CGWORLD.jp

SEARCH
MAIL MAGAZINE
RSS
 

Behind the Scene

時代を切り拓く映像表現と制作手法

メーウ『pair* Factory MIX』PVメイキング(前編)〜 Autodesk 3ds Max Eentertainment Creation Suite 導入事例 〜

近年、ヴァーチャル・アイドルの存在がまた盛り上がりを見せている。そうした中で新たなアイドルが誕生。それが、ここに紹介する "meaw(メーウ)" である。8月24日に待望のニューシングル『pair*』が発売されるが、特筆すべきは同梱されるDVDには、あのスタジオカラー デジタル部が制作したミュージックビデオ『pair* Factory MIX』が収録されているのだ。CGWORLD.jp では今回から全2回にわたり、本作のメイキングをお届けする。

メーウ『pair* Factory MIX』PV(前編)キービジュアル

© King Record. Co., Ltd.

企画から制作までの全工程を、スタジオカラー デジタル部で内製

スタジオカラー デジタル部(以下、KDB)と言えば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』 シリーズ のメカや背景描写が象徴するように、精細な作り込みとある種のフェティシズムすら感じてしまう構造物の造形を得意とする印象が強い。しかし、本作では KDB にとって初の試みとなる 3DCG によるキャラクターアニメーションというジャンルに挑戦した。

「KDB らしさを作品に付加し、最高の素材を惜しげなくコンポジットしていく。個人でも CG アニメーションの制作が可能な時代にプロがチームを組んで取り掛かる以上、観る人を圧倒する映像を作りたい。素晴らしい先駆者、ライバル達にも後出しで負けるわけにはいきません」。

そう、瓶子修一氏(KDB 部長)が語る通り、これまでのプロジェクトで培ったノウハウと新たな考察とが絶妙に絡み合っており、KDB 初のキャラクターアニメーション作品とは思えない。

『pair* Factory MIX』PV01 『pair* Factory MIX』PV02 『pair* Factory MIX』PV03 『pair* Factory MIX』PV04

© King Record. Co., Ltd.『pair* Factory MIX』PV より。公式サイト にて、プロモーション用の短尺バージョンが視聴可能

上に載せた『pair* Factory MIX』PV(以下、『pair*』PV)からの抜粋カットをご覧の通り、そのクオリティの高さが窺い知れるが、本作には原案イラストを漫画家/イラストレーターとして有名な コザキユースケ 氏、ダンスの振付に人気急上昇中のアイドルグループ、桃色クローバーの振付も担当する YUMI 氏という強力なパートナーの存在も作品の魅力であろう。

同時に映像制作においては社内のみで完結し、若手を中心として制作する事も目標のひとつとしたと言う。CG ディレクションを務めた鈴木貴志氏をはじめとする4人の若手が各ポジションでリーダーとなり、約3ヶ月(2011年3月から6月)の制作期間で、トータル72カット(約3分)という作品作り上げた。コンテ演出(KDB の小林浩康氏が演出を務めた)から、モデリング、アニマティクス用モーションキャプチャ、アニメーション、背景美術、コンポジットさらにはパッケージデザインなど一連のアートディレクションまで全て KDB のみの制作という、非常に実験的かつ挑戦的なプロジェクトとなった。

meaw:イラスト01

© King Record. Co., Ltd.
メーウは、ピンク色の髪がトレードマークの「メー」と、水色の髪の「ウー」の2人組のユニットである。今回は、デビュー当時に描かれたこのイラストをベースに、キャラクターを 3DCG 化させるところからスタートしたという

CGWORLD.jp:JOB
新着求人情報
▲ページTOPへ戻る
© WORKS CORPORATION INC. ALL RIGHTS RESERVED.