>   >  戦記『キャプテンハーロック』:第4回:キャラクター制作
第4回:キャラクター制作

第4回:キャラクター制作

今回は、多くの読者が強い関心を抱いているであろうキャラクター制作について解説する。ハーロック、ケイ(有紀 螢)、ミーメ、ヤッタランといった、松本零士が創り出した強い個性を放つキャラクターたちが、いかにして3DCGキャラクターとして"リブート"されたのか、プリプロから本制作までインハウスツールやワークフローを基にみていく。

ハーロック

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
映画『キャプテンハーロック』
2013年9月7日(土)全国ロードショー、原作総設定:松本零士/監督:荒牧伸志/脚本:福井晴敏、竹内清人/アニメーション制作:東映アニメーション、MARZAANIMATION PLANET
harlock-movie.com

section 01 Art
実はかなり様式化されている本作のキャラクターデザイン

背景やプロップと同様に、キャラクター制作においてもMARZA ANIMATION PLANET(以下、MARZA)のアートチームが3DCG作業を効率的に進める上で大きな役割を担ったという。そして、その象徴と言えるのがキャラクターチームとの密な連携によって実現した「マケット」の制作であった。


左から、森賀宏治リードアーティスト(フリーランス)、上野拡覚アートディレクター、梅田年哉リードアーティスト

1体目のマケット制作には半年を費やした

キャラクター制作においては、まず箕輪 豊コンセプトキャラクターデザイナーが描いたベースとなるキャラクターデザインを基に、上野拡覚アートディレクターが中心となり、3DCG制作向けのディテール追加やマケット制作の監修を担当。マケットとは、身長やシルエットなどキャラクター制作時の指針となるコンセプト3DCGモデルで、MARZAでは主にZBrushでスカルプトされたものを静止画として描き出し、アートチームが2Dベースで色やディテールを重ねるというながれで制作が進められた。
「フォトリアル路線と言っても、キャラクターデザイン自体は原作を踏まえた上で箕輪さんが描かれた独特のシルエットなんですよ。そこで、そのデザインを3DCGキャラクターに反映させるための橋渡しとなる資料が必要になったのです」と、上野氏はふり返る。


© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
CGWORLD短期連載/戦記『キャプテンハーロック』(第4回)特製トレイラー

キャラクターデザインの具体的な特徴としては、頭身は高いが実は胴が比較的長めで、細い腕と広い肩のメリハリがあり、手も大きめといった、松本零士先生が描かれた原作キャラのテイストを踏襲したものだったそうで、そうした特徴を損なうことなくディテールを設定することを心がけたそうだ。また、本制作に入った後も髪の毛のボリュームで印象が変わってしまったり、服を着せるとシルエットが変わってしまったりといった問題も発生したという。
「ですが、そうした問題に直面したときでもマケットの存在が大きかったですね。迷ったときに確かな基点になってくれたので、出口の見えないまま試行錯誤を繰り返すといった無駄を極力排除できたと思います」(上野AD)。
そのほかにも衣装デザインのディテールを設定する上では、「サーフェイシングパケット」と呼ばれた質感やディテールに関する資料を作成。さらに森賀宏治リードアーティストが「スタイルガイド」と呼ばれた資料を作成し、ジッパーや靴の先端形状、腕章、階級設定なども細かくデザインすることでキャラクターモデリングの効率化を支えたという。「ほとんど見えないと思うのですが(苦笑)、実はアルカディア号クルーの衣装デザインでは、ジッパーにドクロや背骨をイメージしたものを入れているんですよ」(森賀氏)。

ハーロック ハーロック ハーロック

箕輪 豊氏によるコンセプトキャラクターデザイン
映画『VAMPIRE HUNTER D』(2001)のキャラクターデザインなどで知られる、箕輪豊氏が描いたデザイン画の一例。本文でも触れた通り、頭身は高いが胴体も比較的長め、細い腕や広い肩、大きめの手といったデザインが印象的だ。キャラクタースーパーバイザーを務めた高橋恵介氏いわく、直線的な上瞼の形状も大きな特徴だという
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

ハーロック ハーロック ハーロック

マケット制作用の詳細デザイン
(上)マケット制作時にアートチームが作成した設定画。こうした資料を基にマケット制作が進められた/(下)マケットのキャラ対比表・正面
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

ハーロック ハーロック ハーロック

マケットのブラッシュアップ
(左上)ハーロックマケットの脚部分に対する監督修正/(右上)ケイマケットのプロポーションに対する監督修正/(下)色付 けされた完成マケットの等身比較。全8体が作られた
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

ハーロック ハーロック

サーフェイシングパケット
サーフェイシングパケットと呼ばれた、マケットの上に質感やディテールを追加したアートワーク
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック

スタイルガイド
スタイルガイドと呼ばれた、主にサブキャラに共通するパーツデザインなどをまとめた資料。形状や質感が細かく設定されている。「ガイアフリートの階級章もイチからデザインしています」(森賀氏)
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

その他の連載