>   >  戦記『キャプテンハーロック』:第5回:レイアウト
第5回:レイアウト

第5回:レイアウト

近年最大の注目フルCGアニメーションプロジェクトである本作。Arnoldレンダラ最先端のフェイシャルキャプチャシステムFacewareをいち早く国内で導入するなど技術面の先進性が大きな関心を集めているがそれと同等、いやそれ以上に意義深いのが世界標準のワークフローを採り入れつつ、日本流にカスタマイズさせることに成功したことだ。その象徴と言えるのが「レイアウト」チームの新設であった。

ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック

© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
映画『キャプテンハーロック』
2013年9月7日(土)全国ロードショー、原作総設定:松本零士/監督:荒牧伸志/脚本:福井晴敏、竹内清人/アニメーション制作:東映アニメーション、MARZAANIMATION PLANET
harlock-movie.com

section 01 Layout
世界標準を実現すべくレイアウトチームを発足

本連載の第2回から第4回にかけて、アートチームの役割について触れてきたが、フル3DCGアニメーションのような様々な要素が密接かつ複雑に絡み合うコンテンツ制作では、言葉だけでなく、ビジュアルに基づく意思の統一が有効である。その上では「レイアウト」工程を設けた意義は大きかったはずだ。


左から、米本恭子氏、竹内謙吾CGスーパーバイザー、木瀬孝晃Layoutリード、堺井洋介氏、冨山竜徳氏、橋本真作氏。以上、Layoutチーム中核スタッフ

MARZAとしても初となったレイアウト工程の確立

日本のCG制作現場ではあまり聞きなれない「レイアウト」MARZA ANIMATION PLANET(以下、MARZA)でも、『キャプテンハーロック』プロジェクトで初めて結成されたチームである。第1回でも触れた通り、本作では全体を4つのブロック(基本的にはシナリオの流れに沿いつつ、シーンや作業効率に応じて配分は決められた)に分けて制作が進められており、レイアウト作業もそれに沿って行われたという。


© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
CGWORLD短期連載/戦記『キャプテンハーロック』(第5回)特製トレイラー

具体的には、1stブロック=283カット、2ndブロック=224カット、3rdブロック=251カット、4thブロック=218カット、これに加えて3Dベースで作成された立体視作業の55カットと外部パートナーから引き取ることになった追加100カット、という非常に膨大な物量のレイアウトとS3D(視差調整)作業を担当。「2011年8月からレイアウト作業を始め、2012年7月までの約1年間で、のべ13人(ピーク時で最大8人)のアーティストが参加しました」(竹内謙吾CGスーパーバイザー)。
スタッフのアサインやスケジュールの策定、監督や他チームとのやり取りを担当したレイアウトリードの木瀬孝晃氏は、「最初は不安でしたが、優秀なスタッフが入ってきてくれたおかげでやりきることができました」とふり返る。作業期間は1年間だが、実際の作業ペースとしては1ブロックにつき平均250カットを最初の10営業日でラフに全ショットを繋げた後、1.5カ月で完成させる(アニメーションチームへデータを渡す)必要があったが、ほぼオンスケジュールで進められたというから驚きだ。
「レイアウトチームはプロジェクト序盤から特に忙しく、継続的に長時間作業に取り組んでくれました。特にブロック毎の、全ショット繋がった状態で監督に見てもらう一発目のチェックの際など、作業と素材の準備等で連日終電帰りになることも多かったです」(竹内氏)。「たしかに楽ではありませんでした(笑)。ですがレイアウトは非常に重要な工程でアニメーションのみならずライティングやコンポジットまでショットワーク全体に影響をおよぼすので、初動の速さは特に意識しました」(木瀬氏)。
レイアウトの役割は、2Dアニメにおけるそれと基本的には変わらないが、3Dの場合はより正確にキャラクターやプロップの配置や、モーションキャプチャ時の芝居の段取りを検証する必要がある。本プロジェクトでは、大きくは4段階に分けて作業が進められた(後述)。

ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック ハーロック

ビデオコンテの作成(プリプロダクション)
レイアウト作業に先立ち、プリプロダクションにて絵コンテ、そして絵コンテを基にしたビデオコンテが作られた(東映アニメーションがリード)。画像は、アルカディア号への乗船を認められたヤマがヤッタランの説明を受けながら2人でブリッジを歩いていくというシーン37・CUT7~18分のビデオコンテ。このシーンを中心に、次からレイアウト作業について解説していく
© LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners

ハーロック

Layoutワークフロー
本プロジェクトにおけるレイアウト作業は、上図のながれで進められた。〈1〉ラフレイアウト、〈2〉ファイナルレイアウト(一巡目)、〈3〉ファイナルレイアウト(二巡目)、〈4〉シーンデータの整理の4段階に大別できるが、常時、他チームと密なやり取りが行われたことがわかる

その他の連載