>   >  デル主催CGコンテスト「CGごはん」結果発表!優秀賞&審査員講評コメント一挙公開
デル主催CGコンテスト「CGごはん」結果発表!優秀賞&審査員講評コメント一挙公開

デル主催CGコンテスト「CGごはん」結果発表!優秀賞&審査員講評コメント一挙公開

学生部門・第7位(選外優秀賞):『すき焼き』 獲得点数:14点

大嶺太聖さん(九州大学)
フォトリアルな表現に興味があり、フルCGの映画制作やリアルタイムレイトレーシングを活用したxR等、またそれらを実現する技術開発などに関わってみたいです。
twitter.com/mineG5071
www.artstation.com/mineg5071

●作品解説
なかなか身近な人と会えない期間が続いていた時、実家で家族とすき焼きを囲んだ食卓を思い出しました。味が染みてきて柔らかくなる、一番おいしい瞬間にこだわりました。

SUKIYAKI
While stay-at-home period continued where I couldn't meet with close friends and families, I remembered having dinner with my family with Sukiyaki in the middle. I wanted to particularly express the most delicious moments, when the taste soaks right through and becomes tender.

●使用ツール
Blender, Photoshop


●審査員コメント 抜粋

【発酵食スペシャリスト koko.milkcafe.to/yasuyo(ナチュラルフードコーディネーター)】
思わず「美味しそう!」と声が出ました。いよいよ具材に味が染みてきて美味しい瞬間ですね。湯気や具材、溶き卵など全てがリアルで、グツグツと音まで聞こえてきそうです。素晴らしい!!

トランジスタ・スタジオ/秋元純一(CGディレクター・取締役副社長)】
食品サンプルの様な質感からの脱却は目指したいが、それでも圧倒的な物量や熱気、構図など、バランス良く仕上がっていると感じた。時期的には少しずれているが、それでも皆大好きなもの、贅沢だと感じさせてくれる料理には違いない。個人的には、鉄鍋の方が卵よりも手前に来ている事が気になるが、それは構図の為だと思いたい。

【デジタルアーティスト/朝倉 涼
すきやきの各種具材の質感が非常に素晴らしく、特に野菜類のみずみずしさが非常にうまいと思いました!奥に見えている溶き卵のとろっとした感じもしっかり表現できており、すき焼きの香りが漂ってきそうな贅沢な夕飯を想像できて非常に良い作品だなと思いました。

株式会社MAPPA/CGI部】
一つ一つ丁寧に作られてとてもおいしそうに感じました。画面の配置も良く、箸を持ったらすぐ肉に手を付けそうです(笑)

【株式会社ボーンデジタル/尾形美幸(CGWORLD編集者・ライター)】
グツグツグツという音が聞こえてきそうな、シズル感のある繊細な画づくりが良いですね。欲を言うと、鮮やかな奥の卵に目がいってしまうので、主役であるすき焼きの具材の明度と彩度をさらに上げ、具材とダシのコントラストを高くすると良いように思います。

学生部門・第8位(選外優秀賞):『Good morning!』 獲得点数:13点

鈴木優治さん(日本航空高等学校)
メカ系ハードサーフェスモデリングに興味があり拙い技術ではありますが、普段はメカモデリングをしています。 いつか、万人をうねらせる様なハイディティールメカを作り上げます!

●作品解説
朝起き、妻と談笑しながら朝食をとる直前......というコンセプトのもと制作いたしました。パンやバターもコンセプトに基づき2人分配置しました。 パンの質感に重点を置き、自分なりにリアルな質感を研究し、作品に反映させました。

Good morning!
I made this with the concept of "Waking up in the morning, just about to have breakfast with my wife while chatting ..." I placed two pieces of bread and butter based on the concept.
I focused on the texture of bread, I researched the realistic texture in my own way, and reflected it in the work.

