>   >  初心者にもオススメのエフェクトテクニック!Houdini Line TIPS集
初心者にもオススメのエフェクトテクニック!<br />Houdini Line TIPS集

初心者にもオススメのエフェクトテクニック!
Houdini Line TIPS集

Houdiniといえばなんといっても醍醐味はエフェクト制作。エフェクトアーティストとして活躍し、TIPSサイト「No More Retake」も運営している北川茂臣氏にラインをメインとしたエフェクトを紹介してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 222(2017年2月号)からの転載となります

TEXT_ 北川茂臣(nomoreretake.net
フリーランスHoudini使い。テレビ、映画、実写、
フル3Dなど、ジャンル問わずHoudiniを使って活動中。
3DCG のTips サイト「No More Retake」運営

EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

制作機会の多いラインエフェクトをマスターしよう!

今回は主にライン(線)を使ったエフェクトの作成、レンダリング、シミュレーションに関するTIPSをご紹介していきたいと思います。ここで言う「ライン」とは単純な線のことです。Houdiniは他の3DCGソフト同様、NURBSやポリゴンで線を引くことができますが、ここでは見た目が線っぽければ全部ラインと呼ぶことにします。

エフェクト作成というと、炎や煙、破壊などが真っ先に思い浮かびますが、このラインを使ったエフェクトも実はつくる機会が意外と多いと思います。例えば、雷や軌跡エフェクト。ライン自体がメインのエフェクトでなくとも衝撃波エフェクトの要素のひとつとして飛び散るラインを入れてみるなど。はたまた、他のエフェクトのガイドとして使うこともあります。ここではそんなラインにまつわる話をメインにしつつ、現場ですぐに使えそうなTIPSをいくつかご紹介したいと思います。

TIPS 01 Line Trail

ここでは軌跡のラインエフェクトの作例をご紹介したいと思います。軌跡の作成方法はいくつかあり ますが、ここではパーティクルを使用。ポイントの通った跡にパーティクルを発生させることで軌跡を作成しています。

パーティクルを使う場合、作成した軌跡を繋げてラインにする処理を自分で行う必要があります。ラ イン作成には「Add」SOPを使用しています。「Add」SOPは主にポイントやプリミティブの追加に使うノードで、指定したアトリビュートの同じ値のポイントを繋いでくれる機能があります。これを使ってポリゴンのラインを生成することが可能です。この作例では、パーティクル作成時に付与されるsourceptというアトリビュート(発生元ポイント番号を表す)を使って、共通のポイントから発生したパーティクルを繋いでラインにしています。

こうしたパーティクルを使った軌跡作成の利点は、挙動の制御にパーティクルの機能を使えることだと思います。例えば、ageアトリビュートによって色を変えるとか、lifeにバラつきをもたせることでラインの長さを変える、などといったことが比較的容易にできます。軌跡の作成は応用範囲もとても広く、つくっていて楽しいエフェクトのひとつではないでしょうか。

なお、パーティクルを使うのがちょっと難しいと感じた場合は、「Trail」SOPを使うとより簡単に軌跡の作成が行えます。「Trail」SOPはポイントの軌跡をつくりそれを繋げることのできるノードで、手軽さが利点です。こちらを使っても作成のようなエフェクトをつくることができます。

1.パーティクルを使った軌跡表現とそのネットワーク


パーティクルを使用した軌跡の作例です。この作例のネットワークを解説します


【1】ベースはシンプルな球体です/【2】その球体を「Add」SOPを使って頂点ポイントだけを残して面を削除します。「Add」SOPは、そのノード名から追加するものというイメージがありますが実は削除の機能もあり、これが結構便利です。設定は[Delete Geometry But Keey the Point]を有効/ 【3】「Point Replicate」SOPを使ってポイントを複製。これについては軌跡作成時に複数のラインの束をつくるのがねらいです。ポイントの分布などを調整できるので、それにアニメーションを付けるとラインの軌道に変化を与えられます/【4】wrangleを使ってポイントごとにランダムなwidthアトリビュートを追加しています。ライン生成時の太さを定義するものです/【5】「Attribute VOP」SOPを使って色を割り当てています。ポイント番号順にグラデーションになるようにしています/【6】動きは単純な回転アニメーションです/【7】パーティクルの作成。「POP Source」DOPの[Emission Type]を[All Points]に設定し、全てのポイントからパーティクルが発生するようにしています。パーティクルには速度は与えず、その場に残るようになっています/【8】「Add」SOPを使ったラインの作成。さらに、軌跡とは別に味付けとして中心にVolumeとライト、それに軌跡の周囲に賑やかしのパーティクルなども足しています

2.作例制作の概要

図のようなシンプルな図形を回転させて、その各頂点の軌跡を描いてつくっています。数字は上のネットワーク図と対応

3.Trail(SOP)を使用した場合のパラメータ設定


「Trail」SOPで軌跡をつくる場合の設定は[Result Type]を[Connect as Polygons]に、[Close rows]をOFFにします。後は[Trail Length]の値でどれだけのフレームの軌跡を残すか指定すればOK。軌跡とラインの作成の両方を行なってくれます。[Close rows]がONだとラインではなく面が生成されてしまうので注意

次ページ:
Topic 02
ラインのレンダリングに関するTIPS

特集