>   >  「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)
「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)

「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)

<2>2016年は監督業とCGアニメーションの両輪で攻めたい

――さて、2016年はどんな年になりそうですか?

森江:すでにいくつか話は来ていて、ひき続き監督作品を発表することができそうです。ちょうど今、来年早々にWebで公開されるフルCG作品の制作をしています。蝶がモチーフの京都学園大学CMとちがって、今度は恐竜ネタなんですが、とても地上波では流せないような、かなり尖ったモノになっています。2016年はその作品を皮切りに、個人としての監督作品と、会社としてのCGアニメーションの両輪で攻めていきたいですね。

――監督という職業に思い入れを感じます。

森江:そうですね。CGアニメーターとして仕事を進めるうちに、監督志向が高まっていきました。世間の評価というのは良くも悪くも全て監督に向かいます。いくらCGを頑張っても、そこでの社会的価値や経済効果には限界があると感じました。もちろん、技術屋として腕を磨いていくのは素晴らしいことです。ただ僕は、もっと技術屋が主体となって映像作品を作れないかと感じていたので、そのためには自分が監督になるしかないなと思ったんです。その結果、最近は最後のMA作業まで立ち会えるようになりました。CG制作だけをしていたら絶対になかったことです。

トランジスタ・スタジオ 森江康太氏

――監督や演出家になるには、様々なキャリアパスがありますが、森江さんのようにCGクリエイターから監督になるケースは、まだまだ少数派です。

森江:僕はそっちの方が、現場のクリエイターもついてきやすいんじゃないかと思うんですよ。山崎 貴さんなども元々現場の方でしたし。アニメーションの世界では宮崎 駿さんも庵野秀明さんもそうですね。超一流のアニメーターでありながら、監督としても最高峰だという。比べることがおこがましいですが、自分もそうなりたいと思っています。

――他に2016年で興味のあるトピックはありますか?

森江:拡張現実(AR)のMagic Leapです。音楽プロデューサーでディスク・ジョッキー(DJ)であるフライング・ロータス/Flying Lotusが自身のインタビューで「2016年、Magic Leap」と語っていて、すごく興味を持ちました。今秋に公開された「体育館の床から水飛沫を上げてジャンプする鯨」や、机のまわりにロボットや宇宙が投影されている映像を見ると、ますますその思いを強くしています。もしあれが実現したら、映像業界は大きく変わります。

――では、ご自身の抱負や夢などはありますか?

森江:監督という立ち場を生かして、自分が尊敬できる人や、様々なアーティストと、もっと一緒に仕事がしたいです。自分が音楽をずっとやっていたこともあるので、ずっと好きなDragon Ashさんと一緒にやれたら最高です。舞台演劇も大好きで、ラーメンズの小林賢太郎さんの大ファンなんです。いつか一緒に仕事がしたいです。

――では最後に読者に向けて何かメッセージをいただければ。

森江:「技術屋であり監督」という人がどんどん増えてきているのに時代のながれを感じますし、個人が自由に作品を発表できる場も急速に増えてます。技術の追求をし続けるのはもちろんですが、それを活かせる作品自体を自分たちで作れるようになればこれほど楽しいことはないと考えてます。これからもいろいろなことにトライしていきますので、ひき続きよろしくお願いします。
でも、そうやって若い人がどんどん出てくると......ライバルが増えて困りますよね。やっぱり、あまり出てこないでください(笑)。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
PHOTO_蟹 由香 / Yuka Kani



  • CGWORLD大賞2015

    2015年にCG・VFXをはじめとする日本のデジタルコンテンツ業界で目覚ましい活躍をされた方々をCGWORLD編集部が独自視点で選出し、その中から大賞を決定することで、1年をふり返りつつ、業界の活性化につなげていく企画です。
    大賞は、2015年12月25日(金)に本サイトで発表します。


    ●詳細はこちら●
    cgworld.jp/special/award2015

Profileプロフィール

森江康太/Kohta Morie

森江康太/Kohta Morie

トランジスタ・スタジオ所属。ディレクター/CGアニメーター。CGWORLD本誌にて連載中の「アニメーションスタイル」著者。CGアニメーターとして「FREEDOM-PROJECT」などに参加し、今年放送されたNHKスペシャル『生命大躍進』をはじめ、多くの作品で、アニメーションディレクターを務める。また、ミュージックビデオやCMなどでディレクターとしても活躍中

0130.web(個人サイト)
@kohta0130(Twitter)

株式会社トランジスタ・スタジオ

株式会社トランジスタ・スタジオ

http://www.transistorstudio.co.jp

スペシャルインタビュー