>   >  ブエノスアイレスを離れ、東京で起業。Onesalのモーショングラフィックスに迫る
ブエノスアイレスを離れ、東京で起業。Onesalのモーショングラフィックスに迫る

ブエノスアイレスを離れ、東京で起業。Onesalのモーショングラフィックスに迫る

Onesal(ワンサル)はアルゼンチン出身のナウエル・サルセド(Nahuel Salcedo)氏が東京に設立したCGプロダクションで、デザインとモーショングラフィックスを得意としている。2014年設立の新興勢力ながら、同社が手がけた『Discovery Japan "Sculptures" Filler』はSIGGRAPH Asia 2017のComputer Animation Festivalにおいて、Electronic Theaterで上映された。また『Infinite Futures - The University of Melbourne』はADFEST 2018のDesign Lotus部門でSilver Awardを受賞している。今も精力的に新たな映像をつくり続けている同社を訪問し、東京で起業した意図や、モーショングラフィックス制作のワークフローなどを伺った。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_蟹 由香 / Yuka Kani

アルゼンチンをはじめ、各国在住のフリーランスとコラボレーション

CGWORLD(以下、C):まずはOnesalを起業するまでの経緯を教えていただけますか?

ナウエル・サルセド(Nahuel Salcedo)氏(以下、サルセド):ブエノスアイレスの2VEINTEなどでモーショングラフィックス制作に5年ほど従事した後、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)に留学し、2年間デザインを学びました。卒業後はロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、ハイレベルなモーショングラフィックススタジオが集中している都市に引っ越すという選択肢もありましたが、東京に留まり、欧米スタイルのスタジオを立ち上げることにしました。われわれのようなスタジオは東京では珍しいですから、注目してもらえるのではと考えたのです。

アイリン・ブルンナー(Ailin Brunner)氏(以下、ブルンナー):私もアルゼンチン出身ですが、昔から日本の文化に興味をもっていて、東京の日本語学校で日本語を勉強しました。サルセドとは日本に来る前からの友人で、彼から「起業したい」という相談を受けたのをきっかけに営業を手伝うようになったのです。最初はサルセド個人のポートフォリオを使い、クライアントを開拓していました。

▲インタビューに応じるサルセド氏(ディレクター)【左】とブルンナー氏(プロデューサー)【右】


C:Onesalという社名にはどんな意味があるのでしょう? 実は、最初は社名の読み方がわからず悩みました(苦笑)。

サルセド:日本人も外国人もそう言います(笑)。「読めない人が多い」ということに、しばらく経ってから気付きました。「One」は英語の「1」、「sal」はスペイン語で「塩」を意味します。つまり「ひとつまみの塩」という意味があるのです。私たちは、ちょっとちがう味の映像、何かがちょっとプラスされた映像をつくっていきたいと考えています。普通の名前ではありませんが、アルゼンチンでは変わった名前の会社が多いので、自然とそうなってしまいました。

C:現在のOnesalには何人のメンバーがいらっしゃいますか?

サルセド:このスタジオで働いているメンバーは8人で、さらにインターンが1人います。日本人は4人で、それ以外はアルゼンチン出身者です。ブルンナーや私をはじめ日本語を話せる人が多いですが、Onesalの共通語は英語です。メンバーの英語レベルはバラバラで、アルゼンチン出身者の中にも、英語があまり上手くない人はいます。それでもがんばって話しているので、みんな少しずつ上達しています。

▲Onesalのメンバー。そのキャリアは様々で、イギリスのCGプロダクションでVFXのコンポジターをしていた人もいれば、日本のCGプロダクションから移籍してきた人や、新卒で入った人もいる。それぞれに得意分野はあるが、全員がゼネラリストとして制作にあたっている


ブルンナー:先日までインターンをしていたデンマーク人は英語が上手かったですね。一方で、日本語には苦戦していました。今はデンマークに一時帰国していますが、また合流する予定です。ほかにも、日本からのビザ発行を待ちながらスペインで働いているダミアン・センディン(Damian Sendin)というアートディレクターがいます。

サルセド:彼は『Discovery Japan "Sculptures" Filler』のアートディレクションを担当しており、Onesalの貴重なメンバーです。2014年に東京でOnesalを設立した後、2015年にはブエノスアイレスにも支社をつくったのですが、管理コストなどの問題があり1年で閉めました。今はブエノスアイレス在住のフリーランスが代理となり、ほかの現地在住のフリーランスを取りまとめてくれています。ほかにもイタリア、イギリス、韓国、ロシアなど、各国在住のフリーランスとコラボレーションをしてきました。今はお互いのデモリールをVimeoなどで簡単に視聴できるので、コラボレーションの相手を簡単に見つけられます。

ブルンナー:以前はこちらからコラボレーションの相手に声をかけていましたが、最近はOnesalの知名度が上がってきたおかげで、声をかけていただくことが多くなりました。クライアントに関しても同様で、以前はこちらから営業していましたが、最近は既存クライアントが新しいクライアントを紹介してくださるようになっています。例えば『Discovery Japan "Sculptures" Filler』のクライアントであるディスカバリー・ジャパンは、別のクライアントからの紹介でOnesalへの依頼を決めたそうです。

スタイルフレームの完成度を高め、クライアントの合意を得る

C:Onesalの主な使用ツールも教えていただけますか?

サルセド:メインツールはCINEMA 4Dで、Adobeの各種ソフト、Substance Painter、X-Particles、RealFlow、Marvelous Designerも使います。最近はHoudiniも使えるようになろうと、みんなで力を入れて勉強しています。

C:『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の制作にかかった人数と期間はどのくらいでしょうか?

