>   >  「世界を驚かすモバイルゲーム開発で中核スタッフを募集」~スクウェア・エニックス探訪2017(後編)『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』編~
「世界を驚かすモバイルゲーム開発で中核スタッフを募集」~スクウェア・エニックス探訪2017(後編)『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』編~

「世界を驚かすモバイルゲーム開発で中核スタッフを募集」~スクウェア・エニックス探訪2017(後編)『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』編~

[PR]

「最高の『物語』を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」ことをミッションに掲げ、さまざまなゲーム開発を進めるスクウェア・エニックス。同社の大阪支社では、「スクウェア・エニックス×イマジカデジタルスケープ共同プロジェクト」として、開発スタッフを募集中だ。今回、各職種のスタッフに職場の雰囲気や魅力について聞く機会を得たので、前後編の2回に分けてお届けする。


後編ではスマートフォン向けのアクションRPG『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』(以下、『エクスプローラーズ フォース』)制作チームで働く、堀木慎也氏との岩水亜沙香氏に登場いただく。コンソールゲームに迫るクオリティで鋭意開発が進められている同作で求められている人材像や、実際の働きぶりなどについて話を聞いた。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_和多田 浩 / Hiroshi Watada

<1>自分のやりたいことを尊重してくれる社風

――簡単な経歴について教えてください。

堀木慎也氏(以下、堀木):デザインの学校を卒業後、在阪のゲーム会社で10年ほどアーティストとして勤務しました。その後、幼少期から憧れだった弊社に入社し、本作の開発に参加しました。現在はデザイン部門のゼネラリストとして武器やモンスターのコンセプトデザインから、実際のモデル制作、さらには外注管理やデザイン監修など、幅広い業務に携わっています。


堀木慎也氏

岩水亜沙香氏(以下、岩水):ゲーム会社でプランナーとして働きつつ、進捗管理もこなしていました。コンソールとモバイル、開発と運営、さまざまな業務を担当しましたね。その後、管理業務の方が向いているのではないかと思うようになり、たまたま求人をみて、転職しました。現在はプロジェクトマネージャーとして、予算・進捗・品質管理などを行なっています。

――岩水さんは転職して4ヶ月、堀木さんは転職して2ヶ月とお聞きしました。

堀木:そうなんですよ。転職ほやほやなんですが、すでに主要メンバーのひとりとして、バリバリと働いています。『エクスプローラーズ フォース』は、新しい目線からさらなるクオリティアップを図るため、アーティストとゲームデザイナーの両職種で、メインの業務を担当いただける方を募集しています。

――『エクスプローラーズ フォース』は画面写真だけを見ると、コンソールゲームと勘ちがいしてしまいそうなクオリティですね。

堀木:そうですね。モバイルゲームでも本格的に楽しんでいただけるゲームをめざして開発しています。そのため日々、新しい問題が発生していますが、チームメンバー全員がおもしろいものをつくりたいという一心で問題にとりくみ、ゲームを進化させています。楽しんでいただけるゲームをめざす上で、チームメンバー同士も発言しやすい雰囲気で開発ができるように、普段から一緒に食事したり、遊びにいったりと、仲が良いのも特徴ですね。

岩水:募集職種で補足すると、アーティストは2Dも3Dもこなせるゼネラリストを募集しています。もっとも、全ての職種が完璧にこなせる方はいないと思いますので、何か専門職種があって、さらにサブ的なスキルがある方だと良いですね。ゲームデザイナーも開発、運用を問わず、何かしらこだわりがあって、自ら提案して動ける方だとうれしいです。

――おふたりとも、実際に入社されてみていかがでしたか?

堀木:子どものころからRPGファンで、『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』を夢中で遊びました。今でも好きなゲームでトップ10を上げると、半数以上が弊社のタイトルになるほどです。そのため、転職という節目で弊社を受けずにどうする、という思いがありました。実際に応募して、受かったので、これはもう運命だろうと。その上で実際に働き始めて、良い意味で裏切られたところがありました。

――どういうところですか?

堀木:弊社は良くも悪くも大手なので、どこかギスギスしているイメージがありましたが、皆さん気持ちが温かくて、すてきな方ばかりでした。関西という文化が大きいのかもしれませんが、交流会を開いてもらったり、休日も一緒に遊んだりと、すぐに打ち解けられました。

――周りも転職組が多いのですか?

堀木:そうですね。特に『エクスプローラーズ フォース』は大阪支社で開発される初めてのモバイルゲームなので、ほとんどが中途入社です。みんな多かれ少なかれ、新しい環境に早く適応しようとしてきました。そうした共通体験があるから、新しい人を受け入れる土壌があるのかもしれません。

岩水:私は反対に、転職に際していろいろな企業を受けてみたうえで、弊社を選びました。面接時に私が一番やりたいことを聞き出してくれて、その内容を尊重してくれるような質問をしてくれたんです。人間、やりたいことをやるのが、一番力が発揮できますよね。それを後押しするのが弊社だと言われて、すごく納得したんです。その意味では入社前後で印象が変わるようなことはありませんでした。

▶︎次ページ:
<2>ハイエンドな環境に囲まれての開発で、自然に成長できる

INFORMATION

  • 株式会社スクウェア・エニックス

    株式会社スクウェア・エニックスは「最高の物語を提供することで世界中の人々の幸福に貢献する」ことを企業理念とし、上質のコンテンツ、サービス、商品をお届けし、お客様ご自身に素晴らしい物語、すなわち思い出を作っていただくことで、皆様のかけがえのない幸福のお手伝いができればと願っているクリエイターが集結しています。
    www.jp.square-enix.com/

JOB INFORMATION

  • スクウェア・エニックスは、イマジカデジタルスケープとの共同募集プロジェクトを実施中です。『キングダム ハーツ III』や『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』などの期待のタイトルを開発している大阪支社で新しいメンバーを募集します!

    【募集職種】
    ・デザイナー
    ・プログラマー
    ・プランナー

    ●求人内容/応募はこちら●
    www.dsp.co.jp/know-how/jobchange-lab/square-enix_osaka02.html

Profileプロフィール

スクウェア・エニックス大阪支社『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』シリーズ制作チーム

スクウェア・エニックス大阪支社『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』シリーズ制作チーム

画像左から、堀木慎也氏、岩水亜沙香氏(以上、スクウェア・エニックス)

『スクウェア・エニックス×イマジカデジタルスケープ 共同募集プロジェクト』
www.dsp.co.jp/know-how/jobchange-lab/square-enix_osaka02.html

株式会社スクウェア・エニックス
www.jp.square-enix.com

スペシャルインタビュー