CGWORLD.jp

SEARCH
MAIL MAGAZINE
RSS
 

Behind the Scene

時代を切り拓く映像表現と制作手法

演出で観る者を魅了する! TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』OP ムービー

2012 年 10 月から、満を持してテレビアニメ化された『ジョジョの奇妙な冒険』。12 月まで放送された Part1「ファントムブラッド」に続き、現在は Part2「戦闘潮流」がクライマックスを迎えつつある。25 年以上も描き続けられている大作の映像化とは......。本作のオープニングムービーを担当した神風動画の挑戦を紹介する。

TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』

©荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会

原作ファンの熱い思いから生まれた
王道のオープニングムービー

荒木飛呂彦氏が 1987 年に週刊少年ジャンプで連載を開始した『ジョジョの奇妙な冒険(以下、ジョジョ)。2005 年にウルトラジャンプへ掲載誌を変えつつ、現在まで長期連載を続ける人気漫画である。シリーズの単行本は 100 巻を越え、累計発行部数は 8,000 万部以上という超ヒット作の『ジョジョ』は、これまでに様々なメディアミックスを果たしてきた。そして 2012 年、ついに TV アニメ化されたのである。

神風動画 水崎淳平氏

 
  
本作のオープニングムービー(以下、OP)を担当したのは、数々のアニメーション企画・制作を手がけている神風動画だ。最初に話が来たとき、「ジョジ......」と頭の3文字を聞いただけで「やります!」と即答したというのは、第1部の OP ディレクターを務めた水崎淳平氏<左>。水崎氏自身『ジョジョ』が大好きで、これまでにも本 OP のような漫画のテイストを盛り込んだ作品を数多く手がけてきた。初となる TV アニメの仕事については「前から『ジョジョ』だけはやりたかったので、仕事内容や納期も聞かずに即答しちゃいました。『ジョジョ』でなければ受けていなかったかもしれません」とふり返る。

作品の世界観を演出する重要な役割を担う OP。25 年以上の連載という長い歴史を持ち、学生から大人まで幅広い目の肥えたファンがいる『ジョジョ』を映像化するにあたっては、コンセプトの提案から行われた。原作である荒木氏の描く世界観を再現し、作品の面白さや魅力を存分に引き出し、かつ、特定の層だけではなく誰もが楽しめること。つまり「アニメの王道」であることが求められた。そこで、難しい技術を使って特殊なことをするのではなく、演出にこだわり、原作の世界観に合わせて現場の空気を変え、持てる技術やアイデアを絞って「神風の王道」ともいえる「アニメの王道」たる OP が実現されたのだ。

原作ファンもアニメからのファンも魅了するこの OP を神風動画がいかにして作り上げたのか、制作の舞台裏を紐解いていこう。

TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』 TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』 TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』 TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』 TV アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』


©荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会

CGWORLD.jp:JOB
新着求人情報
▲ページTOPへ戻る
© WORKS CORPORATION INC. ALL RIGHTS RESERVED.