>   >  VFXアナトミー:放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』(VFX制作:NHKほか)
放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』(VFX制作:NHKほか)

放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』(VFX制作:NHKほか)

人気ファンタジー小説『精霊の守り人』を実写ドラマ化。 アジア的な世界観と異世界ファンタジーをVFXで構築する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 212(2016年4月号)からの転載記事になります

誰も観たことのない世界を映像化する難しさ

今回のVFXアナトミーは、NHK放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』を紹介する。本作は上橋菜穂子氏原作小説を、アジア的な舞台の中でくり広げられる異世界ファンタジーとして見事に実写化している。自然景観を舞台にしたアクションや、異世界のエフェクト表現、4K解像度での3DCGによるクリーチャー制作など、VFXの見どころが多い作品だ。

世界観構築に関して片岡敬司監督は「思い描いていたのは"もうひとつのアジア大陸"です。標高0mから8,000mまでダイナミックに舞台の振り幅をとって、アジア各国の多彩な文化をパッチワークのように再構築して作り上げた世界。ファンタジーと呼ぶにはリアル、リアルと呼ぶには壮大すぎる、そしてどこか懐かしいアジアの香りがする世界です。

ストーリーの中には魔物や精霊が登場しますので、リアリティを踏み越えた大胆な表現もしますが、常に意識しているのは、アジア人にとって感覚的にリアルかどうかです。例えば、全てのものに神は宿るという感覚。私たちの心の中には、どこかそれを受け容れている部分がありますよね。そこにフィットしていればリアルだろうと。そのようなアジア民族の五感の記憶に訴えかけるような画をつくってほしいと、ひたすら言い続けてディレクションしてきました。

ストーリーの暗示する意味や、各人のアジア体験など、表現テクニックにとどまらず、みんなでとことん話し合って土台から築き上げたVFX表現ですから、どのカットにも思い入れがあって、それぞれの担当者の根性ドラマがあります(笑)。今後のシーズンは第1部の経験を踏まえて、もっと実写を組み合わせたパワフルな表現ができないかと試行錯誤しています。成長する"もうひとつのアジア"をぜひ楽しんでほしいですね」と語る。

担当プロデューサー(兼VFXプロデューサー)の結城崇史氏は「この世界観は誰も見たことがない世界なので、現場でのイメージ共有は難しいのですが、制作がここまで進んできてやっとみんなが同じ画を共有できるようになりました」と話す。4K解像度でのファンタジー作品ということで、難しい点も多かったというが、とても見応えのあるドラマとなっている。それでは、第1部から代表的なVFXショットのメイキングを紹介したい。

スタッフの紹介

  • 左から、片岡敬司、結城崇史

  • 左から、有田康剛、高橋佳宏



  • 後列左から、大川誠、ノブタコウイチ、山際一吉、田口工亮、北川茂臣/前列左から、竹本宏樹、安倍清、伊佐早さつき、前和佳子、中山剛志

  • 後列左から、田原史章、佐藤信吾、遠山祐一郎/前列左から、鈴谷亜紀子、黒木厚典、山崎崇



  • 左から、細野陽一、高波千恵子、進威志、鴫原和宏、島原優二

  • 左から、美佐田幸治、タチベエリ、護摩堂雅子、ロクサナ・リー、佐藤智幸(以上、敬称略)

<1>異世界のクリーチャーを創造する

4K解像度によるクリーチャー制作

本作の本格的なVFX制作が始まったのは2015年8月だが、ナユグの怪物ラルンガのデザインや絵コンテなどのプリプロ作業は、2014年の年末あたりから始まっていたという。

下に紹介しているカットは、ラルンガと森で戦うショットのメイキングだ。このラルンガのルックを決めるまでも、様々な試行錯誤が行われたという。まずは上がってきたラルンガのコンセプトアートから、3DCGモデルを作成し、そこから触手やラルンガ本体のディテールを詰めていった。制作はZBrushでベースモデルを作成し、質感は主にMudboxを使用してディテールを詰めている。

「触手のヌメッとした質感など、ルックデヴには非常に時間をかけて検討しています。多くの映像資料を参考にアーティストと検討しながら、想定される動きに対応できるようなモデルに落とし込みました。4K解像度でのキャラクター表現ということで非常に高いハードルでしたが、ドラマ史上かつてない高いクオリティを目指して制作してきました」とCGスーパーバイザーの有田康剛氏は話す。

今回はラルンガの全貌を紹介することはできないが、ぜひ放送でこだわりの仕上がりを確認してほしい。このラルンガが登場するショット制作でも様々な工夫がなされている。

撮影時には現場で簡易的なプリビズを行い、ラルンガの位置や芝居の目線など、スタッフや演者とイメージを共有していったという。また、背景制作では、スタジオのセットの写真を撮影し、その写真を基にイメージベースト・モデリングによって背景のアセットが作られている。『生命大躍進』でも使われた技術だが、背景をゼロから作るよりも効率が良く有効な手法だという。

▼森の中で、主人公たちがラルンガに遭遇するシーン

  • ▲ロケ撮影された実写プレート。触手の位置を示すマーカーをグリーンスーツのスタッフが持っている。消し込みが大変になるがリアルな演技には不可欠なものだという

  • ▲ラルンガの触手のCG素材。光沢のあるヌメリ感が強調された質感になっている

▲カラーグレーディングされた完成ショット

▼洞窟でのラルンガとの遭遇シーン

  • ▲イメージベースト・モデリングではテクスチャもリアルに生成されるため、背景の質感向上にも役立つという

  • ▲スタジオに作られたセットの大量の写真を組み合わせて作成された背景のアセット

▲高さ10m近いグリーンバックに囲まれたスタジオで撮影された実写プレート



▲ラルンガの触手や背景が合成された完成ショット

▲触手をMudboxで加工している作業画面。スケール感や動きに応じた構造など、細かいディテールがつくり込まれている

▶︎次ページ:
︎Houdiniによる異世界のエフェクト制作

その他の連載