>   >  大友克洋最新作『SHORT PEACE』公開記念(1)『九十九』森田修平監督インタビュー
大友克洋最新作『SHORT PEACE』公開記念(1)『九十九』森田修平監督インタビュー

大友克洋最新作『SHORT PEACE』公開記念(1)『九十九』森田修平監督インタビュー

2013年7月20日(土)より公開中のオムニバス映画『SHORT PEACE』。アニメーションとしては約9年ぶりの新作となる大友克洋監督作『火要鎮』をはじめ、日本を代表するクリエイターたちが結集しており、CGWORLD 読者であれば要注目作であることはまちがいない。そんな本作の公開を記念して、『九十九』を監督した森田修平氏(YAMATOWORKS)のインタビューをお届けしよう。

九十九メイン

オムニバス映画『SHORT PEACE』
新宿ピカデリー他にて全国で上映中!
©SHORT PEACE COMMITTEE
©KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE

世界観フェチから、アニメCGへとたどりついた

CGWORLD(以下、CGW):本日はよろしくお願いします。森田監督は、作画的な3DCG アニメーション表現の第一人者だと思っているのですが、そもそものところで3DCGを使おうと思われたキッカケは何だったのでしょうか?

森田修平(以下、森田):映像制作したいと思ったのは、元々自分が「世界観フェチ」だったからです。その意味では、特にアニメを志していたわけではなく、むしろ実写を志していたんですよ。

CGW:なんと、そうだったんですね!

森田:ですが、美大で学んでいくうちに、宮崎 駿さんや大友克洋さん、森本晃司さんといった、壮大な世界観をアニメーションで表現している素晴らしい映像作家さんが多くいらっしゃることに気づきました。特に『AKIRA』(1988)には大きな影響を受けましたね。語弊を承知で言うと、日本で壮大な世界観をもった映像作品をつくるなら実写よりもアニメの方が有利なんじゃないかなと思ったのです。それと並行して大学2年のときに、パワーマックG3(Power Macintosh G3)が登場して個人でも商業ラインにのせられるクオリティの映像作品がつくれるようになりました。そうしたDTV技術の盛り上がりの中で自然と、デジタルを、そして3DCGを自分の武器として用いるようになっていたんです。

CGW:そして、京都造形芸術大学在学中に神風動画の起ち上げに参加し、さらにSTUDIO4℃にも在籍......といった流れで、アニメ業界に足を踏み入れていかれたわけですね。

森田:当時、僕の周りではハリウッド映画など海外のVFXに憧れてフォトリアル路線の3DCG表現を目指す人が多かったんですよね。僕も洋画は好きで今でもよく観ていますが、日本には大友作品や宮崎作品など海外からも高い評価を得ているアニメ作品が沢山あるので、より身近にあるこっちの路線を目指した方が何かと都合が良いだろうし、ライバルとの差別化にもなると思ったのです。そこで美大卒業のタイミングでSTUDIO4℃に入社しました。ただ、世界観フェチなので履歴書には世界観設定をしたいと志望書に書いたのですが、3DCGができるということでCG班に配属されてしまい、最初はふてくされていました(笑)。

CGW:(笑)。

森田:ですが、STUDIO4℃という組織の下、分業体制の中で3DCGキャラクターアニメーションだけに集中して取り組むことができたことは、今でも自分にとって大きな武器になっていると思うので感謝していますよ。小林 治さん柳沼和良さんといった優れた作画アニメーターさんと一緒に仕事をさせてもらいましたし、なかでも小原秀一さんは大学を卒業したばかりだった僕に、『ダンペトリー教授の憂鬱』(2001)という作品のCGI監督を任せてくださり、アニメーションのイロハを教えてくださいました。当時のSTUDIO4℃では、むしろ作画の方々が3DCGを面白がって積極的に使っていくような雰囲気がありましたね。