サルセド:映像はアートディレクターのセンディンほか、数名のアーティストで制作しました。期間は2ヶ月くらいで、Onesalとしては長い方です。コンセプトにこだわるクライアントだったので、コンセプトが固まるまでに1ヶ月以上を要しました。

C:制作期間の半分以上がコンセプトメイキングということですか?

ブルンナー:そうです。制作自体は数週間で終わりました。このプロジェクトでは5秒の『Idents』を3種類と、それらをつないだ40秒の『Filler』をつくっています。ディスカバリー・ジャパンのTV番組の合間、ちょっと時間が余ったときに放映していただく映像です。

C:コンセプトはどうやって相手に伝えるのでしょうか? 言葉ですか? ビジュアルですか?

サルセド:まずはアイデアを言葉で伝えます。さらに「こういうのはいかがですか」「こんな感じでどうですか」というようにリファレンス画像を送ります。クライアントからリファレンス画像が送られてくることもあります。そのやり取りを通して大まかなコンセプトが決まったら、スタイルフレーム(Style Frame)をつくります。ストーリーボードをつくることもありますが、スタイルフレームの方が最終形に近く説得力があるので、私はスタイルフレームを重視しています。『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の場合は、センディンがスタイルフレームをつくりました。

C:そこはアートディレクターの領分というわけですね。

サルセド:はい。基本的にはアートディレクターがスタイルフレームをつくり、ほかのアーティストがそれを映像化します。ただし小さなチームですから、センディン自身も映像制作を手伝います。私自身、Onesalを経営する傍ら、常日頃からゼネラリストとして映像制作もやっています。

▲『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の第一段階でつくられたスタイルフレーム。本記事で紹介するのは全体のほんの一部で、実際にはさらに数多くのスタイルフレームが制作されている


▲『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の第二段階でつくられたスタイルフレーム。第一段階、最終段階のスタイルフレームと比較すると、段階を重ねるごとに完成形へと近付いていることがわかる


▲『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の最終段階でつくられたスタイルフレーム


C:映像をつくる前に、コンセプトをビジュアライズしたキーショット、すなわちスタイルフレームをつくり、クライアントに確認してもらうわけですね。最終段階のスタイルフレームは、完成映像の1フレームに等しいと言えるクオリティに仕上がっていますね。

サルセド:そうです。だからラフなストーリーボードをもとに意見を交わすことを私は好みません。スタイルフレームの完成度を高め、クライアントの合意を得ておけば、映像制作段階での修正はほとんど発生しません。

C:音を入れるのはどのタイミングですか?

サルセド:基本的には、スタイルフレームが仕上がり、アニマティックをつくる段階からです。ただし音に対するこだわりの強いクライアントの場合は、早い段階から着手して方向性を聞くこともあります。音楽はアルゼンチンやイタリアのフリーランスに依頼することが多いですが、私自身もサウンドエフェクトはつくります。Onesalでは音楽はもちろんサウンドエフェクトにも力を入れており、最終映像を見ながらタイミングの微調整を行います。

▲『Discovery Japan "Sculptures" Filler』のアニマティック。短時間でレンダリング可能なグレー状態で制作し、映像全体を俯瞰する。クライアントにも共有して意見を聞いた上で、質感を付けたりパーティクルを追加したりといったフィニッシングに入る


▲『Discovery Japan "Sculptures" Filler』の完成映像。「Humanoid」「Nature」「Planets」をテーマに、印象的な3種類の世界を表現している
クライアント:ディスカバリー・ジャパン
制作:Onesal
ディレクター:ナウエル・サルセド(Nahuel Salcedo)
プロデューサー:アイリン・ブルンナー(Ailin Brunner)
アートディレクター:ダミアン・センディン(Damian Sendin)
ストーリーボード:平野創(So Hirano)
サウンドデザイン:ダニエル・ペレス(Dany Perez)

本作は以下のアワードを受賞している
PromaxBDA Asia 2017 - Best On Air Ident - Silver
SIGGRAPH Asia 2017 - Computer Animation Festival - Electronic Theater
Bassawards 2017 - Best ID - Bronze


C:どうしてSIGGRAPH Asiaなどのアワードに応募しようと思ったのですか?

サルセド:Onesalは日本でほとんど知られていないので、色々なアワードに応募することで知名度が上がればと期待したのです。出すのは無料ですし、受賞すれば多くの人の目に触れる機会を得られます。

C:実際、CGWORLD編集部がOnesalを知ったのはSIGGRAPH Asiaがきっかけでしたから、期待通りの効果があったと言えそうですね(笑)。SIGGRAPH Asiaの審査員から、何らかのフィードバックはありましたか?

ブルンナー:まず良い評価として「アニメーションが本物のようだ」「テクスチャがすごくリアルで、フィニッシングが良い」というコメントをいただきました。さらに悪い評価として「コンセプトがつまらない」というコメントもいただきました(苦笑)。

C:1カ月以上かけて練り上げたのに!!!(笑)

サルセド:こちらはコメントを読むだけなので、残念ながら何も言えないですね(苦笑)。

次ページ:
東京と聞くだけで、多くの人が興味をもつ

Profileプロフィール

ワンサル/Onesal

ワンサル/Onesal

アルゼンチン出身のナウエル・サルセド氏(写真下段中央)が、2014年に東京都 目黒区にて設立したCGプロダクション。現在は世田谷区に移転。デザインとモーショングラフィックスを得意とし、国内外のクライアントのCM、チャンネルID、ビデオプロダクト、デジタルサイネージ、音楽PV、ビジュアルアプリなどを手がける。世界各地のアーティストとのコラボレーションによって生み出される映像美は、SIGGRAPH AsiaやADFESTなど、様々なアワードで評価されている。
www.onesal.com

スペシャルインタビュー