>   >  Lenovoが業界初、AMD Threadripper PRO搭載のワークステーション「ThinkStation P620」を発表。海外アーティストも参加する特別Webイベントへ日本の方をご招待!プレゼントも。(レノボ・ジャパン)
Lenovoが業界初、AMD Threadripper PRO搭載のワークステーション「ThinkStation P620」を発表。海外アーティストも参加する特別Webイベントへ日本の方をご招待!プレゼントも。(レノボ・ジャパン)

Lenovoが業界初、AMD Threadripper PRO搭載のワークステーション「ThinkStation P620」を発表。海外アーティストも参加する特別Webイベントへ日本の方をご招待!プレゼントも。(レノボ・ジャパン)

[PR]

Lenovoが業界初、AMD Threadripper PRO搭載のワークステーション「ThinkStation P620」を発表した。同時に、オンライン上で参加できるWebイベントを開催する。動画を中心に製品の説明や、Jellyfish Pictures社 CTO ジェレミー・スミス氏、Gnomon ビジュアル・エフェクト/ゲーム/アニメーション・スクール 最高技術責任者エリック・ミラー氏など、海外アーティストの制作環境についてやマシンの検証も見ることができる。今回、レノボ・ジャパンより日本のアーティストに向けて無料参加枠が用意され、アンケートに答えると参加URLが送付される。また、アンケート回答者にはプレゼントも用意されており、抽選で5名に「CGWORLD定期購読1年分」、「ボーンデジタル書籍より好きなもの2冊(5000円以下)」が当たる。

無料参加希望、抽選プレゼント付きアンケートはこちら!

ThinkStation P620

最大64コア、128スレッドのCPUを搭載可能で、マルチコアの使用が可能なマルチスレッド・アプリケーションへの対応もしている。業界初のPCIe Gen4に対応、IO サブシステムのスループットが2倍になり、1秒あたり最大8GT/sをサポート。PCI Express スロットを6つ搭載しNVIDIA Quadro RTX4000などシングルワイド、デュアル・ダブルワイドのグラフィックカードを複数搭載する拡張性を備え、ストレージからの読み込み、書き込みをさらに高速にしている。メモリについては、DIMM 8スロット、最大512GB搭載可能。建築、設計、金融、映像、プラント、アプリ・ゲーム開発など、GPUやマルチスレッド対応のアプリケーションを使用する様々な業界で作業スピードの向上をもたらすワークステーションとなっている。

イベント概要

本イベントは実際のイベント会場をWeb上で表現したような形となっており、「メインステージ」、「ISVラボ」、「リソース・センター」と3つの会場に分かれている。各会場のコンテンツのリンクが埋め込まれているので、クリックすると視聴が開始できる。なお、各コンテンツのビデオを見る際は下段のCCアイコンより日本語を選択して日本語の字幕を表示してほしい。

ロビー
メインステージ、ISVラボ、リソースセンターへのリンク

メインステージ

メインステージプレゼンテーション(動画)

オープニング:
Lenovo ワークステーション・マーケティング・チームのシニア・マネージャー
グレイソン・デイビス氏

Lenovo コマーシャル・ビジネス担当上級副社長
クリスチャン・テイスマン氏


キーノート:
Lenovo ワークステーション事業の最高戦略責任者
ジェフ・ウッド氏

ゲスト:
Jellyfish Pictures 社 CTO
ジェレミー・スミス氏


概要:
・アーティストは使用できるコアとメモリが多いほど、生産性を高めることが可能。アーティストが以前よりも速くイテレーションすることを可能にした。
・業界をリードするワークステーションでソフトウェア・スタック全体の高速化。
・CG ライティング・スーパーバイザーまたは CG ライターは、レンダリング時間の減少を常に確認可能。
・追加のコアとパワーで4K またはウルトラ HD プロジェクトでの作業時間を節約


Gnomon ビジュアル・エフェクト/ゲーム/アニメーション・スクール 最高技術責任者
エリック・ミラー氏


概要:
・AMD Threadripper PRO の 32 コア・バージョンにてベンチマークテストを実施、約 3.2 メガまたは 3,200 メガヘルツで実行
・CPU から 8 チャネルすべてに同時にアクセス、最大で1 テラバイトのメモリを利用可能
・PCIE 3の2倍、毎秒約 2.6 ギガバイトの読み取りアクセス、この速度で編集、テクスチャ・キャッシング、テクスチャ・ポール、アニメーション・キャッシングなどのあらゆる種類のビジュアル・エフェクトにアクセスが可能。

無料参加希望、抽選プレゼント付きアンケートはこちら!

