>   >  VFXアナトミー:映画『彼岸島デラックス』(VFX制作:テトラほか)
映画『彼岸島デラックス』(VFX制作:テトラほか)

映画『彼岸島デラックス』(VFX制作:テトラほか)

写実性とアクションホラーというエンタメ性を両立させるにあたり、VFXスーパーバイザーがアートディレクターを兼務したという意欲的なプロジェクトの実像にせまる。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 219(2016年11月号)からの転載となります

TEXT_村上 浩(夢幻PICTURES
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映画『彼岸島デラックス』予告編
higanjimadx.jp
©2016「彼岸島」製作委員会 PG-12

"スタイリッシュ丸太アクション"を実現させたVFXワーク

映画『彼岸島デラックス』は、行方不明となった兄の篤(鈴木亮平)を捜すため彼岸島に乗り込んだ主人公の宮本 明(白石隼也)が「彼岸島」にはびこる吸血鬼たちと死闘をくり広げるというアクションホラーだ。シリーズ累計700万部を誇る松本光司のベストセラーを原作とする本作は、前日譚を描いた全4話から成るTVドラマ『彼岸島Love is over』とのニ部構成となっており、キャストや設定の一部は2013年に放送されたTVドラマ『彼岸島』を継承しながらも、よりアクション性を高めたビジュアルを追求すべく新たな座組みで制作されたという。派手なアクションシーンだけでなく本作の大きな売りとなる3DCGベースで作成された巨大な邪鬼(おに)たちとの戦いなどVFXの見どころも多くなっている。一連のVFXは谷口充大VFXスーパーバイザー自身のスタジオであるテトラがリード。テトラ自体は30名規模のため、約500ショット(一部はTVドラマ専用)ものVFXを実現させるにあたっては、映画『進撃の巨人』のVFXを手がけた白組のチームをはじめとした国内外から10数のVFXスタジオの協力を得つつ、ポストプロダクションにも約1年を費やすというビッグプロジェクトとなった。

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

〈前列〉右から、上野大樹PM、谷口充大VFXスーパーバイザー/アートディレクター、森出和真コンポジットSV、原田英聡VFXプロデューサー/〈中列〉右から、田中悠也テクニカルアシスタント、川戸麻紀アニメーションSV、平田真一モデリングSV、西本広大アニメーター、高橋雅之PM、寺田 翔アニメーター/〈後列〉右から、木村紗弥花モデラー、河村正昭アニメーター、北元翔太PM、服部将英アニメーター、矢島礼菜コンポジター、高橋祐規TD、楊 佳凡アニメーター、白石絵莉子氏(制作協力)。以上、テトラ
tetra-inc.com

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

右から福井隆弘CGディレクター、谷口博昭デジタルアーティスト。以上、ユーフォニック
www.euphonic.co.jp

VFX表現のコンセプトはずばり"スタイリッシュ丸太アクション"。原作がもつ一歩まちがえれば荒唐無稽な、されど独特のワイルドさと痛快さをもつ邪鬼たちの表現を実写映画として成り立たせるにあたり、谷口VFXスープはアートディレクターも兼務しキャラクター造形や衣装デザインなど一括して担当。撮影前から監督やスタッフ陣と綿密な打ち合わせを重ねたという。また実写班の多くはVFXを多用した制作に慣れていなかったことから、数多くのコンセプトアートやアニマティクスを用意し、百聞は一見にしかずのかたちでVFX制作への理解と協力を求めたそうだ。「アクションシーンに挑む役者さんにとっても戦うCGの邪鬼たちがビジュアルとしてイメージできないと気持ちの良いアクションは生まれません。一番大切なのは明確なイメージを全てのスタッフが共有することなんです」と谷口氏が 語るように、本作のVFXは撮影、照明、衣装、美術など各スタッフとの連携プレーによって生み出されたのである。

01 実写撮影班との綿密な連携

VFXスーパーバイザーがアートディレクターを兼務する

本作の企画がスタートした2014年の初頭。製作委員会にも名を連ねるテトラでは、そこから約半年をかけてプリプロダクションが行われた。最初に着手したのが、コンセプトアートの制作でキャラクターが画面に並んだ際の見映えや配色も考慮しデザインが行われた。「"スタイリッシュ丸太アクション"という特撮ヒーローにも相通じる要素を感じさせるビジュアルを成立させるべく、キャストの衣装デザインは漫画原作のボロボロの綻びた出で立ちではなく華やかさや格好良さを取り入れた新しいデザインを考案しました。もちろん、原作者の松本光司先生が寛容な方で私たちの提案も快諾してくださったことも大きいですね」と語る谷口氏。また、テトラには2~3名で構成されたアートチームが存在し映画やCM、遊技機案件など様々なプロジェクトでコンセプトアートや絵コンテ、リアルタイム絵コンテなどを遊撃隊のように手がけており、アーティストの中にはZBrushによるデジタルスカルプトも行える人材もいるため、このチームの存在が谷口VFXスープがアートディレクターを兼務する上で強力な武器となった。コンセプトアートを参考にSFX班が作成した邪鬼のマケットや師匠の仮面などは実写撮影時にCG用のリファレンスとしてだけではなく照明の当て方などを検討するためにも用いられている。

2014年5月から8月中旬までの約3ヶ月という長期にわたり、庄内映画村(山形県鶴岡市)等で実写撮影が行われた。毎朝4時には起床し、5時から19時まで撮影という規則正しいペースを維持したという。実写班の中にはVFXに不慣れなスタッフもいるため、現場に「CGブース」と呼んでいた仮編集やテスト合成を行うための機材を持ち込み、撮影したその場で完成時のイメージをスタッフ間で共有したという。「撮影当初は邪鬼の大きさや位置、アクションなどなかなか理解してもらえずに苦労しましたが、機材を導入してからはCGと合成された画が瞬時に確認できるのでスムーズに撮影を行うことができました」と谷口氏はふり返る。さらにテトラでは「リアルタイム制作フロー」と呼ばれるワークフローの構築にも積極的に取り組んでおり、本プロジェクトでは初めてToon Boom Storyboard Proを導入。監督などとの打ち合わせの席で、その名の通り即座にビデオコンテを作成し、レイアウトや構成だけでなくアクションのタイミングや尺なども精査する体制を築いたという。

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

テトラのアート班が作成した絵コンテ(抜粋)。Storyboard Proを導入したことで、絵コンテとビデオコンテを同時並行で作成することが可能になったという

主要キャストの衣装デザイン案

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

吸血鬼化した村人のメイク案

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

撮影現場にセッティングされた「CGブース」。キャプチャボードやスイッチャー等のハードウェアはBlackmagic Designの製品をベースに、編集/合成ソフトはAdobe CCが利用された

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

小道具の美術設定の例

CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

テトラが作成した美術設定を下に作成された撮影用小道具

VFX班が作成したCGキャラクターモデル等のアセットをベースに作成された制作途中のマケット


ロケハン時に計測したデータを基に作成された仮3DCG背景モデル。実写撮影時に邪鬼のアングルや位置を確認することを目的に作成されたものだが、アニマティクス作成時のアタリとしても活用された

  • CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

    採掘場。太郎や痩身型邪鬼が登場するショット向け

  • CGW219連載「VFXアナトミー:彼岸島デラックス」

    宿場町。百目が登場するショット向け

次ページ:
02 〈邪鬼〉太郎のVFX

その他の連載