>   >  Virtual Experiences in Reality:第4回:ソニーが独自に開発する「CLEDIS」ディスプレイシステム
第4回:ソニーが独自に開発する「CLEDIS」ディスプレイシステム

第4回:ソニーが独自に開発する「CLEDIS」ディスプレイシステム

2016年5月19日(木)、ソニー株式会社(以下、ソニー)は、極めて微細なLEDを用いた独自開発の高画質ディスプレイ技術CLEDIS™を採用したディスプレイシステムの発売をアナウンスした(※1)。このプレスリリース文では、「CLEDISディスプレイシステム」(以下、CLEDIS)により、既存のディスプレイで表現しきれなかった映像体験やよりリアルな映像再現が可能になることが示唆されていた。今回は、このCLEDISの登場により、今までのディスプレイに比べ視覚体験がどのように拡張されるのか見ていきたい。

※1:www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201605/16-053/

<1>LEDによるディスプレイ技術

ソニー独自開発のLEDを用いた高画質ディスプレイ技術CLEDIS(クレディス)では、極めて微細なR(赤)/G(緑)/B(青)のLED素子を自発光させるディスプレイ方式を用いている。そのRGBを1画素とするLED光源のサイズは、0.003 mm2と極小だが、最大1,000cd/m2もの高輝度出力を行うことができる。CLEDISの1ユニットは403x453mmの大きさを有し、前述のLED素子が1ユニット辺り320x360個並べられている。このような構成では、LED素子以外の発光しない部分面積の割合は99%以上となる。このように微細な発光部では、反射率が低い黒色の素地の割合が大きくなるため、環境光やLEDが発光した光の反射光の影響を受けにくくなる。そのため、公称100万対1以上のコントラストの表示が実現可能となっている。

  • 連載"Virtual Experiences in Reality"第4回:ソニー「CLEDIS」ディスプレイシステム
  • 光源サイズ 約0.003mm2、黒色が占める面積は99%以上と公表されている(※画像はイメージ)


一方で、映画で用いられてきたプリントフィルムのコントラストはどのようなものだったのだろうか。KODAK Vision 2383のプリントフィルムを例にとると、フィルムのD-レンジが3.2、約1,600:1のシーケンシャルコントラストを有す(※2)。これは現在劇場で用いられているデジタルシネマプロジェクターと同等のコントラストだ。KODAKが1977年に発表した Vision Premier は、D-レンジ3.6、4,000:1に迫るコントラストを有していた。しかし、ハイライト、ミッドトーン、シャドウなどを様々な明るさを含んだ画像をプロジェクションした場合、レンズなどの光学系で起きるベイリンググレアや、劇場の客席や壁から反射する迷光のスクリーン面への影響などにより、シャドウ部が持ち上げられてしまうため、見かけ上のコントラストはシーケンシャルコントラストより大きく下がってしまう(※3)。また、映画のスクリーンは100%に近い反射率を有すため、CLEDISの黒素地に比べ、反射光の影響が強くなるはずだ。もし、劇場にデジタルシネマで規定される48cd/m2のピーク輝度に設定されたCLEDISを持ち込めば、迷光の影響が減ることにより暗部がより締まり、フィルム上映に比べ、より高いコントラストでの映像体験となるだろう。

連載"Virtual Experiences in Reality"第4回:ソニー「CLEDIS」ディスプレイシステム

Color and Mastering for Digital Cinema, Glenn, Kennel, p.25

※2:Color and Mastering for Digital Cinema, Glenn, Kennel, p.23
※3:How Black is Black in a High Dynamic Range (HDR) Cinema?, Pete Rude, NAB Show's Technology Summit on Cinema 2015


▶次ページ:
<2>スケーラブルなディスプレイシステム

その他の連載