ISVラボ


コンテンツ
Adobe プレゼンテーション(動画)
Adobe, Inc.
Head of Field Operations ProVideo
David Helmly氏

概要:
NVIDIA RTX5000を搭載したThinkStation P620でAfter EffectsとPremiere Proのベータ版の新機能のデモンストレーション。After Effectのデモでは映像内の人物と背景をRotoBrush 2.0を使用し分離します。Premiere ProのデモではScene Edit Defectionを使用し、1つのソースからシーン別にクリップを分離し、Adobe Stockからシーンに合う音楽を設定するデモと、高速ストレージを必要とする4K・8Kカメラで撮影したRAWデータを取り込み調整を行うデモ、Auto Reframe Sequenceでスマホ用の縦型映像への変換デモ、エクスポートがどのくらいの時間で完了するかご紹介します。

Avid Technologies プレゼンテーション(動画)
Avid Technologies
Director of Market Solutions, Broadcast & Media
Ray Thompson氏

概要:
Lenovo ThinkStation P620 に搭載したAvid media composerを使用し、長編映画などの動画を編集するデモをご紹介します。デモでは、テレビ・ドラマ『宇宙探査艦オーヴィル』のクリップを利用しています。膨大な数のクリップを使用する長編映像の編集において有効な機能、シークエンス・マップをお見せします。大きなパワーを必要とするマルチレイヤーやマルチカメラの映像、インタービューからの特定のセリフの検索、スクリプトを映像内のオーディオと同期させシーンを探せるScriptSyncなど、様々な機能の操作を実際にお見せし、P620での操作スピードを確認いただけます。

Chaos Group プレゼンテーション(動画)
Chaos Group Labs ディレクター 
クリストファー・ニコルズ氏

概要:
V-Ray 5とLenovo ThinkStation P620を使用した際のベンチマークテストの一部やV-Rayの機能を紹介。ベンチマークではXeon搭載のP920との比較や視聴者の皆さんがご自身のワークステーションでV-Rayを使用した場合のパフォーマンスとの比較方法を提示しています。CPUにRyzen Threadripper PRO 3995WX、GPUにはRTX8000を2枚搭載し、どのようなスコアが出るかを解説しています。後半ではV-Rayの機能を紹介しています。"

Foundry プレゼンテーション(動画)
Foundry
Head of Creative Services
Terry Riyasat氏

概要:
NukeX は、SmartVector ツールセットです。SmartVectorツールセットを使用し、各ノードにおける様々なビジュアルエフェクト作成のデモをご紹介します。エフェクトを作成し、ビューワーに反映されるまでの速さを様々な機能の紹介を通して確認いただけます。FoundryのソフトウェアはGPU、CPU、RAMを最大外活用できるため、P620による作業効率向上を最大限高められることを実感いただけるデモです。後半では、Frame Serverを利用したレンダリングのデモを紹介しています。デモでは、映画『ヘルボーイ』のプロダクション・スクリプトを紹介しています。

Blackmagic Design プレゼンテーション(動画)(日本語字幕なし)
Blackmagic Design
Product Specialist, DaVinci Resolve
Shawn Carlson氏

概要:
DaVinci Resolve 16による8Kカメラ映像のグレーディングや編集機能のデモをご紹介します。8KカメラのRAWデータの編集作業は膨大な処理能力が必要とされ、難しいワークフローとされていますが、P620のマルチスレッド・アプリケーションへの対応とPCIe Gen4への対応により、複数のタスクの同時処理が可能になりました。このデモではRTX8000を搭載し、DeckLink 8K Pro、メディアストレージ用のNVMe SSD、Teranex Mini SDI to DisplayPort 8K HDR、DaVinci Resolve Studioの最新バージョン16.2.3を追加した環境で4K GUIモニター、ミニカラーコントロールパネル、エディターキーボードを用いて行います。今回はタイトルオーバーレイ、リフレーミング、リタイミング、顔認識、編集およびカラーページの他の編集ツールなど、編集およびカラーグレーディングワークフローに関連する機能について実際にご紹介します。

無料参加希望、抽選プレゼント付きアンケートはこちら!

リソース・センター


コンテンツ
Product Brochure
「ThinkStation® P Series」、「ThinkPad® P Series」の製品カタログ

Resources
各製品紹介コンテンツ一覧

Tech Today Page
「ThinkStation P620」の製品紹介Webサイト

Data Sheet
「ThinkStation P620」の製品カタログ

Product Tour Video
製品紹介動画(英語のみ)

無料参加希望、抽選プレゼント付きアンケートはこちら!

■本リリースに関するお問い合わせ先

レノボ・ジャパン株式会社
〒101-0021
東京都千代田区外神田四丁目14番1号
秋葉原UDX
E-mail:LJPmarketing@lenovo.com

新着のニュース一覧