>   >  脱「CGくさい」動き! 神央薬品が教える違和感を取り除くためのアニメーション基本技術
 脱「CGくさい」動き! 神央薬品が教える違和感を取り除くためのアニメーション基本技術

脱「CGくさい」動き! 神央薬品が教える違和感を取り除くためのアニメーション基本技術

CGアニメーターに求められる役割は、本来の動きを付けることに加えてカメラまわりや演出的な部分など、非常に多岐にわたります。これらの複合的な要素を、ひとつのアニメーションとして求められるクオリティで実現するには、やはり基本的な技術を積み重ねることが重要です。それらについて作例を基に解説していきます。

[Profile]

ノブタコウイチ

神央薬品代表取締役/CGプロデューサー/ディレクター。20代後半まで自動車工場にて工員として勤務。フォークリフト免許あり。パソコン好きから一念発起してTVアニメシリーズでCGアニメーターとしてデビュー、その後に数々のCM、映画、ゲーム作品に参加し、2012年に独立。現在はCGプロデューサー兼ディレクターとして多方面で活躍中。呑んべぇJAPAN代表、VES(米視覚効果協会)会員。

  • みうら

    スーパーアニメーター。オリジナルアニメシリーズでCGアニメーターとしてデビュー、その後に数々の CM、映画、ゲームにおける難関のCGアニメーショ ンに携わり現在にいたる。難易度の高いアニメーションと長尺のライド感あふれるカメラワークには定評がある。www.zinou.jp/




主な作品

『アシュラ』、『ONE PIECE FILM Z』、『ドラゴンボールZ 神と神』、『キャプテンハーロック』、『劇場版 SPEC~結~』、『映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち』、『悪夢ちゃん The 夢 ovie』、『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』、『暗殺教室』、『寄生獣 完結編』など

基本的な技術を身につけて違和感を取り除こう!

アニメーションとは、キャラクターに命を吹き込むことです。命を吹き込むために、アニメーターはカメラマンであり、役者であり、演出家でなければいけません。単に動きを付けるのではなく、前後カットのつながりや見え方、音のイメージまでも意識してアニメーションさせる必要があります。ただ、CGアニメーションではそれらを伝えるのが大変難しく、硬い表現になってしまったり、中途半端な動きになってしまうことも多いです。そのようなアニメーションは「CGくさい」とよく言われます。

CGアニメーションではCGだということを見ている人に意識させないことが大事で、下手なCGアニメーションは初見で何かちがうなという違和感を感じます。そこには「魂」や「愛」が入っていないのです。大げさなようですが、この表現が一番しっくりきます。作り物の人形がただ動いているだけのように感じるので、まずはそれらの違和感が何に起因するものなのかを分析し、それらを払拭することから始めるのがアニメーション上達への近道だと思います。

初中級レベルのアニメーターを見ていると、自然なポーズをとれていない人が多いです。ポーズが硬かったり重心がちがったりと様々ですが、まずはキャラクターを左右非対称にすることと、カメラのど真ん中にキャラクターを配置することを意識的に行なってみてください。もうひとつ基本的な技術として覚えておいてほしいのが予備動作です。物が急に動いたり止まらないのと一緒で、パンチを打つ前には構えなくてはいけないし、ジャンプするためにはしゃがまなくてはいけません。この予備動作は非常に大事で、ここで力の入っていないポーズや動きそうもないポーズにしてしまうと全てが台無しになってしまいます。アニメーションの質を上げるには、まずはこういった基本をきちんと押さえることが重要なのです。

Q&A Animator 01

自身のアニメーターとしての豊富なキャリアをベースに、多くのアニメーションの良し悪しを判断してきたノブタ氏。経験に裏打ちされた含蓄ある言葉に耳を傾けてみよう。

Q1:アニメーションが上手くなるためには、経験上どのようなトレーニングを積むのが有効だと思いますか?

A1:反復練習をすることです。走り、歩き、ジャンプ、パンチ、キックなどのいろいろなポーズをくり返し練習することによって、アニメーション制作のスピードは格段に上がります。スピードが上がれば、考える時間や迷う時間、悩む時間、そして何と言ってもやり直す時間を作り出すことができます。作るのが大変なアニメーションのショットはどうやっても時間がかかるので、簡単な部分を早く終わらせて、難しい部分についてイメージしたりトライ&エラーする時間をどれだけ確保できるかが、限られた時間の中でクオリティの高いアニメーションを作り上げるためのカギです。

Q2:手を動かすこととは別に、普段の生活の中で意識的にやっておくとアニメーションづくりに役立つことはありますか?

A2:現実世界のものの動きを常によく観察し、再現方法を具体的にイメージすることです。もちろん映画やTVアニメを観て学ぶのも良いのですが、リアリティを追求する場合は、屋外なら電線に止まっているカラスのポーズのとり方、電車の中なら人の動き方や窓から見たときの近景と遠景の流れ方など、とにかく身近なものに注目してみてください。ここで重要なのが単に観察するだけではなく、具体的にイメージすることです。例えば、飛んでいるツバメの動きは何フレームなんだろう、モーションブラーをどうやって付けたら上手く表現できるかとか、実際にアニメーションにしたときのことを考えながら観察しましょう。

Q3:実際の仕事において、アニメーションのポイントとして意識していることは何ですか?

A3:監督などからのオーダーは、アニメーターにとってわかりやすい場合もありますが、フワッとした場合もあります。「バンッ」とか「ドォーーーンッ」とか、音でイメージを伝えられることも多いので、普段から音のイメージをアニメーションとして的確に表現できるように意識しています。それとリズムも重要です。単調なテンポにならないよう、どこかで必ずテンションを変えるようにしています。走りだったら「タッ、タタッ・・・」のように一定にせず、走っている最中にどこかで1回つまずくなど、ループでもループに見えないようにすると、一気にアニメーションの質は上がります。

Q4:アニメーションを付ける上で、CGソフトの便利な機能やオススメのTipsがあったら教えてください。

A4:何と言っても、Mayaの標準機能で使えるマーキングメニューでしょうか。直感的にオペレーションできるので、使っていない人にはオススメです。これを使うだけで見た目もカッコいいですしね(笑)。私の場合、オペレーションは常に「1秒でも速く!」をモットーにしているため、ショートカットのカスタマイズを積極的に心がけています。たかが1秒でも、それを1万2千回やれば1万2千秒。ちりも積もれば何とやらですぐ1日分の作業量になるので、長くアニメーターをやっていくつもりであれば、オペレーションの速度を上げることには特に気を遣うべきだと思います。

<2>Basic ベーシック 手を上げる~身体全体を使ってアニメーションさせる

特集