>   >  "第3のコンポジットツール"、Blackmagic Desigin「FUSION」。無償版、OS X版の登場で 改めて注目を集める本ツールの実力をさぐる
"第3のコンポジットツール"、Blackmagic Desigin「FUSION」。無償版、OS X版の登場で 改めて注目を集める本ツールの実力をさぐる

"第3のコンポジットツール"、Blackmagic Desigin「FUSION」。無償版、OS X版の登場で 改めて注目を集める本ツールの実力をさぐる

コンポジットワークにかぎったことではないが、スキルを上達させる上では技能の習得だけでなく、性に合った"道具"(ツール)を選ぶことも重要だ。そこで、昨秋の無償版リリースを機に注目のあつまるブラックマジックデザイン「FUSION」について。その達人に強みや利用法を解説してもらった。

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 208(2015年12月号)からの転載記事になります。

  • 第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー
  • Reviewer:井上英樹/Hideki Inoue
    1971年生、フリーランスのVFXスーパーバイザー、デジタル・アーティスト。CM、映画を中心にVFX撮影におけるプランニング、アドバイザー、CG制作、合成処理を手がける。1人で3人分の仕事をコツコツやります。大作をスーパーバイザーとして仕切るより、ひとつのシーンの完成度に集中したいタイプ。
    about.me/hideki.inoue


無償版、そしてOS X版の登場で 改めて注目を集めるFUSION

今から30年前、とあるプロダクションのインハウスツールとして生まれた合成ソフトは、およそ20年前に「Digital FUSION」として市販化されました。その後バージョアップを重ねていく中で名前を「Fusion」と改め、数多くのハリウッド映画、ゲーム、コマーシャルなどに使われてきましたが、旧eyeon社のビジネスモデルは他社とはちがい、依然インハウスソフト的なビジネスが主体だったため残念ながら日本ではあまり馴染みのないソフトでした。

しかし、昨秋のBlackmagic Designによる買収、無料バージョンの発表、さらに今までかたくなに拒否してきたOS X版をベータ版ながらリリースしたことによって国内でも興味をもつ人が改めて増えてきたように感じます(表記もFUSIONへと改められました)。
最新のFUSION 8は、残念ながら本稿の執筆時(※2015年10月中旬)はBETA 2であり、既存の機能すら未完成、未実装なところもあります。そこで今回はバージョンに囚われずFUSIONというコンポジット・ソフトウェアについて紹介したいと思います。

一般的にコンポジットツールは、タイムラインベースと、ノードベースの2つに大別できます。FUSIONは、The FoundryのNUKEと同様のノードベースなので、複雑なVFX作業においてNUKEに劣らない十分なパフォーマンスを発揮すると思います。
ただ、いくつかのアプローチについてちがいもあります。筆者は純粋なコンポジターではないので、ここでは主にAdobe After Effects(以下AE)と比較するかたちでその特性をみていきましょう。

TOPIC 01:直感的、自由度、柔軟性

FUSIONはAE、NUKEと並ぶ映像合成のためのデスクトップソフトウェアです。筆者がFUSIONに出会った15年前は、後にアップルに買収され悲運の運命をたどったShake、discreet(現Autodesk)のCombustion、AE、そしてDigital Fusion(FUSIONの前身)など多くの選択肢がありました(NUKEは当時まだDigital Domainのインハウスソフトであり、市販化されていませんでした)。

それが近年の日本では、AEとNUKEの2製品に集約されているように感じます。それ以前はAEとCombustionを使ってきた筆者がFUSIONを選んだのには決定的な理由が多くあったのですが、その後、競合する他社製品も進化、再編を遂げているため、そのときの優位性が必ずしも有効ではなくなっています。ですが、そうした中でもFUSIONを使い続けている普遍的な理由は、直感的、自由度、柔軟性の3点です。

FUSIONを初めて起ち上げると、あまりにシンプルな画面にかえって戸惑うかもしれません。メニューをプルダウンしてもほとんどコマンドが見当たりません(実際に筆者の場合、上部メニューを使うことは少ないです)。昨年9月下旬にリリースされたバージョン7からUIのカスタマイズ性が大きく向上しましたが、Display Views、Flow Area、Control Panelsの3つの画面が主に扱うUIとなります(下図)。

3つのインターフェイス

第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー

<A>:FUSIONにはAEのプロジェクトウインドウに該当するものがありません。全てはFlow Areaの中で管理、そして作業します。大きな机の上に資料を広げて作業する感覚です。そこにルールはありません。人それぞれ机の上がちがうように、自由に使うことができます。この"ルールがない"ところがNUKEユーザーなどから反感を買うこともあるようです

第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー

<B>:ひとつの素材はひとつのノードとして扱われ、ひとつのノードは複数のノードに接続することができます。ノードはカテゴリごとに入力は緑、出力は赤、2Dはグレー、3Dはブルー、パーティクルはピンクで表示されます

第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー

<C>:FUSIONには独自のブラウザが搭載されています。このブラウザは連番ファイルをひとつのファイルのように扱うことができるので、ひとつのフォルダに複数の素材を入れても煩わしさはありません。また抜けているフレームもひと目でわかります

第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー

<D>:FUSIONの機能は全て「Tool」と呼ばれるノードに含まれています。そしてそのコントロールは全て右側のControl Panels上で行います。FUSIONで行う作業の基本アプローチは一貫して、Toolを追加、それをコントロールするというながれになります

第3のコンポジットツール、Blackmagic Desigin「FUSION」レビュー

Toolには複数のアプローチでアクセスできます。
<A>:上部メニューのToolsから選択する。このメニューバーは切り離してフロートさせることも可能です
<B>:Tool Barsからドラック&ドロップ。このTool Barsは、カスタマイズして複数作成することもできます
<C>:右クリックからAdd Tool
<D>:Control+Spaceで検索
<E>:Binからドラック&ドロップ。このBinにはToolだけでなく、素材、プロジェクトファイル、各Toolのプリセット、マクロなど、あらゆるものを保存できます。有償のSTUDIO版にはBinにサーバ機能があるので複数ユーザー間で共有することもできるのですが、筆者の場合はプリセットやマクロをクラウド上に置いて環境が変わってもアクセスできるようにしています


▶次ページ:TOPIC 02:実際の使用例

特集