>   >  Marvelous Designerで和装を表現『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』~書籍『ゲームグラフィックス 2019』 先行公開(3)
Marvelous Designerで和装を表現『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』~書籍『ゲームグラフィックス 2019』 先行公開(3)

Marvelous Designerで和装を表現『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』~書籍『ゲームグラフィックス 2019』 先行公開(3)

2019年9月に発売予定の書籍『ゲームグラフィックス 2019』。CGWORLDに掲載されたゲームグラフィックス関連記事をまとめたアーカイブ本だ。今回は特別にその掲載内容の一部を先行公開する。第3弾となる今回はフロム・ソフトウェア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』より、キャラクターモデルの解説を公開。

※本記事は2019年9月発売予定の書籍『ゲームグラフィックス 2019』の一部先行公開となります。
※制作状況に応じて、書籍の掲載内容は変更する場合がございます。

TEXT_谷川ハジメ(トリニティゲームスタジオ)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©2019 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』
発売:フロム・ソフトウェア(日本とアジア地域以外はActivision Publishing)
開発:フロム・ソフトウェア
共同開発:Activision Publishing
リリース:発売中
価格:8,208円
Platform:PS4/Xbox One/PC
ジャンル:アクション・アドベンチャー
www.sekiro.jp
©2019 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

キャラクターの個性と世界観に似つかわしいキャラクターモデル

本作の制作技法は従来のPBRモデル制作の延長線上にあるものの、世界観と個性を色濃く反映し、ディテールにこだわったモデルが用意された。

トレンドのMarvelous Designerを活用した衣装モデル

キャラクターモデル制作は3ds Maxで全体のポリゴンモデリングを行なった後、細部をZBrushでスカルプトしてノーマルに落とし込む標準的な手法だ

主人公・狼のデザイン画

衣装に関しては昨今活用が進むMarvelous Designerでのパターン制作で立体に起こしている

3ds Max上で形状を整え、不足する細部のシワを制作

完成

細部の造形にまでこだわったプレイヤーキャラクターモデル

顔、胴体、腕、脚、武器(忍具)の単位で分割して管理されているプレイヤーキャラクターの狼には、それぞれの部位ごとにベースカラー、スムースネス、メタルネス、ノーマルの各PBRテクスチャが用意されている。ディテールの集中する顔部分はもとより、本作の特性である忍義手もモデルがつくり込まれ、テクスチャも大きく割り当てられているのが特徴的だ。また、衣装の解像感を向上させるため、布目模様を付加するタイリング用テクスチャをブレンドしている



  • 顔のスカルプトモデル



  • 顔のポリゴン分割



  • 顔の各種マップ



  • ブレンド用顔マップ

首巻きの布目とほつれのモデル

同じモデルで、ベースカラー、ノーマルなしの状態

羽織のマップ

忍義手のポリゴン分割

忍義手のスカルプトモデル

忍義手のマップ

登場シーンに応じて臨機応変に制作されたNPC

本作のNPCはキャラクターを制御する汎用的なシステムに合わせて、全て共通の要素を備えたものを用意するのではなく、キャラクターの活用に応じて、それぞれに必要十分を満たしたものが制作されている



  • 狼の主である竜胤の御子。とりうる動きの必然性から袖の内側まで重ね着構造が詳細に形づくられている



  • 荒れ寺の仏師

変若の御子。それぞれ、荒れ寺の仏師は座ったまま、変若の御子は膝立ちまでと、作中での姿勢や動きが限定的であることから、これらのポーズに最適な造形がなされている

■関連記事はこちら
フォトグラメトリーでつくる『デビル メイ クライ 5』のキャラクターモデル〜書籍『ゲームグラフィックス 2019』 先行公開(1)
ドット絵で魅せる『OCTOPATH TRAVELER』のキャラクター~書籍『ゲームグラフィックス 2019』 先行公開(2)



『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の詳しいメイキングは2019年9月発売予定の書籍『ゲームグラフィックス 2019』で掲載いたします。

  • 『ゲームグラフィックス 2019』
    定価:3,888円(税込)
    判型:A4変型/オールカラー
    総ページ数:352(予定)
    発売日:2019年9月22日
    ISBN :978-4-86246-452-1

    詳しくはこちら。
    https://www.amazon.co.jp/dp/4862464521

特集