●使用ツール
Blender,Instagram


●審査員コメント 抜粋

西麻布「cocktailante OBORO」owner/山川俊太(cocktail & food creator)】
パンの持つ美味しそうな空気感が作品全体から感じられる素晴らしい作品。 画面全体の色調とパンの色味の調和が心地よく"きっとお洒落な2人の朝ごはんなのかな?"など想像が膨らみます。こんがり焼けたパンの表現も秀逸。

StealthWorks. /米岡 馨(代表取締役)】
まず渋い色見のインスタで見られるような雰囲気がいい。と思ったら実際にinstagram(コンポジット)とある。こういう明確なターゲットがあるのは素晴らしい。メリハリのあるライティングでストーリー性も感じる。パンの質感は主にディスプレイスだと思うが、どうしてもそれっぽさが出てしまうので、今後はボリュームにノイズをかけてパン特有の毛羽立ちなどを再現してみるのもいいかもしれない。

株式会社MAPPA/CGI部】
主役のパンへのフォーカスの当て方や、奥の物と光のボケ感が雰囲気を高めていて、インスタにあがっていそうな「映え」を感じます。パンのボコボコ感も表現力が高く、画の空気感でコンセプトにあったシーン作りができていて素晴らしいです。

株式会社INEI/富安健一郎(コンセプトアーティスト・代表取締役)】
インスタ風なトーンで画面全体で一つのコンセプトを伝えようとしている点が評価できます。パン、ジャムのデザイン、お皿の収まり具合などの構図に気を配ると、さらに雰囲気のある作品になりますね。

学生部門・第8位(選外優秀賞):『冷やしサラダうどん』 獲得点数:13点

伊藤太一さん(中部大学)
大学生でありながらCGジェネラリストとしてモーショングラフィックス、VFXなどの映像制作をしています! Cinema 4Dマニアです!

●作品解説
暑い夏の日に食べたくなりそうな料理をイメージして作りました。 本物をよく観察して細かい質感を詰めていき食欲をそそられるように仕上げました。 製作期間は2日です。

Chilled Udon Salad
I made this with an image of a dish that you might want to eat on a hot summer day.
After carefully observing the real udon salad, I developed the details of fine texture, finishing it to be very appetizing.
It took 2 days to finish this creation.

●使用ツール
Cinema 4D,Redshift,Photoshop,AfterEffects


●審査員コメント 抜粋

StealthWorks. /米岡 馨(代表取締役)】
今後暑くなってくる時期にふさわしい題材で、うどんのSSSが効いた透明感、清涼感が目を引く。個人的には今回の参加作品でこれが一番クオリティが高く感じた。惜しむらくはうどん特有の黄色っぽいスキャッターカラーが足りないことか。これがあればより完成に近いと言える。

トランジスタ・スタジオ/秋元純一(CGディレクター・取締役副社長)】
質感としては、もう少しこだわりたかったところはある。例えば、ごまや卵のサイズ感、刻み海苔や、少しSSSが強すぎる麺などだ。ただ、それらはあくまでもCG部分の調整の問題に過ぎず、それを差し引いても美味しそうに感じる1枚だと思う。私が思う料理に必要なものに季節感があるが、それを感じさせてくれる。非常に涼しげで、夏が待ち遠しいと思わせてくれる。

【デジタルアーティスト/朝倉 涼
夏の日のお昼ごはんとして食べたいなと思いました!ガラスのお皿に盛られた冷たいうどんが食欲をそそる作品だなと思います。うどんの透け感等も含め、非常に涼しげで季節を感じる作品だと感じました。

【株式会社ボーンデジタル/沼倉有人(CGWORLD編集長)】
うどんと半熟たまごの質感が美味しそうです。下面のつゆが硬質に見えるのが残念。

学生部門・第9位(選外優秀賞):『石の皿で食すローストビーフ』 獲得点数:5点

岩波 翔さん(山梨学院大学)
今後も技術向上に精進していきたいと思います。

●作品解説
レストランのメニュー表に実際に使われているような作品をテーマに制作しました。レストランでは、料理や盛り付けだけでなく、食器にも独創的なものが多く、その中で個人的に気に入った石の皿を採用してみました。

Roast Beef on a Stone Plate
I created this with a theme of an image that may actually be used in a restraunt menu. At a restaurant, not only food and how ther're served but also tablewares that they use are unique. Of all that, I chose the stone plate which I personally liked.

