>   >  VFXアナトミー:映画『海難1890』(VFX制作:東映アニメーションほか)
映画『海難1890』(VFX制作:東映アニメーションほか)

映画『海難1890』(VFX制作:東映アニメーションほか)

日本・トルコ合作の大作映画『海難1890』の海洋エフェクトに挑んだ東映アニメーションのVFXワークを紹介する

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 209(2015年12月号)からの転載記事になります

新しいワークフローで長編映画のVFX制作に臨む

今回のVFXアナトミーは、映画『海難1890』のVFXメイキングを紹介する。本作は1890年9月オスマン帝国(現トルコ共和国)からの親善使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」が和歌山県樫野崎で台風により大破し沈没したが、地元住民の献身的な救助活動によって、当時としては世界最大規模の事故でありながら69名の乗組員が救助された物語と、1985年に起きたイラン・イラク戦争時のテヘランで日本人脱出に手助けしたトルコの人々の物語を描いた、日本とトルコ共和国の合作長編映画だ。台風に荒れ狂う海や樫野崎の村の構築などVFXによる見どころも多い。

映画『海難1890』予告2-A

VFXを担当したのは東映アニメーションのデジタル映像部だ。エルトゥールル号のCGアセットはトルコのCherryCherry VFX(本社:イギリス)が作成し、データを共有した。約400のVFXショットのうち100ショットが海関連のショットだという。実際のショット制作が始まったのが2015年3月から。トルコ編は、海外ロケが終わりピクチャーロックした後、8月にショット制作をスタート。2ヶ月で約250ショットを作成することになった。過去いくつかの作品で嵐の海のエフェクトが作成されていたが、海外のプロダクションに委託される場合も多く、これほどのエフェクトを国内プロダクションで作成するのは珍しいとのこと。また、ワークフローにおいてもチャレンジが多い。

前列左から、芦野健太郎、馬場拓己、松本涼一、鎌田匡晃、八巻豊、吾妻宣紘(スタジオ玄)。中列左から、小倉裕太、谷口嵐丸、遠藤龍一、森重孝太、富安勝人、中田俊裕、李龍昌。後列左から、福長卓也、増田順也、中島中也、北川茂臣(フリーランス)、田口工亮(フリーランス)、稲葉成人(JUNESEP)。以上、特記以外東映アニメーション(敬称略)

「本作の制作は4K解像度ベースで行われており、ファイル形式もACES/OpenEXRで統一して作業しています。4Kでの制作は過去の実績もあるので問題ないのですが、この規格による制作は弊社としても初挑戦でした。このワークフローはハリウッドではスタンダードになっているものの国内での運用例がほとんどなく、ACES/OpenEXRを使うことで撮影から編集、VFX制作まで同じ色環境で進められるというメリットはありましたが、不慣れだったこともあり作業していく中で改善していきました。今後もさらなる改善に努めます」とVFXディレクターの鎌田匡晃氏は語る。課題を残したというが、これから主流になっていくであろう新しいワークフローで制作された本作は、今後の映像制作の指標となるだろう。それではVFXショットの中から代表的なショットのメイキングを紹介したい。

<1>プリプロダクション

嵐の表現をいかに効率良く作成するか

プリプロの段階で、激しい嵐のシーンの海はCGで作成すること、エルトゥールル号はミニチュアを使うことが決まっていたので、ミニチュアを使った嵐のシーンを撮影する前に、簡易に作成したエルトゥールル号のCGアセットを使って海洋エフェクトのテストを兼ねてプリビズを作成し、プランニングが行われた。プランニングでは嵐のシーンの監修を務める特撮研究所の佛田洋氏を中心に、CGであれば何ができるかを細かく打ち合わせしたという。

「嵐のときの挙動や帆の状態、帆の操作など、実際はどうなのか確認をしながら絵コンテを起こしてもらい、撮影に臨んでいます。帆の段階的な畳まれ方や、帆の状態などは基本的な設定と矛盾しないように撮影されていますが、シーンによっては画的な見映えを優先している部分もあります。ミストや水飛沫などの一部もセットでミニチュアと同時撮影していますが、CGで海面や波を作成する場合に破綻しないよう、カメラアングルなどの調整を現場でお願いさせていただくなどしました」と鎌田氏は話す。

ショットによっては水飛沫がミニチュアを覆うような、コンポジット作業にとっては非常に難しい実写プレートとなったが、PFTrackなどのオブジェクトトラッキングを有効活用して、海面などをシミュレーションした後にNUKEでコンポジットされている。

▲<1>ミニチュア撮影に先立って作成された嵐の海のテスト画像。台風が強まる中、だんだんと波の高さや風の強さが変化していく過程も表現するために試行錯誤が行われた。

▲<2>このように嵐は海の波の高さだけでの表現ではなく、雨や風、風で海面が飛ばされて起こるミストなど、多くの要素を足しながら激しい嵐の海を表現している

エルトゥールル号のミニチュアを使った撮影風景。ミニチュアは1/17のスケールで作成されている。船に被る波などは実際に放水して撮影が行われた。船の揺れは油圧ではなく人力で動かしている。多くのショットがハイスピード撮影されたため、撮影スピードにあわせて船を動かすスピードも調整されたという







次ページ:
<2>エルトゥールル号を呑み込む荒波をつくり込む

その他の連載