>   >  『ブレイキング・バッド』、ハイゼンベルク(ウォルター・ホワイト)のメイキング
『ブレイキング・バッド』、ハイゼンベルク(ウォルター・ホワイト)のメイキング

『ブレイキング・バッド』、ハイゼンベルク(ウォルター・ホワイト)のメイキング

アクセサリ

メガネとシャツのベースメッシュは Maya でモデリング(図17 - 18)、UVLayout でシャツのUVを作成しました(図19)。

図17

図18

図19

ZBrush に戻って、シャツのひだをスカルプト(図20)。テクスチャを適用したら、最終的なルックをプレビューで確認します(図21)。

図20

図21

目は2つのパーツでできています。内側の「強膜と虹彩」、外側の「角膜」です(図22)。

図22

Photoshop でインターネット上の画像と手描きのディテールを組み合わせ、テクスチャを作成(図23)。目のマテリアルは、内側の部分がシンプルな拡散マテリアル、残りの部分が屈折のあるスペキュラマテリアルです。

図23

角膜のレンズの形状が適度な屈折を生み出し、側面ビューからも虹彩が見えるようになりました(図24)。

図24

目に満足できたらZBrushに書き出して、モデルに配置します(図25)。

図25

毛と層

顔の毛は、ZBrush のファイバーメッシュ(FiberMesh)を使用(図26)。

図26

現実的なルックにするため、あごひげ、髪の毛、眉毛のレイヤを複数作成して、形、色、分布に適度な変化が出るように設定(図27)、これらを組み合わせました(図28)。

図27

図28

仕上げとポーズ

顔の最終調整を施します。シャツに少し手を加え、ジャケットを追加(図29)。ZBrushのトランスポーズマスター(Transpose Master)でキャラクターにポーズをつけ(図30)、レンダリングに必要なすべてのパーツを書き出します。

図29

図30

レンダリング

最終的なレンダリングには、Otoyの Octane Render を使いました。これは、偏りのない素晴らしいGPUベースのレンダリングエンジンで、驚異的なスピードと使いやすいノード インタフェースを備えています。組み込みの太陽と空のシステムがあり、ニーズを満たしていました(図31)。

図31

最終調整

最後に、レンダリングイメージを Photoshop で読み込み、背景画像を追加。便利な Magic Bullet プラグインで色調補正を少し加えます(図32)。

図32

最後に

読んでくれてありがとうございます。このチュートリアルを楽しんでいただければ幸いです。作品を披露する機会を与えてくれた 3DTotal チームと、素晴らしい仕事を成し遂げ、私をサポートしてくれた Octane Render チームに感謝します。

★ Riccardo Minervino / ミネルビーノ リカルドさんのウェブサイト
https://rikkthegaijin.artstation.com/

オリジナルURL(英語):
http://www.3dtotal.com/tutorial/1691

翻訳:STUDIO LIZZ(Nao) 編集:3DTotal.jp



  • 3DTotal日本語オフィシャルサイト

    3DTotal.com や LayerPaint.com の最新情報、ギャラリー、チュートリアルへの作品応募方法などを日本語でお知らせします。また、3DTotal 日本語版書籍の概要、新刊 / 近刊の情報などもお伝えします。より広い、CG・デジタルアートの世界へ!

    URL:http://3dtotal.jp/