>   >  VFXアナトミー:映画『天空の蜂』(VFX制作:エヌ・デザイン)
映画『天空の蜂』(VFX制作:エヌ・デザイン)

映画『天空の蜂』(VFX制作:エヌ・デザイン)

約1年を投じて作り上げた、原発をテーマとした重厚なシリアスな作品、映画『天空の蜂』を支えるVFXを紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 206(2015年10月号)からの転載記事になります

今回のVFXアナトミーは、エヌ・デザインがVFX制作を担当した、映画『天空の蜂』のVFXショットメイキングを紹介する。本作は、遠隔操作でハイジャックされた超大型ヘリ「ビッグB」を使った原子力発電所へのテロに立ち向かう人々のドラマを描いた作品だ。ビッグBはもちろんのこと、テロの舞台となる原子力発電所「新陽」も架空のものであるため、3DCGで制作されたアセットが利用されている。それにより制作されたVFXショットも1,000ショット近い作業量になったという。

映画『天空の蜂』予告篇90秒

VFXの制作が始まったのは昨年の5月。台本を基にしたロケハンから始まり、6月には絵コンテの内容からプリビズが作成され、VFXショットの検討が行われた。
「プリビズをつくりながら、どのように実写とCGを切り分けていくかをプランニングしていくのですが、ビッグBがフル3DCGとなるのは当然なのですが、背景もフル3DCGになるカットが多く、それをどのように制作していくかが課題になりました。監督からは、話の内容がコメディではなくシリアスな話なので、画にリアリティがあることが第一条件だと言われていました」とCGIディレクターの阪上和也氏は語る。

「制作が始まった頃はリアルに見せるという点でなかなか思うようにいかず、試行錯誤が続きました。われわれに経験のないところは各方面のスペシャリストにアドバイスをいただいています」とVFXプロデューサーの藤田卓也氏はふり返る。
エヌ・デザインでは、完全な分業体制を採っているわけではないが、モデラー8名、リガー1名、アニメーター4名、エフェクト5名、コンポジター8名で実制作を担当し、約5社の外部プロダクションが参加している。また、技術的なノウハウはその分野の著名なアーティストからアドバイスをもらっているという。

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

前段左から、林 弘倫、永田泰子、阿美伸一コンポジットディレクター、阪上和也CGIディレクター、基荘一郎、奥平智也。中段左から、井達麻未、加藤志帆、伊藤絵里加、宮前よし子、藻垣香子、森下陽一、妹尾真澄、柴亜佳里、朝倉 怜、福田林太郎。後段左から、岩﨑朋之、岡野良久、鈴木隆一、不破香織、早坂 渉、安井智太郎、山本智彬、森 智章、寶村雅彦(敬称略)

「これまであまり経験したことがないような大変な作品だったのですが、大人数で巨大なボリュームの作品を作るにあたって、データのつくり方ひとつとってもワークフローを見直す良い機会になったのではないかと思います。非常に大変だったのですが、プロダクションとしてやれることの幅が広がっていくのが楽しい作品でもありました」と阪上氏は作品が終わっての手応えを語ってくれた。

それでは、エヌ・デザインが総力をあげてチャレンジした代表的なVFXショットを紹介する。

<1>スケール感にこだわったビッグBのモデリング

ビス1本にもこだわったモデリング

本作のVFX作業の中で、最も注力されたポイントが超大型ヘリ「ビッグB」の3DCGモデルだという。ビッグBは物語の核となる存在であるため、リアリティが要求されることとなった。ビッグBのモデルは昨年6月から、美術スタッフが作成した図面を基にモデラーの不破香織氏を中心にモデリングが開始されたが、ひと筋縄ではいかない作業となったという。

「登場するもうひとつのヘリである自衛隊機のBell412の機体は、実物のリファレンスがあったのですんなり完成したのですが、実物がない分ビッグBはディテールのつくり込みが難しく、何度も改修をくり返しました」と阪上氏は言う。
昨年11月に一度モデルが完成してカット制作に入ったのだが、リアリティに満足できず12月後半から1月後半までで全体を通して見直し、改修を行なっている。この改修作業では、何人かのスタッフでヘッド部担当、ボディ担当、後部担当とモデルのディテール足しを分担し、不破氏がそれらをまとめて整合性をとりながら全体のバランスを調整していったという。

「ローターのような複雑な構造を必要とする部分では、既存のヘリの写真を基にモデリングしていったのですが、構造がわかりにくく苦労しました。特にビッグBはスケールがまったくちがうので、スケールにあったディテールをモデリングするのが非常に大変でした」と不破氏。
ビッグBはショットによってかなりアップで登場するため、ボディのビスなどをテクスチャで描いてごまかすということができず、全てジオメトリで作成しているなど、リアルなスケール感を表現することに非常にこだわったモデリングになっている。

  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』
  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』
  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<1> ビッグB全体のワイヤーフレーム。一連の3DCGワークにはMayaを使用。ボディを構成する鉄板もジオメトリで構成されている

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<2> 底部のディテール。ビッグBは原発上空でホバリングしているショットが多いため、底部のディテールは特に念入りに作成されている

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<3> ビッグB格納庫部分のディテール。格納庫部分はセットでもつくられているが、ショットによっては格納庫内も見えてしまうため、セットに合わせて詳細がつくり込まれている

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<4> 最も苦労したというローター部分のディテール

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<5> タイヤ部分のディテール

連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<1> ローター部分のリグ。リグのセットアップもビッグBのリアリティを表現するひとつの要素となっている。「本物のヘリのローターの挙動を再現し、なおかつできるだけ自動で動くようにセットアップを実現しています」とリガーの寶村雅彦氏が語るように、回りはじめの羽根のしなりや、回転速度に応じたローターの軸の傾きなどもリアルにつくり込まれている。

  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』
  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』
  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』
  • 連載VFXアナトミー:映画『天空の蜂』

▲<2> ローターを回転させた場合の挙動

次ページ:<2>ビッグBのルックデヴ

その他の連載