>   >  8KリアルタイムCGで再現した「北斎ジャポニズムの世界観」|SIGGRAPH Asia 2015レポート(1)
8KリアルタイムCGで再現した「北斎ジャポニズムの世界観」|SIGGRAPH Asia 2015レポート(1)

8KリアルタイムCGで再現した「北斎ジャポニズムの世界観」|SIGGRAPH Asia 2015レポート(1)

2015年11月2日(月)から5日(木)まで、「SIGGRAPH Asia 2015」が神戸コンベンションセンターで開催された。CGWORLD.jpでは、シリーズ企画として独自視点から着目した講演や展示を紹介していく。まずは、特別招待講演「8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間『北斎ジャポニズムの世界観』」からレポートする。

※最初に公開した内容に誤りがあったため、2015年11月6日午前11時過ぎに訂正させていただきました。ご迷惑をおかけした読者の皆さまならびにご関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。

<1>8K放送に向けて本格的に動き始めたNHK

6年ぶりの日本開催となった今回、主催者の速報によると事前申込みでは世界50ヶ国&地域から7000名以上の来場を見込んでいるという。私見だが、2009年の横浜開催時よりも多種多様なデジタル・コンテンツ制作者をはじめ、研究者や教育関係者が参加していたように感じている。そうしたなか、2日目と3日目に4回にわたり行われたのがNHKによる特別講演「The Ultra Reality Experience: HOKUSAI's Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super Hi-Vision HDR Displays/8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間『北斎ジャポニズムの世界観』」(以下、北斎ジャポニズム)だ。

この講演は、長野県小布施町にある「北斎館」が所蔵する、葛飾北斎が制作した2基の祭屋台に描かれた図画を8Kで収録したものを基に、8KサイズのリアルタイムCGとして再現するという試みを解説したものである。今回は、本プロジェクトの成果発表というかたちで、シャープ製の8K/HDR液晶ディスプレイによるデモが行われた。本プロジェクトを指揮したという、NHKアートの國重静司氏がモデレータを務め、企画に協力した北斎館の市村次夫館長と、NHK解説委員として知られる中谷日出氏がコメンテーターとして登壇するかたちで一連の講演が進められた。現時点では世界的にも事例の少ない8KのリアルタイムCGということで、会場は早々に満席となり立ち見の姿も見受けられていた。

(左)市村次夫氏 「北斎館」館長/(右)中谷日出氏 NHK解説委員(芸術・文化・IT担当)

NHKでは、8K(スーパーハイビジョン)放送の実現を目指しており、来年(2016年)から8K試験放送を開始することを発表している。その布石として、今年の「技研公開2015」では、「8Kスーパーハイビジョンシアター」が主たる展示となっていた。今回の『北斎ジャポニズム』もそうした取り組みの一環だと言えよう。

※最初の記事公開時に制作会社名の誤りがあったため、2015年11月6日午前11時に訂正させていただきました。ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます。

講演の冒頭で紹介された、各映像フォーマットの解像度の比較図。8K(W7,680×H4,320)はフルHD(W1,920×H1,080)に対して約16倍(縦と横で各4倍)もの高解像度をもつ

<2>葛飾北斎が描いた祭屋台の装飾画を8Kで収録

葛飾北斎が晩年に小布施町に4年間滞在したことから、当地で描かれた北斎の作品を所蔵・管理する目的で設立されたのが「北斎館」だという。『北斎ジャポニズム』プロジェクトではまず、同館が所存する北斎唯一の立体造形物と言われる『東町祭屋台』『上町祭屋台』という2基の8K収録が行われた。

北斎館の第四展示室に展示されている「東町祭屋台」。(左)祭屋台の天井画絵として龍図と鳳凰図が描かれている(屋台自体の天井図はレプリカ)/(右)北斎が実際に描いた天井図は来場者が鑑賞しやすいよう目線の高さに展示されている

まずは、収録されたフッテージの上映とそれにまつわるエピソードが順に披露された。ここでは龍図にしぼって紹介したい。残念ながら実物の祭屋台を観たことがないのだが、そうした身でも8Kディスプレイに映し出された北斎の図画の鮮明さには目を見張るものがあった。8K映像を見た感想として市村氏も「(8Kの映像の方が)実物よりもクリアで、まるで別の世界が広がったように感じます」と語っていた。北斎は83歳(天保13年/1842年)の頃から4年ほど小布施町に滞在したと言われているが(享年は90歳)、それを踏まえると北斎画の鮮烈さに改めて驚かされる(代表作の『富嶽三十六景』開版から10年以上後のことだ)。

8Kは高解像度であると同時に色の情報量も多く内包されるため、より高精度なカラーグレーディングが行えることから白の再現性も向上している。実際に、本プロジェクトでは、8Kで収録・観察したことで北斎の画法の謎にさらに迫ることができたという。例えば、祭屋台の天井図は桐の板に描かれたものなのだそうだが、龍図に吹きかけてある金粉は背景の赤にしかかかっていないことが視認できたほか、肉眼ではフラットに白地に見えていた箇所にも模様が描かれているといったことがわかったという。
「NHKの美術番組でもここまで拡大表示することはありませんでした。8Kの時代になると、美術番組の演出や構成も変わってくるかもしれません」(中谷氏)。

(左)8Kで収録した龍図/(右)クローズアップしてみると、北斎タッチの新たな特徴が発見できた

(左)龍図の頭部クローズアップ/(右)さらに目に近づくと、虹彩の上部にグラデーション(國重氏いわくシェーディング表現)があることがわかる

▶次ページ:<3>北斎画を8KのリアルタイムCGで再現

特集