●使用ツール
Blender,PhotoShop


●審査員コメント 抜粋

西麻布「cocktailante OBORO」owner/山川俊太(cocktail & food creator)】
ローストビーフの赤身の表現が秀逸な作品。 レモンや付け合わせも爽やかで見ていて気持ちが良いですね。ですが全体が少し硬いイメージなので、色調中心に改善すると更に良くなると思います。

学生部門・第9位(選外優秀賞):『おそとでオムライス』 獲得点数:5点

秋山 萌さん(デジタルハリウッド東京本校)
現在はデジハリに通いながら、CGクリエイターとしての就職を目指しています。 人の心に響く作品を作ることを目標に、日々勉強しております。

●作品解説
コンセプトは「ものすごく綺麗にできたオムライス」です。 現実では卵をぐしゃぐしゃにしがちですが、CGなら確実に綺麗に作れる!と思ったことがきっかけです。 外出自粛期間のため、外に出たい気持ちを込めてピクニック風に制作しました。

Let's Eat Omlet Rice Outside
My concept is "a very beautifully made omelet rice".
In reality, omelet tend to be more with a scrambled surface, but I thought, with CG I can definitely make a beautiful one!
Under current stay-at-home request, I made it like a picnic style expressing my desire to going outside.

●使用ツール
Maya,Photoshop


●審査員コメント 抜粋

株式会社エブリー /菅原千遥(執行役員、DELISH KITCHEN カンパニー長)】
本物のリアルさというよりはややアニメっぽい描写ではありますが、全体の色合いや、屋外でお皿の縁に映る木の陰や、スプーンに反射されている様子など、細部まで表現されているのが良かったです。

学生部門・第10位(選外優秀賞):『パンとチーズ』 獲得点数:4点

北野真美さん
独学で3DCGを勉強しています。インテリアが好きなので、CGを使った空間表現にとても興味を持っています。

●作品解説
スライスしたバケットにチーズを乗せ、その上からはちみつをかける食べ方をイメージしました。バケットやレーズンはなるべく実物を手元に置いて参考にしながら、質感に注力して制作しました。

Baguette & Cheeze
I imaged a food with "one piece of baguette with cheese on it, and adding honey on top". I tried to create this focusing on texture, by having real baguette and raisins in front of me for reference.

●使用ツール
Blender,Photoshop,Substance Designer


●審査員コメント 抜粋

【株式会社ボーンデジタル/尾形美幸(CGWORLD編集者・ライター)】
バゲット+カマンベールチーズ+蜂蜜&レーズンという鉄板の組み合わせ。右上の空間にワインボトル&グラスを置き、マリアージュを完成させたくなりました。パン好きの想像力をかき立てる、良い画づくりだと思います。欲を言うと、バゲットのクラストが薄く、幅が均等すぎる気がするので、全体的に少しだけ厚くすると、より美味しそうなバゲットに見えると思います。特に焼成時にパン釜に接する底の部分はほかより厚くなり、色も濃くなる傾向があるので、その点を意識しつつ、美味しいパン屋さんのバゲットを観察してみてください。

学生部門・第10位(選外優秀賞):『ステーキ』 獲得点数:4点

坂田冬士さん(大阪デザイナー専門学校)
現在背景モデラーを目指し、日々勉強しています。主にハードサーフェスモデル制作を得意とします。 現在は主にMayaを使用していますが、これからは他のDCCツールについても勉強したいと思っています。

●作品解説
今回は食べ物ということで特に自分の好物であるステーキをモデリングしてみました。 金属などのハードサーフェスには無い独特の、有機的な食べ物の質感の表現にこだわりました。元から知識としてはあったsssも、それ自体あまり個人的になじみのない機能でしたが今回その表現方法について再確認できたように思えます。

Steak
Since the theme was "Food", I picked my favorite food, Steak, for modeling. I tried to express the unique texture of organic food, where hard surface like metals do not have. I did have a knowledge of sss but was not that familiar with the function. From this assignment, I think I was able to reconfirm that expression method.

●使用ツール
Maya,Blender,SubstancePainter,V-Ray,ToolBag,AfterEffect,Photoshop


●審査員コメント 抜粋

【株式会社ボーンデジタル/尾形美幸(CGWORLD編集者・ライター)】
肉のシズル感がよく表現できています。欲を言うと、肉とソースの接するラインが直線的でリアリティを欠いているため、ネトッとした液体感が出るような接し方を探求してほしいです。

【株式会社ボーンデジタル/沼倉有人(CGWORLD編集長)】
ちょっと角張った印象がありますが、ステーキの質感が良いなと思いました。

次ページ:
審査員プロフィール・総評