>   >  「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」VFXイベントレポート<1> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS スタジオカラー&開田裕治氏トークセッション
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」VFXイベントレポート<1> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS スタジオカラー&開田裕治氏トークセッション

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」VFXイベントレポート<1> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS スタジオカラー&開田裕治氏トークセッション

[PR]

2月27日(木)~3月3日(月)まで、北海道夕張市で開催されていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」。開催中、映画に関するさまざまなイベントが行われていた同映画祭から、CGWORLD.jp読者に向け、VFX関連のイベントをピックアップし、全2回でレポートする。第1回目となる本稿では、とくに"特撮"にまつわる2つのトークイベント「【スタジオカラー】が巻き込む、特撮・VFXの今」と「開田裕治を囲む会」を紹介。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでおなじみスタジオカラーによる「特撮と作画に学ぶアニメ3DCGの制作術」と、"怪獣絵師"の異名を持ち『ウルトラマン』や『ゴジラ』シリーズのイラストを手がけてきた開田氏による、怪獣映画制作の舞台裏についてレポートしていく。

特撮・作画から学ぶアニメ3DCG

スタジオカラー・瓶子修一氏(CGIプロデューサー)、小林浩康氏(CGI監督)、そして、特撮アニメ評論家氷川竜介氏によるトークセッション「【スタジオカラー】が巻き込む、特撮・VFXの今」では、スタジオカラー デジタル部が3DCGのクオリティアップのため"特撮・作画のノウハウを参考にしている"という話を紹介してくれた。


左より、瓶子修一氏(スタジオカラー・CGIプロデューサー)、小林浩康氏(スタジオカラー・CGI監督)、氷川竜介氏(特撮アニメ評論家)

「現在、日本では一年間に約360作品ものアニメが放送されていますが、そんなにたくさんの作品があり、かつクオリティを上げなくてはいけないという現状では、人手も時間も圧倒的に不足しています。そこで、鉛筆を持たなくても絵が描かける3DCGの出番なんです」(瓶子氏)。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズなどのアニメ作品で、高いクオリティの3DCGを制作しているスタジオカラー デジタル部だが、意外にもアニメ向けの3DCGは「作画と比べると、まだクオリティが不十分」だと言う。そのため、さらなるクオリティアップを目指すスタジオカラーでは"特撮・アニメ作画から学ぶ"という方法を実践しているのだとか。これは、優秀な作画スタッフがすぐ近くにいて、特撮の専門家にも協力を求めることができる、同社ならではの試みだ。

日本の伝統を尊重し、継承する3DCGへ

特撮を参考にするという話の中でもとくに興味深かったのが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で使われた背景モデルの話。この作品では"ミニチュア的な特撮空間を3DCGで再現したい"という庵野秀明総監督の演出方針を実現するため、戦闘シーンの背景に使われているビルや電柱の3DCGモデルは、ミニチュアを手本に制作しているという。「特撮研究所の倉庫に行って、実際にミニチュアを見学してきました。さらに写真を撮ったり図面を借りるなど、実在するビルではなく、ミニチュアから得た資料をもとにモデルを制作しています」(瓶子氏)。この時、3DCGで特撮的空間を再現するノウハウとともに、"対象を徹底的に真似る"ことの大切さも学んだのだとか。「その後、ある作品のムービーで、実在する駅をモデリングすることになりました。その時に、スタッフ達が自発的に駅のあらゆる場所のスケールを計測しに行ったんです。地面のタイルの大きさなど、少しやり過ぎかと思えるくらい細かいところまで、測っていたようです」(小林氏)。こうした"対象に迫る姿勢"が、作品のクオリティをより高いレベルに押し上げたという。

特撮用のミニチュア(左)と、ミニチュアをもとにモデリングされた背景用の3DCGモデル(右)。じつはこのミニチュア、とても精巧にできているのだが、ミニチュアゆえにカメラに映らない背面は作られておらず、3DCGモデルに落としこむ時には少し工夫が必要だった

一方で、さらに作画アニメのクオリティに近づけるために、スタジオに在籍するベテランアニメーターへのヒアリングも行なっているのだとか。「影とハイライトの重要性や、作画ならではの"影の嘘"の話など、ベテランの方たちに直接教えていただける機会があり、とても勉強になります」(瓶子氏)。
また、実際に作画を3DCGでトレースして、その違いを技術的に検証することもあるという。「作画監督の本田さんが本編で描いたエヴァを、検証のために3DCGでトレースしたこともあります。ロボットなのに、すごくしなやかな動きなので、どうすればそれを再現できるのかと」(瓶子氏)。こうした研究は、仕事としてモデルを制作しているわけではないのだが、続けていくことで3DCGアニメーターひとりひとりの技術が向上するため、欠かせないのだという。
これから目指す先として「特撮や作画アニメの伝統を尊重し、継承する3DCGになるための努力をしている」と瓶子氏が語る、スタジオカラー デジタル部。中国やインドがアニメ市場へ進出してくる中で、国内のアニメ産業は危機的状況にあるとも言うが、3DCGアニメならではの量産性に加え、日本のアニメファンが求める"伝統"を3DCGに活かすことで、ますます技術に磨きをかけ同社のオリジナリティを発揮していきたいという。


検証のため、作画のエヴァ改2号機を3DCGでトレースしたもの。左右の腕の大きさが違うなど、作画ならではのデフォルメも3DCGで再現している

特集