森田監督

Syuhei Morita
1978 年生まれ、奈良県出身。合同会社「YAMATOWORKS」代表。アニメーション監督作の代表作としてOVA『KAKURENBO』(2005)OVA『FREEDOM』(2006~2008)OVA『コイ☆セント』(2010)がある。『KAKURENBO』(東京アニメアワード公募作品一般部門で優秀作品賞、カナダ・ファンタジア映画祭ショートフィルム部門金賞)『FREEDOM』(日本映像技術賞 アニメ・ビデオパッケージ部門/技術奨励賞)。現在は、TVシリーズ『ガッチャマンクラウズ』にCGI監督として参加中。

CGW:STUDIO4℃ご出身ということでは、『SHORT PEACE』の一編、『GAMBO』の監督を務められた安藤裕章さんもいらっしゃいますね。

森田:安藤さんも憧れの存在でしたよ。安藤さんが3DCGによる特殊カットを担当された『音響生命体ノイズマン』(1997)を観たときは、作画ベースのアニメなのに奥行きのある背景でカメラが自由に動きまわっていたので大きな衝撃を受けました。そして3DCGの可能性を感じましたね。


『SHORT PEACE』予告編 新宿ピカデリー他全国で上映中!
『AKIRA』『スチームボーイ』の大友克洋最新作。日本のアニメーションの最先端にあり、その先にありうる表現の方向性を模索しているトップクリエイターたちが結集したオムニバス映画

CGW:そうした盛り上がりの中で、作画的な3DCGアニメーションが着実に進化をしてきたと言えるのでしょうか?

森田:そうではありません。表現としては確かに進化してきたと思うのですが、根本的な問題として作画的なアニメーションを付けられる3DCGアニメーターが絶対的に不足しているのです。また、ひとつの作品をつくる上では自分のイメージを共有できる仲間も必要でした。だから、OVA『FREEDOM』(2006〜2008) のオファーをいただいたときに、チームとして成長ができるスタッフを育てようと思ったのです。

CGW:なるほど。

森田:今では変わってきたのかもしれませんが、3DCG を勉強する学生さんの多くはピクサーのようなアニメーション表現を目指す人がほとんどでしょう。だけど、より身近なところに"作画 "という優れた教材があって、そこから学べることが沢山あります。そこで、僕が3DCGアニメーターを育成する際は、3DCGであることは意識せずにツメやタメなど作画の動きの気持ち良さや格好いいキーポーズとはといったことから教えるようにしました。

森田監督ポートレート1

 

CGW:2コマ打ち、3コマ打ちといった作画によるアニメーション表現は日本独特のもの。だからこそ、3DCGと作画のちがいを意識せずに、作画の動きのエッセンスを習得してもらおうようにしたというわけですね。

森田:そうです。ただ、仕事の中で育成するわけなので、どうしても一度に教えられる人数は限られます。『FREEDOM』プロジェクトを通じて6~7人の若手を3DCGアニメーターとして独り立ちさせることができました。そのうちの何人かとは一緒にOVA『コイ☆セント』(2011)を制作することもできたのですが、アニメ業界は作品ベースでの契約が基本なので、プロジェクトが終了するとチームが解散してしまうんですよね。その意味では、三歩進んで二歩下がるみたいな地道な努力を絶えず続けなければなりません(苦笑)。

CGW:たしかに、専門の教育機関ではありませんからね。

森田:ですが、苦労ばかりでもありません。実力(センス)のある子が1人でもいると、周りが感化されて勝手に成長してくれるんですよね。『九十九』でCGI監督を務めてくれた坂本隆輔(※1)もそんなひとりです。そこで、演出として参加させてもらった『武器よさらば』では、あえて新人を投入したのですが期待通りに伸びてくれました。

※ 1:坂本隆輔
『FREEDOM』プロジェクトから、森田氏が率いる YAMATOWORKS に参加。『SHORT PEACE』プロジェクトでは、『九十九』でCGI監督を務めたのはじめ、『GAMBO』では CG アニメーションチーフを担当。『火要鎮』と『武器よさらば』にも中核スタッフとして参加した若手の注目株

