>   >  「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)
「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)

「技術屋であり監督」を追求したい~森江康太(トランジスタ・スタジオ)~今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(1)

最近では、監督作である京都学園大学CM『アサキマダラの夢』(2015年度版)が公開されたほか、「SIGGRAPH Asia 2015」の「Computer Animation Festival」に同じく監督を務めたHigh speed boyz『I wanna rock』MVが入選をはたすなど、若手の気鋭クリエイターとして2015年も八面六臂の活躍をみせた森江康太氏(トランジスタ・スタジオ)。一連の功績を称え、「CGWORLD大賞 2015」候補者に選出された森江氏に、今年のふり返りや2016年の抱負などについて伺った。

<1>賛否両論あったテライユキの表紙

――森江さんにはCGWORLD200号記念号で表紙用にテライユキのCGを描いていただきましたね。

森江康太氏(以下、森江):最初にお話しを頂いた時は「嘘だろ」って思いましたけどね(笑)。テライユキが流行ったころはまだ高校生でしたし。そのためキャラクターのリサーチから始めました。ラフデザインを何枚か描いてみて、ファッション雑誌の表紙のようなイメージでいくことに決めました。

  • CGWORLD200号表紙
  • 森江氏の手によって復活したテライユキが表紙を飾ったCGWORLD200号記念号

――背景は東京駅の写真ですよね。

森江:ちょうど東京駅も開業100周年で、2020年には東京オリンピックも開催されますし、200号記念にぴったりじゃないかと。なにか東京らしさというか、時代性みたいなものを取り入れたかったんです。他に東京タワーの写真を使うなどのアイディアもありました。

――反響はいかがでしたか?

森江:賛否両論ありました。こんなのテライユキじゃないとか(笑)。逆にTwitterのタイムラインでは、懐かしいというコメントもよく見かけました。おそらく30~40代の方々がそのように書いてくださったんだと思います(笑)。

――2015年はどんな年でしたか?

森江:CM案件が増えました。もともとCGアニメーターからキャリアをスタートさせて、次第に監督業の比重を高めていきましたが、以前は人づてでオファーが来ることが多かったんです。それが弊社宛に業務発注される案件が増えて、少しは認知度も上がってきたのかなと。京都学園大学のTVCMなどは、そうした例ですね。ローカルCMですが地上波でオンエアされて、かなりの投下量だったと聞いています。

森江氏が監督を務めた京都学園大学のCM。【Web限定】『アサギマダラの夢』~京都学園大学 2015年度テレビCMシリーズ~

High speed boyz『I wanna rock』MV(SIGGRAPH Asia 2015「Computer Animation Festival」入選)

セル・シェーディングやフォトリアリスティック、そしてそのどちらでもない様式美あふれる表現など、多彩なビジュアルをつくり出せるのが森江氏の強みだ


――監督業以外ではいかがでしょうか? NHKスペシャル『生命大躍進』のCG映像制作にも参加されました。

森江:古代生物や恐竜のCGアニメーションを作成させていただきました。NHKスペシャルで扱われるので、動きについてはかなり厳しい監修がくると覚悟してましたが、私たちの作った動きをほぼそのまま放送していただけたので、逆に驚きましたね。ただ、自分なりに勉強はしたんです。骨格の形状や現存する動物の動きをかなり研究し、推測しながら作りました。

――生命大躍進はCGの制作陣も豪華でしたね。

森江:そうなんですよ。田口工亮さん、森田悠揮さん、福田裕也さんなど、モデラー陣も超一流で。こりゃ動かす方も負けてられないなと。リグは神央薬品さんに組んで頂いただけたので、とても助かりました。

――それは珍しいやり方ですね。

森江:はい、ふつうは元請けになるCGスタジオから外注されるか、そのスタジオにCGクリエイターが出向して作るケースが多いんですよ。逆に得意分野が異なる制作会社が何社か集まってつくると、個性が強すぎて空中分解してしまうリスクも高まります。今回はNHKの松永孝治さんと高畠和哉さんが、うまくまとめてくださって。各スタジオの個性を尊重してくださる感じが伝わってきました。

――生命大躍進は4K映像でしたが、実際に制作されていかがでしたか?

森江:うちはアニメーション作成だけだったので、それほど大変ではありませんでした。ただレンダリングは大変だったと思いますね。国内でも随一の規模を誇るレンダーファームを備えた、NHKならではの企画だったと思います。

▶次ページ:<2>2016年は監督業とCGアニメーションの両輪で攻めたい

Profileプロフィール

森江康太/Kohta Morie

森江康太/Kohta Morie

トランジスタ・スタジオ所属。ディレクター/CGアニメーター。CGWORLD本誌にて連載中の「アニメーションスタイル」著者。CGアニメーターとして「FREEDOM-PROJECT」などに参加し、今年放送されたNHKスペシャル『生命大躍進』をはじめ、多くの作品で、アニメーションディレクターを務める。また、ミュージックビデオやCMなどでディレクターとしても活躍中

0130.web(個人サイト)
@kohta0130(Twitter)

株式会社トランジスタ・スタジオ

株式会社トランジスタ・スタジオ

http://www.transistorstudio.co.jp

スペシャルインタビュー