>   >  VFXアナトミー:映画『テラフォーマーズ』(VFX制作:オー・エル・エム・デジタル)
映画『テラフォーマーズ』(VFX制作:オー・エル・エム・デジタル)

映画『テラフォーマーズ』(VFX制作:オー・エル・エム・デジタル)

不可能と言われていた漫画『テラフォーマーズ』の実写化を、三池崇史監督が実現。驚愕な世界の実写化を可能したVFXを紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 214(2016年6月号)からの転載となります

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

映画『テラフォーマーズ』予告編
© 貴家 悠・橘 賢一/集英社 © 2016映画『テラフォーマーズ』製作委員会

長年の信頼関係で実現した『テラフォーマーズ』の実写化

今回は三池崇史監督作品、映画『テラフォーマーズ』のVFXメイキングを紹介する。本作は火星移住を可能にするための惑星改造によりテラフォーマーと呼ばれる生物体が大量に繁殖し、それらを駆逐するために昆虫の能力を移植された15人のチームが火星に送り込まれ、テラフォーマーとの死闘をくり広げるという同名人気漫画作品の実写映画化だ。その内容から実写化は非常にハードルが高いとされてきた。この難しい作品の肝とも言えるVFXを担当したのが、長年三池監督作品に携わってきたオー・エル・エム・デジタルと各協力会社である。今回はオー・エル・エム・デジタルのVFXスーパーバイザー太田垣香織氏とコンポジット・スーパーバイザー橋本 聡氏、CGディレクター小俣隆文氏を中心にお話を伺った。


写真左から、小俣隆文氏、橋本 聡氏、太田垣香織氏、川出 海氏(以上、オー・エル・エム・デジタル)

本作のVFXショットは約870ショット。三池監督作品の中でもVFXショットが多かった映画『ヤッターマン』(2009)の約1,300ショットよりも少ないが、「映画の後半はほぼフル3DCG映画と言ってもいいほど」(橋本氏)というように、本作の方がVFXの内容的にも難しいショットが多く、パワーのかかる作業が続いたという。特に舞台がほぼCGで制作された火星のシーンは難しいシーンの連続だったそうだ。

ショット制作は、ショット単位で各プロダクションに割り振られているため、そのチェックも大変な作業だ。また、ポスプロ作業時期に三池監督が京都で別作品の撮影に入っていたため、今回は京都とOLM、各プロダクションをSkypeとフランキーという画面共有ツールで繋ぎ、毎日のようにチェックが行われたという。

「ショットの制作では、細かいことまで監督に聞いて制作するのではなく、こちらでいくつかのパターンを提案してその中から監督に選んでもらうということが多いですね。提案パターンを作るのは大変ですが、監督としては選びやすいので話が早いです」と橋本氏。「三池監督は自分のビジョンを押しつけるような、それほどこだわりが強い監督ではないのと、長年一緒にやっていてだいたい好みがわかっているので、たぶんこんな感じだろうという風に提案できます」と太田垣氏は言う。長年の信頼関係があってこそのワークフローだ。それでは、代表的なショットのメイキングを紹介したい。

01 テラフォーマーのモデル制作

ZBrushによるテラフォーマーの造形

本作に登場するテラフォーマーのほとんどは3DCGによるデジタルキャラクターとして制作されている。このテラフォーマーの出来次第で映画の印象が変わってきてしまうため、いち早く2014年夏にテラフォーマーのキャラクター制作が始まった。キャラクターデザインの寺田克也氏が制作したテラフォーマーのデザインを基にパイロット版を作成し、デザインが詰められていった。テラフォーマーのデザインは何度かの修正の後、現在のような原作漫画に近いデザインになったという。

テラフォーマーの3DCGモデルは主にZBrushを使って作成されている。テラフォーマーのモデルは、モーションキャプチャ用、アニメーション制作用、最終レンダリング用といった3段階のレベルのモデルが制作されているが、大量のバリエーションが必要になってくるためモデリングの物量も多い。撮影では、役者が中に入って演技できる実物大のテラフォーマーの造形スーツも制作された。これは先行して作成された3DCGモデルを基に、人間が中に入れるように調整したものだ。このスーツ型のテラフォーマーはアップショットで使用されたり、役者の目線合わせなどのガイドとして利用されている。

また、モデリングのガイドとして、テラフォーマーや昆虫形態に変異した状態の乗組員の造形が、ピクチャーエレメントにあるPhotoScanを使ってデータ化(フォトグラメタリー)された。PhotoScanのデータは、アクションシーンでのデジタルダブルや、昆虫形態のパーツの部分的な3DCGへの差し替えなどに使用する3DCGモデルのガイドとして利用されているという。

上の図は制作に先立ち作成された、火星で遭遇するテラフォーマーのイメージボード


ZBrushでモデリングされたテラフォーマーのモデル


完成版のテラフォーマーのワイヤーフレーム


レンダリングされた完成版のテラフォーマー


造形スーツ版のテラフォーマーと形状をすり合わせるため、PhotoScanを使ってデータ化もされている(左)。右は完成した最終モデル


検討用に3Dプリンタによるテラフォーマーのフィギュアも作られている

次ページ:
02 テラフォーマーの群衆アニメーション制作

その他の連載