>   >  コンセプト次第で変幻自在。モンブラン・ピクチャーズの技
コンセプト次第で変幻自在。モンブラン・ピクチャーズの技

コンセプト次第で変幻自在。モンブラン・ピクチャーズの技

キャラクターアニメーションから、特殊大型映像、インタラクティブな体験型映像まで、幅広く手がけるモンブラン・ピクチャーズ。そのどれもに欠かせないのがモーショングラフィックスだ。本記事では、3つの制作事例『スポーツのルール feat. キシボーイ』『Montblanc A Tribute To Imagination』『福岡市政PR CM』を交えつつ、同社のモーショングラフィックスの技を紹介する。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 264(2020年8月号)掲載の「コンセプト次第で変幻自在 モンブラン・ピクチャーズの技」を再編集したものです。

TEXT_渡部知世(モンブラン・ピクチャーズ)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

モンブラン・ピクチャーズ
映像の企画・制作を手がけるスタジオ。監督、プロデューサー、プランナー、アニメーター、編集マン、プログラマーなど、コンパクトなスタジオながらも個性的で有能なスタッフが在籍。企画に合わせてチームを組み、最適な表現方法を選択できます。映画『放課後ミッドナイターズ』『HUGっと!プリキュア』後期エンディング映像 など、豊かな感情表現を伴うキャラクターアニメーションを得意としています。近年、新たにモーションキャプチャシステムを導入し、これまで以上にスピーディに、高品質なアニメーションを制作できるようになりました。
mtblanc.jp

▲左から、モーショニスタ・竹野智史、ディレクター・猪口大樹、ディレクター・山代竜也、プロデューサー・江藤浩輝

スタイルがない、というスタイル

"STRIKE YOUR IMAGINATION"この言葉が、当社のモットーです。エンターテインメントコンテンツを生み出すスタジオとして、いかに観る人、体験する人の心を動かし、喜んでもらうか、日々模索しています。当社にとって、モーショングラフィックスは手法のひとつにすぎません。キャラクターアニメーションやプロジェクションマッピングなど、様々な手法と組み合わせ、企画に合った表現を提案する。コンセプト決めの段階でしっかりと本質を見極め、目的をはっきり定める。これらを実践するだけでも、出来上がりはまったくちがうものになります。本記事では、当社が大事にしている5つの基本原則を紹介します。これらは、モーショングラフィックスのみならず、映像制作全般にも適用できることです。

第1に、当社の最大の特徴は「スタイルがない、というスタイル」をもっていることです。企画に合わせ、最適な表現方法やデザインをイチから構築していきます。第2に、「目的を常に意識する」ことを心がけています。コンテンツの方向性や目的を途中で忘れると、大事なメッセージが余計な要素で隠れてしまうことがあります。第3に、「シンプル&ボールド」も不可欠です。メッセージは、わかりやすく、強く訴えます。そのためには、ノイズを排除し、上手く抽象化させることが非常に重要です。当社の仕事をカレーづくりに例えるなら、お客さんの舌に合わせ、必要なスパイスと具を揃え、グツグツと煮込んでいくような感じ。味が整ってきたところで、第4の"隠し味"を投入します。それは「期待に応え、予想を裏切る」ということ。想像を膨らませる部分が多ければ多いほど、奥行きや深みを感じる、面白い映像になります。第5に「サムシングニュー 」。常に、+αとなる新しい何かを取り入れることも大事にしています。及第点ではなく、とことんスペシャルを目指します。以降では、具体的な制作事例を交えつつ、これらの基本原則がどのような場面で活かされているかを解説します。

『スポーツのルール feat. キシボーイ』

▲『テニスのルール feat.キシボーイ』


▲『7人制ラグビーのルール feat. キシボーイ』

キシボーイの愛らしく面白い動きを最大限に活かす

スポーツのルールをわかりやすく、かつおもしろく説明する本シリーズは、スポーツナビによるリオデジャネイロオリンピックのプロモーションのひとつとして、先にあった『ラグビーのルール feat. Kishiboy』に沿って新たにつくられました。作中に登場するキシボーイというキャラクターは、カイブツの荒川潤一氏が開発したものです。

本シリーズは、クライアントから提供された絵コンテと字幕用のテキストを基に、尺・ルック・レイアウトを当社がコントロールしながら制作しています。キシボーイのみ、もしくはグラフィックのみでルールを説明するのか、あるいは両方を組み合わせて説明するのかといった構成を最初の段階でしっかり固めたことで、合間に出てくるキシボーイの愛らしく面白い動きにこだわることができました。お腹をポヨンポヨンと揺らしながら機敏にスポーツをするキシボーイの姿は、スポーツ選手の動きを観察しながら自分たちで実際にポーズをとってみたり、キシボーイのモデルとなった「Kさん」から動きのリファレンスをもらったりしながら制作しています。

mtblanc.jp/ourworks/284/
モーショニスタ・竹野智史/プロデューサー・江藤浩輝

キシボーイを際立たせつつ、大事な情報を伝える

#目的を常に意識する

『テニスのルール feat.キシボーイ』の作中カット。キシボーイ以外の要素は極力シンプルにして、ナレーション・キシボーイの動き・グラフィックの動きを連動させました。グラフィックの動きにも意味をもたせ、大事なことが伝わるよう情報を削ぎ落としています。3Dはアイソメトリックな見た目とし、インフォグラフィックスな印象になるよう、キシボーイの質感はあえて記号化しています。また、画面に対するサイズを小さめにしました


▲【上】『7人制ラグビーのルール feat. キシボーイ』、【下】『レスリングのルール feat.キシボーイ』の作中カット。5種目のスポーツの映像を同時にローンチする計画だったため、背景・グラフィック・文字に関するデザインのルールを統一し、キシボーイのユニフォームだけを変更することで、スポーツのちがいを明確にしつつ、キシボーイの愛らしさを際立たせています


『テニスのルール feat.キシボーイ』の作中カット。4ポイントで1ゲーム獲得というテニスの得点方法を、必要最低限のグラフィックで伝えています。その間、背景でダブルスの試合を見せることで、大事な情報を邪魔することなく、エンタメ性も出しています

忠実な動きの中にコミカルさを出す

#期待に応え、予想を裏切る

『卓球のルール feat. キシボーイ』の作中カット。スポーツの仕草は、しっかり実際の動きを観察しながら付けています。キシボーイの造形はかなりデフォルメされているので、実際のスポーツ選手のようなポーズを付けつつ、ちょっとだけ誇張することで、愛らしく面白い動きになりました


『レスリングのルール feat.キシボーイ』の作中カット。ルール違反となる動きをわかりやすくコミカルに見せるため、あえて現実にはありえない行動をさせています

メリハリの利いた動き

#シンプル&ボールド

▲【上】『テニスのルール feat.キシボーイ』、【下】『柔道のルール feat. キシボーイ』の作中カット。グラフィックはシンプルですが、キシボーイはしっかり動かし、魅力的な演技やかけ合いを見せるよう意識しています。静止状態からパッと動かしてみることで、ナレーションの邪魔にならない程度に動きにメリハリを利かせることも意識しました


『卓球のルール feat. キシボーイ』の作中カット。卓球の動きにはかなりこだわりました。『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』でやっていた漫画『ピンポン』のパロディが面白かったので、カメラワークの参考にさせてもらいました。そうすることで、空間にグラフィックが浮かび上がっているようにも見える、ちょっと変わった導入になったと思います

次ページ:
『Montblanc A Tribute To Imagination』>>キネティックライトとの融合で空間へ展開

特集