CGW:お話を聞いていると、安藤さんたちの世代がまずアニメのデジタル化を推し進め、続く森田さんたちが3DCGによるキャラクターアニメーションを推し進めてきたのだなと、改めて思いました。

森田:そうかもしれません。ですが、まだまだアニメーターが足りません。また、僕たちが様々なプロジェクトに参加させてきてもらってきたサンライズ荻窪スタジオ自体が、練馬スタジオとして生まれ変わり、現在はTVシリーズ『革命機ヴァルヴレイヴ』に取り組んでいるというのもおもしろいですね。今までは劇場長編やOVAなどに注力してきたスタジオが TV シリーズを手がけるというのは、"アニメCG "の広がりという意味でも興味深いです。

森田監督ポートレート1

 

CGW:その意味では、『SHORT PEACE』は約10年にわたって続いた荻窪スタジオの集大成的なプロジェクトとも言えるのでしょうか? 森田監督として、特別な思い入れなどはありましたか?

森田:うーん、無我夢中でやってきたので特別なにかというのはありません。ただ、『FREEDOM』終了後は、なかなか企画が通らなくて気ばかりが焦る不毛な時期が2年ほどありました。逆に言えば企画を沢山考えることができた時期でもあったわけですが(笑)。『SHORT PEACE』の話を、土屋(康昌)プロデューサーからいただいたときは、丁度そのモヤモヤが晴れた頃で、『九十九』のアイデアはわりとすぐに浮かびました。妖怪ものをつくりたいとずっと思っていましたし、民話や伝記なども好きなので「まんが日本昔ばなし」を自分なりに新しくつくりたいという想いが根底にある企画です。

CGW:『コイ☆セント』も奈良を舞台にした民話的なストーリーでしたが?

森田:奈良を舞台にしたのは単に自分の出身地だからですが、その意味では芸幅が狭いのかもしれませんね(笑)。『コイ☆セント』を企画していた頃は 森見登美彦さん万城目 学さんといった方たちの地方を舞台にした小説が好きで「地方ブームにのっかろう!」と思ったわけですが、映像制作って完成するまでに1年くらいかかるんで、出来上がる頃にはそのブームが終わっていたという(苦笑)。それでも「平城遷都1300年記念作品」として発表できたのはラッキーでした。

Profileプロフィール

Syuhei Morita

Syuhei Morita

1978 年生まれ、奈良県出身。
合同会社「YAMATOWORKS」代表。アニメーション監督作の代表作としてOVA『KAKURENBO』(2005)、OVA『FREEDOM』(2006~2008)、OVA『コイ☆セント』(2010)がある。
『KAKURENBO』(東京アニメアワード公募作品一般部門で優秀作品賞、カナダ・ファンタジア映画祭ショートフィルム部門金賞)『FREEDOM』(日本映像技術賞 アニメ・ビデオパッケージ部門/技術奨励賞)。
現在は、TVシリーズ『ガッチャマンクラウズ』にCGI監督として参加中。

オムニバス映画『SHORT PEACE』

オムニバス映画『SHORT PEACE』

新宿ピカデリー他にて全国で上映中!
『火要鎮』_脚本・監督:大友克洋、CGI監督:篠田周二
『九十九』_脚本・監督:森田修平、CGI監督:坂本隆輔
『GAMBO』_監督:安藤裕章、原案・脚本・クリエイティブディレクター:石井克人、CGI監督:小久保将志、CGアニメーションチーフ:坂本隆輔
『武器よさらば』_原作:大友克洋、脚本・監督:カトキハジメ、演出:森田修平、CGI監督:若間 真
オープニングアニメーション_デザインワーク・作画・監督:森本晃司、CGI:篠田周二、吉野功一
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹

shortpeace-movie.com
©SHORT PEACE COMMITTEE
©KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE

スペシャルインタビュー