>   >  3DCGの導入でアニメはどう変わる!? サンジゲン、オレンジなど主要アニメCGスタジオ5社による白熱トークショー
3DCGの導入でアニメはどう変わる!? サンジゲン、オレンジなど主要アニメCGスタジオ5社による白熱トークショー

3DCGの導入でアニメはどう変わる!? サンジゲン、オレンジなど主要アニメCGスタジオ5社による白熱トークショー

今や日本のアニメ制作に不可欠な存在となった3DCG技術。しかしスタジオごとの個性や、実際の働き方についてはあまり知られていない。こうした中、日本のアニメCGを牽引するスタジオ5社のキーマンたちが集結したトークイベント「CGスタジオ5社が語る アニメーションの未来はどうなる!?」(主催:CG-ARTS協会)が2016年12月14日(水)、専門学校HAL名古屋で開催された。

TEXT & PHOTO_小野憲史
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
Special thanks to HAL名古屋 / HAL Nagoya College of Technology & Design

<1>同じアニメでも作画とCGで異なる雇用&制作環境

登壇したのは、オレンジ/井野元英二氏(代表取締役社長)。サブリメイション/須貝真也氏(取締役、CGIディレクター)。グラフィニカ/吉岡宏起氏(取締役 執行役員、チーフプロデューサー)。ラークスエンタテインメント/奈良岡智哉氏(CGプロデューサー)。サンジゲン/瓶子修一氏(想像部 統括マネージャー)の5名だ。普段から横のつながりが深く、情報共有などを積極的に行なっている間柄だけに、壇上では息の合ったトークが続き、大いに盛り上がった。

3DCGの導入でアニメはどう変わる!? サンジゲン、オレンジなど主要アニメCGスタジオ5社による白熱トークショー

(左)グラフィニカ 吉岡宏起氏(取締役 執行役員、チーフプロデューサー)/(右)ラークスエンタテインメント 奈良岡智哉氏(CG部 部長、プロデューサー)

今や年間200本近くの新作が放映されるアニメ大国・日本。その一方で現場スタッフの疲弊が続いている。特に2016年は制作が間に合わずに、地上波の放送中断が発生する事態もみられた。こうした中で、解決策のひとつとされるのが、デジタル作画や3DCG技術のさらなる導入だ。実際、近年ではアニメCG(3DCGを主体としたセル調の画づくり)が一般化し、多くの作品でデジタルアーティストが活躍している。

もっとも作画アニメに違和感なく溶け込む、高品位な画づくりが可能なCGスタジオは限られており、どこも人手不足の状況が続いている。とはいえ、今や「ブラック企業の代名詞」とまで囁かれるようになったアニメ業界に対して、不安を感じる学生も多い。こうした現状を踏まえて、トークライブはいきなり「アニメ業界は本当にブラックなのか」という異色のテーマからスタートした。

動画1枚数百円、初任給が数万円という事態も珍しくない日本のアニメ制作現場。背景にあるのがフリーランスのアニメーターと、海外の外注企業に支えられた業界構造だ。しかし、今回登壇した企業はいずれも(CGスタッフに関しては)業務委託ではなく、社員としての雇用を掲げており、固定給が支払われている。ここが作画アニメとCGの大きなちがいだ。

3DCGの導入でアニメはどう変わる!? サンジゲン、オレンジなど主要アニメCGスタジオ5社による白熱トークショー

(左)オレンジ 井ノ元英二氏(代表取締役、CGプロデューサー兼CGディレクター)/(右)サブリメイション 須貝真也氏(取締役、CGディレクター)

もっとも、社員を雇用する場合は「一定の品質を担保しながらカットを量産し、コンスタントに成果物を納品するための仕組み」が欠かせない。「歩合制なら成果物に応じて報酬を払えば良いが、固定給だと毎月決まった人件費が発生する。1カットも上がってこない状況が続けば会社が倒産してしまう」(ラークス奈良岡氏)からだ。そのためにはスタジオの制作環境に対する投資が重要な要因になる。

中でも鍵を握るのが進行管理だ。作画アニメでは制作進行がアニメーターの自宅まで、カット袋を抱えて車を飛ばして原画を回収するのが一般的。これがCG(デジタル)ならインターネットでの納品が可能になる。もっとも、手作業にたよった納品管理ではヒューマンエラーが多発し、一覧性も低い。そこで福音となるのが3DCG制作に適した制作進行ツールの導入だ。ラークスではプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」をいち早く導入。奈良岡氏は「進行管理の無駄を排除し、クリエイティブに集中してコストがかけられるようになった」と語った。

次ページ:
<2>変革期を迎えるアニメ業界で5社がめざす道

特集