>   >  VFXアナトミー:映画『バクマン。』(VFX制作:ピクチャーエレメントほか)
映画『バクマン。』(VFX制作:ピクチャーエレメントほか)

映画『バクマン。』(VFX制作:ピクチャーエレメントほか)

人気コミックスの「バクマン。」を基に、 漫画原作映画の新たな表現に挑む。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 207(2015年11月号)からの転載記事になります

プロダクションそれぞれの持ち味を活かした映像制作

今回のVFXアナトミーは、映画『バクマン。』のVFXメイキングを紹介する。本作は高校生漫画家、真城最高(佐藤健)と高木秋人(神木隆之介)のコンビが週刊少年ジャンプの連載をめぐり切磋琢磨する物語だ。これまでアニメ化もされている漫画作品の実写映画化ということで、映像化のハードルがとても高い作品であるが、プロジェクションマッピングやモーショングラフィックスを効果的に利用した映像演出によって、これまでにない納得のいく漫画原作の実写映画に仕上がっている。本作のVFX制作は、モーショングラフィックスを使用したバトルシーンを中心にWOW、プロジェクションマッピングを使用した漫画執筆シーンを中心にアンドフィクション、エンドタイトルを中心にeaseback、その他のコンポジットをピクチャーエレメントとマリンポストが担当している。

1枚目左から道木伸隆VFXスーパーバイザー(ピクチャーエレメント)、上田大樹ディレクター(アンドフィクション)、阿部伸吾VFXディレクター(WOW)、堀尾知徳VFXディレクター(マリンポスト)、松元遼VFXコンポジター(マリンポスト)。2枚目 森 諭 映像作家(easeback)

「劇中では主人公たちが4人の漫画家たちと競いながら漫画を描いていきますが、映像を制作しているぼくらもお互いの得意分野の中で切磋琢磨している感じでした」とWOWの阿部伸吾氏は言う。各社のマネジメントはVFXスーパーバイザーの道木伸隆氏がまとめて制作が進められた。「作品のストーリー的にひたすら漫画を描いているというシーンが多いので、この地味に漫画を描いているという作業風景をいかにビジュアル化するか、各プロダクションの持ち味を活かして制作をお願いしました。本当にいろいろな味が入っている作品なので、そこが見どころになるのでは」と道木氏は語る。

「プロダクションごとにかなり毛色のちがう表現をしているのですが、それぞれが得意な分野を純粋に追求できたことが、上手く1本の映画の中に収まって表現できていると思います。作品をつくり出す努力や情熱がテーマなので、映像をつくっているわれわれも主人公たちに感化されてがんばりました。観ている人も何かしらの感動を感じてもらえるのではないでしょうか」と本作の手応えを阿部氏は話す。最高や秋人の漫画を描く情熱や葛藤を、モーショングラフィックスやプロジェクションマッピングを使ってビジュアル化した試みは、アニメ版ではなし得なかった実写版『バクマン。』ならではの表現だ。それでは、各プロダクションの試みを紹介したい。

<1>ドラマ演出を支えるコンポジットワーク

ロケーションをつくり出すVFX

現代劇においても、ドラマの季節感やロケーションをつくり込むために多くのVFX作業が発生する。本作では、これらのドラマ部分のコンポジット作業をピクチャーエレメントとマリンポストが担当した。右に紹介するショットは、最高と秋人が漫画制作の作業場にしている部屋があるマンションの外観で、実在するマンションをクレーンを使って撮影しているのだが、部屋の中の芝居を見せる必要があるためスタジオセットで撮影した外観を、撮影された実写プレートに合成している。

ロケーションで撮影したカメラの角度や距離などは、スタジオセットで撮影する際に正確に再現する必要があるため、ロケーションでは細かいカメラデータや測距結果を記録し、スタジオ撮影で利用している。ショット作成の段階では、このショットのほかにも数ショット仕事場の外観を合成したショットがあったのだが、残念ながら外観のショットはこのショットだけになってしまったという。

▲<1>ロケーションで撮影したマンション外観のプレート

▲<2>スタジオに制作された最高と秋人の仕事場のセット。 ロケーションで撮影したカメラ条件に合わせてカメラを設置して撮影している

▲<3>スタジオ撮影した外観プレートをマスクした素材

▲<4>マンション外観のプレートにスタジオで撮影した素材を合成したもの

▲<5>屋根部分を修正した完成ショット

VFXで季節感をつくり出す

合成作業の中で地味に難しかったのが、演技している役者の吐く息を白くするエフェクトだったという。本作のシーンの中には、季節設定としてクリスマスシーズンも含まれているが、撮影は5月から6月の間で行われているため、役者の吐く息を白くして季節感を強調するための演出はコンポジットで処理されることになった。この白い息は黒バックで撮影した実写のスチームの蒸気素材が使用されている。「実写に白い息を乗せる場合、濃度の調整が非常に難しく、あまりがんばって乗せてしまうと、とって付けたようなエフェクトになってしまう」のだとか。



古書店の外で漫画本を立ち読みする最高のシーン。

▲<1>実写プレート

▲<2>黒バックで撮影したスチームを使った息素材

▲<3>息を合成したくない部分をマスクしたプレート

▲<4>息素材を合成した完成ショット。非常に薄く合成されているが、この微妙な濃度がリアリティを生み出している

その他の連載