>   >  TVシリーズ『アイアンマン』
TVシリーズ『アイアンマン』

TVシリーズ『アイアンマン』

アメリカ、マーベル・コミックの人気作品『アイアンマン』がアニメーション化され、アニマックスにて放送中だ。制作を担当したのは老舗のアニメ制作会社マッドハウス。これまで2Dアニメーションで高い評価を得てきた同社だが、本作では社内でのCGキャラクター・アニメーション制作にも挑戦している。これまで培ってきた2Dアニメーションの技法を活かしたCG制作に注目した。

アメコミの人気ヒーローをCGでアニメ化

アニメ版『アイアンマン』は、実写映画版『アイアンマン』(2008)をベースとした主人公トニー・スタークが日本を舞台に活躍するTVシリーズだ。
本作は、従来の2DアニメーションとCGアニメーションのハイブリッドで制作されており、アイアンマンなどのロボット系キャラクターは基本的にCGアニメーションによって制作されている。これまで、『よなよなペンギン』(2009)などのフルCG作品も手掛けてきたマッドハウスだが、実際にはCG制作は外注することが多く、本格的なCGアニメーションを内製するのは初めてのことだという。

内製にあたっては、マッドハウスの社内企業とも言えるデジタル部門のマッドボックスがCGアニメーションの制作を担当した。「マッドハウスは、これまで2D主体のアニメーションを制作してきたので、2Dアニメのワークフローは確立しているのですが、3DCGに関するワークフローは未知な部分が多かった。毎週放映される番組のCGを作り続けていくというのはどういうことなのかを体験したかったんです」と、3Dディレクターの籔田修平氏は語る。今回、CGアニメーションの制作スタッフとして、現役の2D作画アニメーターである森山 洋氏等を起用するなど、2Dアニメーション制作の老舗としてのノウハウをCGに活かす工夫も随所に見ることができる。マーベルのキャラクターが日本のアニメ手法でどのように料理されていくのか、非常に楽しみな作品だ。

『アイアンマン』場面写真01 『アイアンマン』場面写真02 『アイアンマン』場面写真03 『アイアンマン』場面写真04

特集