライフル等の小道具で使用したい場合などに重宝しそうだ。

非常にコンパクトなMVNその1

ケースを空けたところ。スーツ、センサ、受信機の全てが収まる
 

非常にコンパクトなMVNその2

MVNのケース(左)は機内持ち込み可能なサイズ(W559×H351×D229mm)なので、まさに場所を選ばずMOCAPが行えてしまう(許可を得る必要はあるが......)。専用のボディスーツ(右)は、伸縮性が高く、動きを妨げないポリウレタン弾性繊維ライクラ素材が採用されている。アクターの体型に合わせ、S/M/L/XL/XXLの5種類を用意

簡単なセットアップ

続いて、スーツケースから専用スーツを取り出し、アクターに着替えてもらった。今回、アクターさんには更衣室で一人で装着してもらったのだが、ものの5分でスーツの装着が完了した。スーツ内には、腕や手首付近など全11箇所に予めセンサが取り付けられているものの、人体工学に基づいた設計がなされているため、レビューに協力してもらったアクター自身も「スーツに違和感はほとんど感じられず、動きにも制約がない」と語っている。

スーツ装着後、両手、両足、頭部にセンサをバンドで留めていく。スーツや手足、頭に取り付けられたセンサから得られたデータは、背中に取り付けるバッテリ一体型の送信機に集められ、ノートPCに接続した受信機に送られる仕組みとなっている。これらバンドも専門スタッフの介助なく、アクター自身で着用できた。これでアクター側のセットアップは全て完了。MVNのキャリブレーションを済ませた上で実際に撮影を行なってみた。

Review02簡単なセットアップ Review02簡単なセットアップ

全身装着完成。センサの付属した専用のグローブ、頭部のバンドに加え、足はスニーカーであれば紐に装着できるパーツを用いてセンサを装着可能。なお。状態総重量は2Kg以下となっており、アクターには必要以上の負荷がかからない。加えてカメラの概念がないので、スーツの上に衣装を着用することもできる

Review02簡単なセットアップ

データの送信とバッテリが組み込まれたパックは、背中に2つ専用のポケットに入れるだけで終了。バッテリは1個につき単三乾電池4本で稼働し、連続稼働時間は約3時間。専用の充電器があるので長時間のロケにも対応できるだろう

その他の連載