>   >  MegascansとUnreal Engine 4による非エンタメ向けリアルタイム技術デモ『Cutting-Edge Test Drive』
MegascansとUnreal Engine 4による非エンタメ向けリアルタイム技術デモ『Cutting-Edge Test Drive』

MegascansとUnreal Engine 4による非エンタメ向けリアルタイム技術デモ『Cutting-Edge Test Drive』

Unreal Engineを使ったゲーム開発やエンタープライズ案件に携わるヒストリアが、非エンターテインメント分野へのUE4の活用を提唱するために作成された技術デモがこの『Cutting-Edge Test Drive』だ。Megascansのアセットを積極利用したハイクオリティなデモは、将来リリースされるUE5への布石とも言えるだろう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 264(2020年8月号)からの転載となります。

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス) / Hirokazu Okawara(Bit Pranks)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

UE4 Interactive Demo: Cutting-Edge Test Drive - PV | historia Enterprise

UE4 Interactive Demo: Cutting-Edge Test Drive - Features | historia Enterprise

UE4の非エンタメ分野での活用を広めたい

Unreal Engine 4(以下、UE4)は、その豊かな表現力から映像作品での利用も進んでいる。今回紹介するUE4の技術デモ『Cutting Edge Test Drive』は、ヒストリアの非エンターテインメント分野のブランドであるヒストリア・エンタープライズによって制作された。

左から、エンジニア・橘内正貴氏、アーティスト・天見信太郎氏、アーティスト・真茅健一氏、プロデューサー・伊藤祐太氏、ディレクター・佐々木 瞬氏(以上、ヒストリア)

デモはバーチャル展示場パート、荒野パート、都市パートから構成されており、UE4の非エンタメ分野における活用の可能性が提示されている。ヒストリアはゲーム開発会社であるが、UE4を使った自動車産業関連のR&Dなど、ノンゲーム案件にも多く携わっているという。「これまで、UE4を使った建築系ビジュアライゼーション手法の認知度はありましたが、その他のジャンルについてもう少し認知を広めたいと思っていました。われわれの会社ではUE4を使った自動車関連の仕事にも携わっているのですが、公表が難しいこともあって、それなら自動車をテーマにUE4を使ったデモをつくろうということで、このプロジェクトがスタートしました」とディレクターの佐々木 瞬氏は話す。アーティストの天見信太郎氏、真茅健一氏、エンジニアの橘内正貴氏ほか1名の計4名が制作を担当。制作期間は2ヶ月だったという。デモの内容はリアルタイムレンダリングでありながら、非常に美麗なグラフィックスで構成されており、短納期かつ小規模の体制で制作されているとは思えないハイクオリティだが、このクオリティを実現するためにMegascansのアセットが有効活用されている。「Megascansのアセットを上手く使うことで、例えば荒野パートのベースは2~3日程度で作成することができました。今後Megascansは様々な案件で多用されるのではないでしょうか」と天見氏は話す。「Megascansを活用することでRedshiftArnoldを使ったレンダリングに負けないくらいリッチな映像をつくるというのが目標です」と天見氏。それでは、本作のメイキングを紹介したい。

<1>技術デモの概要

3つのパートからなるUE4技術デモ

まずは、本技術デモのおおまかな内容を紹介していこう。デモはバーチャル展示場パート、荒野パート、都市パートという、3パートから構成されている。バーチャル展示場のパートでは、クルマの色などをカスタマイズすることができるカーコンフィギュレータ的な機能をデモに加えて、カスタマイズしたクルマを演出された映像として動かすことができるというデモを兼ねている。荒野パートは映像を主体としたパートだが、Megascansを使うとリアルな映像も手軽に作成できることが提示されている。都市パートはドライビングシミュレーションやデジタルツインの挙動シミュレーション、AI解析などを想起できるような内容となっている。このデモを制作するにあたり、まずカットシートを作成し内容が詰められた。カットシートでは、シーン構成のほか、各シーンの訴求イメージや想定されるシーンの時間帯、使用されるアセットなどが細かく検討されている。カットシート段階では、ゲーム開発会社らしく、コンフィギュレータでカスタマイズされたクルマをオーバルコースで走らせてみることができるというようなパートも想定されていたという。

カットシートとスケジュール

デモを制作するにあたって作成されたカットシート。ステージの種類や使用アセット、SEなどのほかに、各パートで実現したいことなどが明確に記されている

実制作期間のスケジュール表だ。実制作は約2ヶ月。SE以外の要素は4週間くらいで完成しているのがわかる。ここからもMegascansを使った制作の効率の良さが窺える

「Cutting-Edge Test Drive」から抜粋

本デモの内容を抜粋したもの。これだけのアセットを使用した作品では、容量の調整も大変だったという。調整前は10GB程度の容量だったが、2.9GBまでスリム化することに成功。容量を喰っているのはほとんどテクスチャなので、テクスチャの解像度などを使用する距離に応じて調整し、スリム化していったという

バーチャル展示場パート

荒野パート

都市パート

次ページ:
<2>Megascansの有用性を訴求する

特集